June 01, 2014

親父に報告


なだれ

















最近、人の顔を覚えられない、もしくは忘れてしまう
という現象が雪崩の如く、私に押し寄せています。




顔も名前も簡単には忘れないのが、過去、私の自慢
だったような気がしますが、今ではさっぱり覚えて
いられません。





ただの老化ととらえることもできますが、ひょっとしたら、







〜覚えねばならない〜







という潜在意識が、







〜忘れちゃっても仕方ない〜







というように、都合よく変化したからかもしれません。









ま、てな具合で、私に忘れられた方、恨まないでください・・・




とはいえ、もちろん完全に忘れるわけじゃないんです。




あ、この人誰だっけ・・・




というように、見覚えはあるわけです。




が、誰だったのかがわからない・・・




先日も、とある蕎麦屋さんで、見たことのある方が、
後からお店に入ってきたわけです。




すごく見覚えのある初老の紳士。




相手は私の存在に気づいていません。




そこで、とっさに私は、何も考えずについつい挨拶を
してしまったのですが、内心誰だかわかっていません。




見覚えがあるのに名前が出てこない・・・。




ただ、その方は、すごく老けたな〜という印象。




つまり、もう少し若いときを知っているので、久々に
出会ったということになります。




挨拶したは良いものの、その後に困りました。




相手も私の顔をみて同じ感覚をもったようでした。




つまり、私をみて、相手も、




誰だっけ・・・?








ってな感じで、?マークで頭の中がいっぱいになったようです。




挨拶を返してくれたものの、




どこかで見たな〜  








でも、誰だっけ・・・ ?














はてな

















顔中に?マークをいっぱいひっつけて、お互いにお互いの
ことを見ています。




私も、正直、焦りました。




向こうの反応をみて、なんとか思い出そうと思っていたのに、
向こうも私のことがわからない・・・




しばし、気まずい雰囲気があり、私が名乗ることで相手が
私を思い出してくれました。




相手が、反応してくれてやっと思い出すことができたわけです。







「おー! 最近ゴルフやってる!?

お父さん、元気!?」








ゴルフクラブを振るジェスチャーをしながら、そう尋ねられて
やっと私は思い出すことができました。










助かった・・・














セーフ




































その人は、過去、親父とよく行ったゴルフ場の支配人
だった人でした。




今、そのゴルフ場はありません。







私は、もうここ数年ゴルフをしていません。




仕事やプライベート、もろもろが忙しくなってご無沙汰です。




クラブも高反発から買い換えてません。




分かる人には分かるかと思いますが、それほどご無沙汰な
わけです。







父親は、今病院で寝たきりです。




私がゴルフを始めたきっかけは父親でした。




コースを回るのも、もっぱら親父とばかりでした。




しかし、もう一緒にラウンドすることはかないません。




今は、病院のベッドの上で寝たきり状態だからです。




彼が回復してゴルフまでできる見込みは、ほぼ0%でしょう。







脳出血後、生死の狭間を彷徨い、約3年半が経過しました。



彼は、右手の肘から下しか動かせません。




しゃべられないし、文字も読めません。




どこまで考え、何を感じているのかもよくわかりません。




もう一度ゴルフに行きたいな〜とか考えるんだろうか?




そういう意思の疎通すら取れません。







先日、そんな親父に決算報告をしてきました。



報告はしましたが、わかってくれているのか、わかっていないのか、
それ自体もよくわかりませんが、喜んでくれた気はします。




笑っているのがわかりました。




数字がすべてではありませんが、頑張ってやってるよ〜ってな
感じに、毎年喜んでもらえるような良い結果を出して報告出来たら
いいな。














病院




























COA_banner(赤)  



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔