October 06, 2011

差別?


運動会











運動会でのかけっこ。





順位をつけるのは差別だと言っている人もいるようだけど、どうなんだろうね。





客観的な事実なわけだし。





ただ、差ではなく違いとして受け止めることは大事だろうね。





背が高けりゃ低い子もいるように、足の速い子もいれば遅い子もいる。





一番になればいいのだという教育に力を入れると、比較ばかりする子が育つ。





遅い子たちの中で一番でも、一番は一番なのだという妥協や甘えが生まれる可能性もある。





他人に勝てばえらい、負ければえらくないという尺度は、奪い合いの心を育ててしまう。





他人に対する愛情も感謝もそこにはない。





競い合うのは大いに結構。





切磋琢磨し合うことは美しい。





奪い合うのではなく、尊重し、高め合うことが大事。





違いは個性。





個性を活かし、比較の中で生きるのではなく、常にベストを尽くして自らを高めていく。





ビジネスにおいても同じ。





他社との比較や競争の中に身を置き、奪い合うことに必死になるのではなく、戦わず、日々の努力によって自らの価値を高めていけるようなスタンスを保つことを意識していきたいものだ。














10月の見学会も盛りあがりそうです。


今から楽しみです。


ご興味ある方は是非ご参加くださいね。



http://www.houkin.com/chorei_kengakukai.pdf








申込フォームバナー





メルマガ好評です







houkinkun at 17:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!テキトー放談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔