October 31, 2011

三河へおいでん


駅のホームで新幹線を待っていたときのこと






後ろにいるおばさん






いや、おねーさんにしておこう・・・






が、大きな声で電話していた






何があったか知らないが






彼女のテンションがどんどん高まっていく












「だら?」 












「だっらぁ〜」












「そうだら〜」
















「そぉ〜 だらぁ〜!」






















「だっらぁぁ〜!」




























「そぉぉ〜〜 だっらぁ〜!!!」
















会話の様なそうでない様なやりとりで






ヒートアップしていく女性のテンションを感じた






わかってほしい女性の心の内が伝わって来た






「だら」






つまり






「でしょう」






のやりとりだけで会話は何とかなるもんだと感心した






箱的に言えば、これは







「共謀中」







であることは間違いない


























たら







「 ゛ 」




















それにしても







三河弁は何と言いますか・・・







何も知らない人が聞いたらどう思うのだろうか・・・












三河弁の最大の特徴






「じゃん」   「だら」   「りん」













通貨の単位?






とたまに揶揄される






・・・













それもアリかもね
















お客様その商品は「300じゃん」でございます











おつりが「20だら」と「5りん」でございます











アリかもね・・・














三河へおいでん




























たら2[1]







「 ゛ 」





















0じゃん   0だら   0りん  








申込フォームバナー









メルマガ好評です









houkinkun at 17:00│Comments(0)TrackBack(0)clip! 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔