February 26, 2014

ハイハイ、どうせちっちゃいヤツですよ


新幹線に乗っていて、箱に入ることがしばしばあります。




最近も、悩ましい出来事がありました。




ありゃ、事件ですね。









ねえさん



















そのとき、私は窓際の座席に座り、本を読んでいました。




すると、肘掛けに乗せていた左手のひじに違和感を
おぼえたので、何気に振り返ったわけです。




が、肘の後ろを見てビックリ!
























ん?








 !!!











な、なんと後部座席の乗客の足が肘掛けに乗っているじゃ
ないですか!







しかも、モゾモゾと動いている!!!

































なにうぉ








な、なにうぉぉぉぉぉ〜っ!!!















あまりに非常識なその態度にムカッ。






しかも靴下の中指の先っちょに穴が開きそうで、毛玉
いっぱいの汚い靴下。





























りー















にゃろぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜 






一体どんな面したおっさんなんだ!?















心の中でイライラが増幅します。




そこで、この汚い足をひっこませてやろうと、肘で軽く
つんつんしてやりました。




が、汚い足はびくともしません。





























こいつ


















ふももももももぉぉぉ〜














さらにイライラが加速します。
























てめ〜









て、てめぇぇぇぇ〜















































しかし、そんな時、天使のいとちゃんがこう囁きました。













ノら












そんなことでイライラしていては、修行が足りないよね





ちっちゃいちっちゃい





もっとでっかくて懐の深い人にならなきゃね





あんた、箱のファシリテーターでしょ?
































竹中











  ・ ・ ・












あー、どうせちっちゃいヤツですよ・・・













しかし、ちっちゃい私は、イライラが収まらず、どんな
奴なのか顔を見てやりたいという衝動を抑えきれずに
後ろを振り向いたのです。





しかし、そこで、私の視界に飛び込んできた光景は、
思いもよらないものでした。





完全に想定外の出来事にやられてしまったのです。










なんと、









おっさんではなく、


























おばはん。。。







































なにうぉ























おばはんがリラックスして足を放り出して寝てる。







しかも、なんと












金髪の外人さん・・・








      



おっさんだと思い込んでいたのに、外人のおばはん
だったことに軽いショック。







完全なる不意打ち。







カウンターパンチです。





















ん?








 まじっすか・・・




















ねえさん


































一気に戦意喪失。。。












へ


























































そりゃ、足でかいわ・・・





ってか、女性なんだから、もっときれいな靴下はいてくれよ・・・





で、このおばはん、日本語しゃべれんのかしら?





えいご? ふらんすご? どいつご?  ろしあ?





足のこと言ったら逆切れされないかしら・・・?





やっぱ外国と日本の文化の差なのかしらね・・・





まー、それならばしょうがないかなっ ・・・・



















おいおまえ











ま、ブログのネタになりそうだから、今日のところは、
許してやるっ








・・・








・・・




































ん〜、結局、やっぱ、ちっちゃいな・・・オレ・・・























ちっちゃい











 どうせ、ちっちゃいですよぉぉ〜だ

















ホウキン君






トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔