September 16, 2011

老頭児


私たちが使う言葉は時代の流れに伴ってどんどんと変化していきます。





現代社会は情報化社会。





通信機器のない時代は、今のように加速度的に情報が伝播することもなく、じわじわと言葉が広がっていったんだろうね。





だから、今のような流行語なんてそれほどなかっただろうし、言葉遣いに急激な変化だってなかったんだと思います。





若者と高齢者との言葉のギャップは・・・  あったのかな・・・ ?





若者が好んで使う言葉、高齢者しか使わなくなる言葉、きっと時代を越えて今と同じようにあったんだろうね。








            〜 俺みたいなロートルの出番じゃねぇな 〜








いまどきの若者に「ロートル」なんて言ってもきっと何のことかわからんと思います。





「年寄り」や「老人」を意味する言葉だけど、正直なところカタカナ表記されるから英語かと思っていました。





ロートルは「老頭児」 と書きます。





老いた頭の子供だって。





若年性脱毛症か?





若ハゲ?





AGA?





これ、実は中国語らしいです。





AGAが?





ちゃうちゃう  ロートルが。





で、





みなさん、知ってましたか?





この「ロートル」、日本では、あまりいい意味で使われません。





時に、意訳して「役立たず」「時代遅れ」等の否定的な意味合いで使われることもあります。





オヤジギャグ、死語、老人語。。。





いっぱいありますね。





たとえば、





かのロートルは、合羽とシャッポを脱ぎ、衣紋掛けにメリケン製とおぼしきコール天のヤッケをかけた後、バンドを外してズボンとズボン下を脱ぎ捨て申又一丁になった。





死語化してる言葉をつなぎ合わせてみたんだけど、わかりますか?





ま、要するに年寄りがパンツ一丁になりましたってなことになるわけなんですけどね。





ちなみに文章自体に深い意味はありません。





パンツと言えば、





箱から出ることを、時に「パンツを脱ぐ」とかって喩えたりします。





さらに深い意味はございません。





・・・   ・・・   ・・・





















ダリア




あら きれい 





天竺牡丹です。





ダリアのことですね。






これから、ますます観賞にいい季節になりますね。





西遊記でお馴染の「天竺」とは

インドのことですが、

昔の人は、外国から来たものは接頭辞に

しばしば「天竺」をつけたみたいです。





「箱」の話も舶来物。





だから「天竺箱」ですね 





ということは

「天竺パンツ」を脱ぐ     






・・・?






ならばコットン生地のパンツだな?






綿パンだな?













か?



















飛んでけ




飛んでけぇ〜











来ない?





http://www.houkin.com/chorei.html








申込フォームバナー












houkinkun at 06:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!テキトー放談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔