November 26, 2011

リアルセミナー


私の会社では、月に一度、朝礼見学会なるものを行っている。



組織風土改善に役立つ仕組みとして、毎朝行っている朝礼を公開し、私のプチ
セミナーと社員たちを交えた質疑応答の時間を設け、毎月全国から多くの方たちにお越しいただいている。



今月の朝礼見学会もありがたいことに好評だった。



参加者さんは、自動車でお越しいただく方も多いため、通常社員が使用して
いる駐車場を開放している。



じゃ、社員たちの車はどうするかと言うと、近くに普段から駐車場としてお借り
している空き地があるんだけど、そこに詰め込むことになる。



空き地は民家に挟まれ、決して広くはない土地で間口も狭い。



だから、みんな難儀して止めている。



その日、午前中に見学会を行った後、午後から所用のため私は外出した。



して、夕方、私の知らぬ間にそれは起きてしまっていた・・・。



次の日の朝、何も知らない私は、総務の社員から前日の出来事について
報告を受けた。



どうやら空き地の横の民家の住人からひどいお叱りを受けたというのだ。



誰かの運転する車が、その方の家のブロック塀に接触し、柵も含めて壊して
しまったらしい。



運が悪いことに、いつもは社員の車しか止めないその空き地にその日に限って
見学会参加者の方の車も止めていたということ。



つまり、犯人が特定できない。



当然、今更わざわざ参加者さんに「ひょっとしてぶつけましたか?」なんて聞け
やしない。



そして、問題なのは、破損個所に最初に気付いたのがその家の住人の方で
あったこと。



【逃げた】と疑われたのだ。



数名の社員たちが、その近所の方に対応したというのだが、社員たちもその方
のあまりの剣幕に、やってしまったことには謝るが、しかし、とても穏やかには対処することができなったらしい。



「修理するのは当然のことだ! しかし、逃げるヤツの根性が許せん!
社長を出せ! ここへ呼んで土下座をさせろ!」



「逃げるわけがないでしょ! こんな近所なんだし、逃げたところで、うちの
関係者に目が向くことはそもそもすぐにわかることなんだから!」



押し問答・・・。



そして、その場で犯人探しが始まる。



止まっていた車から接触個所を推測し、車のボディーを見渡す。



しかし、接触した形跡はどこにもない。



だから、きっとタイヤで接触してしまい、気付かなかっただけなのだ、決して
逃げたわけではないと主張する社員たちに、近所の方は苛立ち、罵詈雑言を浴びせかけて来たらしい・・・。



で、翌朝、



「昨日は遅かったし、社長も忙しいと思って、こちらで対応しておきました。
早速、業者に問い合わせ、修理する段取りを取っておきました。今日も菓子折り持って謝ってきます。」



と総務担当の社員が私に報告してくれたわけだ。



私にリアルタイムに連絡せずとも面倒なことに対応してくれたことに感謝を
感じると共に、複雑な気持ちになってきた。



余計なことをしてくれた・・・  ひょっとして誰かわからんけど逃げたのか?

いや、社員を信じよう。 そんなはずはない。 俺は信じる。

我が社がいつも大事にしていることを社員たちも大事にしてくれているはずだ。

そして、今度は猛烈に腹が立ってきた。



その近所の住人の対応にだ。



何でそこまで言われなきゃいかんのだ、ふざけんなよ・・・

偉そうに一体何さまのつもりだ! うちの社員はちゃんと謝ったんだろーが・・・

気付かなかっただけで逃げるわけがないだろ・・・

俺も謝りに行こうかと思ったけど、このまま喧嘩したろうか・・・



そして再び社員に対してベクトルが当たり始めた。



そもそも、こういう問題が起こるのは普段から信頼関係が築けていないからだ・・・

今までもきちんとご近所づきあいできていないってことだよな・・・

元気良く挨拶ぐらいできる人になろうよって日頃からみんなで言い合っている
のにも関わらず、きっときちんと近所の方たちに御挨拶もできていないんだな・・・

ああ、情けない・・・



しっかりと箱に入った。



それはわかる。



 ・・・



さあ、どうしようか。



そうは言っても何らかの対処をせねばならない。



そのまま放っておくか?


いや、ピンチはチャンスだ!

来たねぇ  来たぞ・・・  これは・・・  ん〜 試されてるんだな


しかし、まずはこの箱から出ないとな・・・


じゃ、まず社員たちに感謝して箱から出よう・・・


おしっ、自己裏切りはやめるぞ!


ということは行動だ!


社員の責任は社長の責任だ、やっぱり、とりあえず俺は謝りに行こう!


それじゃ、どうせなら、ご近所さんの予想を越えられる行動が取れたほうがいいな



そこで、朝礼の時間を使って、社員のみんなに尋ねてみることにした。



昨日のことをどう思うのか? そして、これからどうしたいと思うのか?



私が一人ひとりに聴き、みんなが答える。



「もし逃げたのだとしたら、ひどいことだし、気付いていたのなら、すぐに
謝るべきだったと思います」

「私たちの理念に反していると思います」


「こんな自分たちだったら見学会なんてやっている場合じゃありません」


「やっぱり、地域満足も掲げている我々の行動としては正しくないと思います」



もしかしてこの中にいるかもしれないという犯人探しの空気感が広がる。



いや、しかし、そんなことはもうどうでも良いのだ。


起こってしまったことはどうしようもない。



だから、そもそも普段からこういうことが起こらないようにするために、そして
これからどうすれば良いのかを考えてもらいたいと思い、尋ねてみる。



「普段から挨拶ももっときちんとしないといけないと思います」


「朝礼のときは前もってご案内しておくなどの対応がとれると思います」



なるほど。 じゃ、今回の件に対してどうしようか?



「もう一度ちゃんと謝りに行ったほうが良いと思います」


「ちゃんと謝りたいです」


「全員で行きたいです」


「私もそうしたいです」

「私も全員で行くのが良いと思います」



よし、じゃみんなで今から行こうか!



ちなみに私は土下座などしていないし、
ご近所さんの対応もあっさりとして清々しいものだった。



全員で謝りに行った後、事務所にもう一度集まった。



清々しさや満足感が漂い、みんな笑顔。



そして今の気持ちを言い合った。



さっきは涙ぐむ子もいたけど、みんな完全に箱の外にいた。



いい顔している。



やっぱり行動することで箱の外の世界に居続けることができることをみんな
で再確認できた。



箱のことや理念のこと、大事なことを大事なこととして血や肉にできたと
感じられた瞬間だった。



 


 


私たちの生活の中に、日々学びの種は転がっている。



生きた教科書だ。



自分自身、まさに本気の箱セミナーができたと感じた。



リーダーがまず自分を裏切らず、箱に入らずにいれば、頭デッカチにお勉強
なんて頑張ってしなくても、きっと大事なことを伝えられるはず。



そんなことを改めて本気で実感した朝の出来事だった。













今日と明日でセミナーです





申込フォームバナー









メルマガそこそこ好評です










ゴキゲンな組織診断







CUBIC_bigbanner




houkinkun at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 14, 2011

大阪!


土日で大阪に行ってきましたょ








4



半年に一度のミーティング合宿です











アービンジャーのです












今回も楽しかったっす













近況報告したり、

今後の展開などを話し合います















5
















アービンジャーらしく、2日間通してゆるい時間が流れ












いろいろと毎回話し合いますが

あっという間に時間が過ぎてしまいます














そして、そこでは一体何が決まるのか!?













驚くなかれ














正直なんも決まらん!!!  

(*´∇`*)














ま、それぞれが



〜自己責任においてこれからも箱を広めていこうね〜



というミッションを毎回再確認し合って終わります


















1



しかし、今回もたくさん飲みました・・・






















7



お友達の安藤夫妻とも合流し、

楽しい夜を過ごしました























しかし、みんな元気がいいねぇ












やんちゃな大人たちばかりです













次回は横浜あたりになりそうです














今から楽しみですね























8




帰りの新幹線です












しつこく飲んでます












しかし、点天さんも考えたねぇ














揚げ餃子だって













油と餃子のたねの臭い消しにカレー粉













じゃないかしら?













でも悪くないね













お酒がすすむ














だから進み過ぎて

ただ今、三日酔い中・・・













相変わらずのおバカです














バカは死んだらなおるのでしょうか・・・?













死んだらわかる

死ななきゃわからん





















今週末は見学会です!




申込フォームバナー









メルマガそこそこ好評です







houkinkun at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 08, 2011

お金=感謝?


生まれて間もない長女が早速風邪をひいた。





まだ保険証がないので、自費オンリーで近所の小児科で診察をしてもらった。





診察料がなんと聴診器ポチポチで6500円。





これで薬までもらったらどうなるのだろう?





こういうのをボロ儲けとは言わないのか?





そりゃ高額納税者でお医者さんが新聞に名を連ねるはずだ。










保険証さえあれば、県によってまちまちだけど、ちびっこは医療費助成制度で無料になる。





そうやって考えたら、ウチなんてこれで子供4人だから、補助してもらっていることに大変感謝。










以前から思っていたことだけど、やはり、お医者さんには横柄な態度をとる人が多い。





理由はいくつか考えられるけど、基本的に「先生」と呼ばれる人には、どうやらそういうことになってしまう人が随分と多い。





偉くなっちゃった。





謙虚さを忘れちゃった。





いわゆる子供のころからのエリートで、勉強も頑張った。





周囲にチヤホヤされて育って、人間関係は別にして、生活での苦労はあまり知らなかったりする。





人間、当たり前のことが多くなると感謝を忘れてしまう。





当然、「先生」の中には立派な人はたくさんいるけど、「感謝」を忘れてしまう環境が目前に横たわっているケースが多い。





本当は、「先生」だから立派なんじゃなくて、立派だから「先生」と呼ばれるのが自然なんだけどね。





通常のビジネスだと、提供した価値の対価として、お客様からお金をいただくわけだけど、医療の場合、受益者ではなく、国に負担してもらう割合の方が高い。





そうなると、あくまで推測だけど、目の前の患者さんを大事にしない傾向に陥ることにもなってしまうのではないかと思うわけだ。





宗教関係者はもちろんのこととして、医療や教職に関わる、いわゆる聖職者と言われるような人には、絶対的に倫理観が求められる。





でも、社会的に立派だと言われる人が人格的にも同様に立派である保証はどこにもない。





ひどい奴はいくらでもいる。











実は、私の父親の実家は歯医者さん。





父親以外、兄弟もすべて内科医や歯科医になった。





その子供、つまり私のいとこたちもほとんど医者。





だから、父方の家系は医者の家系なのだ。





ということで、医者のことは、裏の事情も含め、よく知っている。





そんな中で、父親だけがサラリーマンになった。





だから、彼はアウトローだ。





蛙の子は蛙。





私もある意味アウトローのエリート(笑)。





エリートとアウトロー。





子供の頃の私は、彼らをエリートだなんて思ってもいなかったけど、どうやら彼ら自身はそうではなかったようだ。





彼らからすると、アウトローな親父の子供たち、つまり我々も含めてアウトローなわけで、実のところ冷ややかな目で見られていたようだ。






だから、なんだかツンケンしているそんな自称エリートたちの見方を感じ、私は彼らをあまり好きにはなれなかった。











私は社長になった。





驕ることなく、謙虚でいるだろうか。





他人にちゃんと感謝できているだろうか。





分け隔てなく、色眼鏡をかけず、人を人として見ることが出来ているだろうか。











全然そんなつもりじゃないけど、「箱」やってると先生なんて呼ばれてしまうこともある。





でも、私は先生でもなんでもない。





私は「箱」で救われた。





そして、今、人を救うその力を少し分けていただいた。





手段は違えど、人を救うという観点でいえば、医療も「箱」も同じだと思う。






医療費も高いけど、箱セミナーの受講料も高額だ。





「聴診器ポチポチで6500円」にその価値があるのかわからないけど、箱セミナーにはそれだけの価値があると思って我々は「箱」を伝えている。





だから、医療費のように、企業研修で社員さんが受講料を直接負担することがなくても、目の前にいるセミナー受講者のみなさんにご縁を感じ、感謝して、「箱」を伝える努力を忘れずにいたいとも思う今日この頃なのだ。











 





11月の見学会はもうすぐ満タンです!





申込フォームバナー









ぼちぼち好評です








houkinkun at 17:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

November 02, 2011

語が落ちる


少し前に、とある人に落語はいろいろと勉強になると言われ、最近、車の中で落語のCDを聞いてる。





子供の頃、どうも落語は「お年寄りのもの」というイメージが強く、近寄りがたかった。





その頃の私の落語のイメージと言えば「笑点」。





「笑点」は日曜日の暗くなりかかる夕方に始まる。





学校が嫌いだったわけじゃないけど、楽しかった日曜日が終わってしまうことには一抹の寂しさを覚えた。





笑点〜サザエさんタイムは黄昏センチメンタルゾーン。





で、「笑点」を見ていても、笑いのポイントがいまいちつかめず、客席でゲラゲラと笑うおじいちゃんやおばあちゃんの気持ちを理解することができなかった。





そんな子供の時の印象が強かったので、落語を食わず嫌いしてきた。





ということで、勉強だと思い、まずは、何事も基本からだと古典落語から手をつけてみた。





古今亭志ん生さんや柳家小三治さん、三遊亭圓生さんや桂文楽さん。
 




随分前に大阪の花月で桂文珍さんの落語を見たときは笑えたんだけど、落語なのか漫談なのかよく分らなかった。





CDから聞こえる古典落語は、聞いていて、くすっと笑えるところもあるけど、正直何言ってんだかよくわかんない。。。





口上聞いててもさっぱりついて行けない。





しかも時間が長い。。。





これって何度も聞いてると良さがわかってくるのかしら・・・









古典落語の超有名な演目に「目黒のさんま」というのがあります。





私でも、落語は知らずとも、どんな話かは知ってたぐらい。





このお囃子にちなんで東京の目黒では「さんま祭り」が毎年開催されているみたいだね。





あらすじ書くのがメンドイので、興味ある人は調べてほしいんだけど、基本的には無知な殿さまを風刺する話。





で、この話を聞いていて志村けんさんのバカ殿を思い出した。





純粋培養されたお殿様はまさに「おバカ」さんになってしまう。





無知は怖い。





でも自分が無知であることを知っているということは強みになる。





おバカさんではなく賢いのだ。





無知の知。





ソクラテスさんもそうおっしゃっている。





「箱」も同じだ。





自分が「箱」に入っていることを知っているということは、それだけで尊い。





知らないことは怖い。





あなたの会社にバカ殿さんはいない?





知らないということは罪だねぇ。





悪気なく他人を傷つける。





だから、バカ殿ならぬ「ハコ殿」にならないように。。。











オチた?     






落語だけに。。。






バカ殿だけに毎度バカバカしいお話で。。。











ダメ?














落語はやりませんが、漫才程度ならやるかも・・・







申込フォームバナー









まーまー好評です








houkinkun at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 31, 2011

三河へおいでん


駅のホームで新幹線を待っていたときのこと






後ろにいるおばさん






いや、おねーさんにしておこう・・・






が、大きな声で電話していた






何があったか知らないが






彼女のテンションがどんどん高まっていく












「だら?」 












「だっらぁ〜」












「そうだら〜」
















「そぉ〜 だらぁ〜!」






















「だっらぁぁ〜!」




























「そぉぉ〜〜 だっらぁ〜!!!」
















会話の様なそうでない様なやりとりで






ヒートアップしていく女性のテンションを感じた






わかってほしい女性の心の内が伝わって来た






「だら」






つまり






「でしょう」






のやりとりだけで会話は何とかなるもんだと感心した






箱的に言えば、これは







「共謀中」







であることは間違いない


























たら







「 ゛ 」




















それにしても







三河弁は何と言いますか・・・







何も知らない人が聞いたらどう思うのだろうか・・・












三河弁の最大の特徴






「じゃん」   「だら」   「りん」













通貨の単位?






とたまに揶揄される






・・・













それもアリかもね
















お客様その商品は「300じゃん」でございます











おつりが「20だら」と「5りん」でございます











アリかもね・・・














三河へおいでん




























たら2[1]







「 ゛ 」





















0じゃん   0だら   0りん  








申込フォームバナー









メルマガ好評です









houkinkun at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 28, 2011

強くなりたい Part2


ブログねたとしては今更なのかもしれんけど、少し前に話題になった中国でのひき逃げ事件を御存じの方も多いかと思う。




2歳の女の子がひき逃げされて瀕死の重傷を負っているのにも関わらず、18人もの人たちに素通りされてしまった事件。





少女はさらに別の車にひかれ、搬送先の病院で意識不明の重体だったけど、結局亡くなった。





たまたまテレビのニュースで見かけ、目を疑った。





防犯ビデオに映し出された人々のその信じがたい所業と、女の子の無残な姿を見て涙が出た。





子を持つ親として、女の子の親御さんの気持ちがそのまま自分の気持ちに重なった。










私には、人間の良心について、セミナーを通して話をする機会が与えられている。






セミナーの中で、「血を流した人が目の前に倒れていてあなたは放っておきますか?」と受講者の方たちに質問を投げかけることがある。





もちろん、「放っておきます」などと言われたことはない。





皆、一様に「もちろん助けます」と。





だって、人間には良心がある。





しかし、簡単に人間の良心はねじ曲がる。





それぞれの都合や環境によって。





かく言う我々の住む日本だって、戦中、戦後は、おそらくもっとひどい状況があったことは想像に難くない。





同様に貧困や様々な経済的な問題によって、心に余裕のない環境に置かれた人たちは世界中に大勢いる。





私たち日本人のいわゆる中流以上と言われる恵まれた人たちは世界的に見てもマイナーだ。





現代の日本に生まれることができて、今の幸せに感謝しなければいけない。





ひき逃げのあった中国には、背景として、人間の良心を狂わせる深刻な問題が横たわっている。





親切や善意が仇になる、関わっては損になると思わせられるような世情がある。





事故後の損害賠償は、生存者への治療費よりも死者への慰謝料のほうが安く上がる。





つまり、死んでくれていた方が支払う金額が少なくて済む。





他人の命よりも自分の金。





ビデオに映し出された惨状は、決して我々にとっても他人事じゃない。





我々だって、いついかなる時に、鬼と化してしまうかもしれない危険に晒されている。





自分だって自信がない。





女の子を病院に運んだ19人目のおばさんのようになれる自信だ。





生まれたところが違えば、18人の中の一人になっていた可能性は富士山のように高い。





「箱」が自分の良心を麻痺させる。





今、自分が生きていられる環境に感謝すると共に、どんな時でも、19人目のおばさんのように鬼ではなく、人として強く生きていたい。

























ようかいにんげん








はやく・・・    なりたい!






と思ってる人はいらっさい











申込フォームバナー






えっ?  何になれるんですか?







と思った人はこれ読みんさい













houkinkun at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 21, 2011



鏡1









相手は自分を映し出す鏡










自分も相手を映し出す鏡










相手のいやなところは

実は自分のいやなところ










相手がいやだと思う自分の特徴は

相手のいやなところでもある










相手と自分が共鳴し合う










共振する










携帯電話のバイブレーターのように










良いところも悪いところもシンクロし、同調する










ならば、周囲に良い周波数を発信したい


















自分は相手を映し出す鏡










相手は自分を映し出す鏡










だから、自分の姿がうつる鏡を見て

いつも笑っていられるようにしていきたい
















鏡2











今日は朝礼見学会!










後日ご報告。








申込フォームバナー





メルマガ好評です







houkinkun at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 11, 2011

あやしくかたむく


私は「変わっているね」と言われることが多い。





まあ、変わっているといえば変わっているのかもしれない。





私自身、なるべく素直に正直に生きようと思っているわけだけど、それが行動に変わって目に見える形になると、どうやら変だと言われるみたい。





ということは、考えていることがおかしいってことか?





私は人間の本質を信じ、日々生活しているつもりだ。





つまり、原理原則に則った行動を心がけている。





ま、偉そうなこと言ってるけど、人の言うことには流されやすいし、結構気にもする。





でも、きっとそれ以上に頑固者なんだろうね。





だって覚悟したからね。





自分軸だけで何もかも考えるのではなく、他人軸の中でも多くの時間を過ごすことを。





で、覚悟したら、いろいろな迷いも信念に変わってきた。





だから、簡単には折れない。





それを変なヤツと言うのなら、どうぞお呼びくださいませ。










私に言わせりゃ、誰一人として同じ人間なんていないんだから、みんな変。





一人ひとり見ていくと、本当にみんな変。





特徴のない人なんてこの世に一人としていない。









室町時代後期から江戸時代初期にかけての社会風潮で、男伊達を競い、派手な身なりや、行動を取る人たちを「かぶき者」と呼んだそうだ。





傾奇と書いてかぶき。





歌舞伎の原型。





彼らは、仲間同士の結束と信義を重んじ、命を惜しまない気概と生き方の美学を持っていたそうだ。





命云々は別として、何だかアービンジャーの仲間を思い出す。





チーム・アービンジャーは、変テコで濃いぃ人間の集まりなのかもしれない。





でもなんだか暖ったかい。





そして人間臭い。





あ〜 変人で良かった。  (* ̄∇ ̄*)エヘヘ











PS: 「かぶきもの」ってキーボードに打ち込んだら、「蠱緤」 「下部着物」って変換されました。  ( ´_ゝ`)











申込フォームバナー











houkinkun at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

August 08, 2011

ハコの日


8月5日はハコの日








ということで、全国で「箱」にちなんだ
イベントがありました








アタイは名古屋のイベントに参加










ハコの日チラシ









名古屋のファシリテーター

西やん主催















ハコの日1



こんな感じ

















んで




ハコの日2



こんなんでぇ


















そして






ハコの日3



こんなん











左はココシスの岡部会長






右はアービンジャー陶山代表






通称「フランクさん」








漫才?














楽しかったっす










申込フォームバナー











houkinkun at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 01, 2011

タオに生きる



いっぷまん


イップ・マン








小1の息子が
私のDVDをやけに気に入って
夏休みなので毎朝見ています








朝から毎日武の道です








彼の将来の夢はイップ・マンに
なることらしいです









イップ・マンは
ブルース・リーの師匠









葉問と李小龍


葉問と李小龍








彼は詠春拳という中国拳法を
世界中に広めた功労者です








南派拳法なのですが、
力みを嫌い、シンプル且つ、実戦的








この「無駄なことをしない」という思想は、
ジークンドーにも受け継がれています









「ジークンドー」とは截拳道と書き、
ブルース・リーの武術や思想の
ことを言います













リー・ブルース










中心概念は「道(タオ)」です








道の字は辶(しんにょう)が
終わりを、首が始まりを示し、
道の字自体が太極にもある
二元論的要素を表しています









太極図









この道(タオ)と一体となることが物事の真理








よくわからんですか?








わからんですよね








陰陽師やキョンシーのイメージ
だけではありませんよ








中心思想は仏教でいうところの
「中道」ですね







儒教の「中庸」とはちょっと違います








偏らず、とらわれないことです








「箱」に通ずる教えです








フローなのです








フローに








そして







タオに生きたいと思います














ちなみに息子たちはタオに生きています・・・










タオになりませんか?






申込フォームバナー














houkinkun at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!