June 03, 2011

箱で化学変化!


先日、豊明市のスギウラ鉄筋さんで箱セミナーをさせていただきました。







                  







ちなみに、写真の左から二番目に座っている方は、一見カタギさんではないようにも見えますが、本当は全然違う社長のすぎちゃんです。 







いや〜 やっぱ、箱セミナーすごい!





社員さんたちの1日目の朝の顔と2日目のセミナーが終わる頃の顔・・・     全く別人です。





いや、本当に別人なのかもしれませんね。





今後、職場内での新たな関係性が生まれる一助となったことは間違いないでしょう。





箱セミナーには、職場においても家庭においても、人生を豊かなものにするためのヒントがてんこ盛りです。







社長のすぎちゃんが言ってくれました。





私のやっている仕事はいい仕事だと。





お客様からダイレクトに反応があって、しかもお役立ちできる実感が多くあって、そしてたくさんの感謝をいただける。





私も本当にそう思います。





ありがたい。





まさに「幸せ」という価値創造を行うことに喜びを感じることができる素晴らしい仕事であると思います。





「鉄の人」と「箱の人」という二足のわらじを履く身でございますが、毎日とても楽しく仕事させてもらっています。







〜フキゲンな職場ではなく、ゴキゲンな職場にしませんか〜





私が「箱」を通して発信していることで、一番伝えたいことはここにあります。





ですから、この想いに賛同してくれる方たちから声をかけていただくことが多いです。





つまり、現状あまりゴキゲンとはいえない職場環境にある方が多いということです。





企業研修である場合、オープンセミナーなどと違い、受講者の方たちは自発的に参加してくれている人たちはほとんどいないと言っても過言じゃないでしょう。





行けと言われたから仕方なく・・・   命令だから面倒くさいけどしょうがない・・・   そもそも何のセミナーなのか聞いてもいません・・・





はっきり言ってチョ〜箱の中(笑。





でも、これは当然の反応です。





人間の反応として極めて自然です。





やらされる、変えられる、指示される、ということは人間根本的に嫌いなんです。







箱セミナーは人間である限り、誰でも共通の話が展開されます。





根っこの話です。





だから、セミナー中にそれぞれの何らかのセンサーに必ず反応してしまいます。





否定にしろ、肯定にしろ、何かしらを考えざるをえません。





ですから、最初にセミナーに興味があろうがなかろうが、いつの間にか必ずセミナーの内容に引き込まれてしまうことになります。





私がお伝えしていることは、箱の概念ですが、本当に伝えたいことは「箱とは何か?」ということではありません。





箱を通して何を届けるか?





それが受講者の方に伝わった時に、私のミッションは成功したことになります。





企業研修で言えば、職場での関係性に劇的な化学反応が起こり始めます。





今回のセミナーでもそれを感じました。





ゴキゲンな会社への変革の歴史。





その歴史の1ページに私の名前を小さくとも載せることができたら望外の喜びです。





広がれ! ゴキゲンの輪!









 

申込フォームバナー












houkinkun at 12:30│Comments(1)TrackBack(0)clip! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by portland urban blog   December 08, 2016 13:21
Hi there everyone, I am sure you will be enjoying here 鋼材屋だけに『てつ』の箱から脱出した社長のブログ:箱で化学変化! by watching such funny video lessons.
portland urban blog http://www.portlandurbanblog.com/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔