March 25, 2014

ムダってなんだ?



burief[1]









          さぼっちゃったっ  








先日、近所のすき家の前を通ったら、
店の電気が消えていた。




すきや















車でサッと前を通っただけだし、
どうしたんだろと思っただけなので
大して気にもとめていなかった。



確か、店舗改装のためとかの張り紙
がしてあったように思う。



で、なんとなく思い出してネットを検索
してたら、なんだか連鎖的に閉店に
追い込まれている状況も一部ではある
みたい。



従業員が相次いで辞めてしまって
労働力不足で閉店に追い込まれて
いるんだとか。




引き金は「鍋」らしい。











すき焼きナベ

















ただでさえ、忙しいのに、仕込みに
時間のかかる「鍋」はないわと
従業員から非難ゴウゴウ。




来年度から消費税の絡みで打ち出して
いる値下げ方針からも顧客増が予測
される。




だから、従業員の危機感が炸裂してる。




その都合で、おそらく経営側が、
さらなる従業員の不満と離職を恐れて
店舗改装という大きな投資をするみたい。




全国2000店舗あるうちの半分の1000
店舗を2年間で50億円かけて改装する
んだと。




オペレーションを楽にするということだ
そうだ。




恒常的な人手不足なんだって。




人手不足がなぜ起こるのか、根本的な
問題に目を向けた方が良い気がする
けどね。。。




吉野家さんは、低価格戦線から離脱。




ひょっとすると、安売りによって起こる
幣害にようやく気付いたか?









目先の利益で人手不足をとるのか、
人を大事にして長期的な視点で利益を
生み出すのか。




人件費などのコストと利益の損益分岐
のポイントをどこに置くのかは、経営者
の判断。




儲けることは大事だけど、いろいろと
考えさせられるね。




株主の存在があると、どうしてもやん
なきゃいけないことが増えてしまう。




その点、わが社は私の考えひとつで
どうにでもなる。




それは、いい点でもあり、悪い点でも
ある。




「いい会社」づくりのためにオーナー
会社の強みを活かしたいもんだ。







わが社は粗利益に占める人件費率
が随分と高い。




労働分配率ってやつだね。




財務コンサルタントのエライ先生から
すれば、「不合格」の烙印を押されて
しまうだろうね。




ま、私の考え方ひとつで変わんだけど。







とはいえ、もっと儲けなくちゃいかんね。。。




ムダを削ることも大事だけど、何をムダと
するかは大事な点。




何でも削りゃいいってもんじゃない。




なるべく削るより、利益を増やす方を
考えていきたいもんだ。


















けずりぶし












 
      こっちよりも




















わかめ













      
       とりあえずこっちだ!









両方あわせたほうがもっとうまいとか言っちゃダメ〜















ほうきんくん




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔