April 04, 2011

つくしなわたし



つくしさん




先日、つくしを取りに行った。




時間をかけてたくさん取っても、袴を取るのに時間をかけても、食べる時には、驚くほどしょんぼりした量になってしまう。




でも、つくし食べると春を感じるよね。






つくしはスギノコの胞子茎。




時期が遅かったからか、胞子がブンブンに飛び回り、その日は一日中鼻がモゾモゾして大変だった。






我が家の庭にもこのスギノコが大量に生えてくる。




超ウザくて激しく駆除が大変な雑草だ。




こいつにいつも悩まされる。




たまにつくしさんもお庭に生えてくる。




地面の下でスギノコさんとつくしさんはつながっている。




仲良しさんなのだ。




根深いから駆除が大変。




庭以外のところに生えてくれるのはありがたいんだけどねぇ。




頼んでもいない野草がたくさん庭に生えてくれる。




そういう植物を私たちは雑草と言っているんだけど、向こうにしてみれば種の生き残りをかけて必死に繁殖しているわけだ。




でも、やっぱ我が家のお庭以外でお願いします・・・




「雑草という名前の草は無い」 




そう昭和天皇は、のたまった。




どんな草にも名前があるんだから、人間の都合で邪険に扱うような呼び方をすべきではないということだ。






つくしは土筆と書く。




土に生えた筆。




ま、そんな感じだよね。




そうなのだ。




雑草にだって野草にだって、私たちが知らないだけで様々な名前がついている。




だから、そう思って、ちょっと調べてみた。




そしたら、野草と言うのは、やはり種類が多いからなのか、かなりやっつけではないかと思われる名前が多い。




動物や植物の名前が入った名前や、その特徴から見たまんまの名前や、とんでもなくイメージを膨らませて飛躍してしまった名前などバラエティーに富んでいる。




ときにとってもかわいそうな名前もある。




例えば少し挙げるだけでも、ハキダメギク(掃溜菊)、クソニンジン(糞人参)、ヘクソカズラ(屁糞葛)、ヌスビトハギ(盗人萩)、ブタナ(豚菜)、ノボロギク(野ボロ菊)、ヤブジラミ(藪虱)、ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、ママコノシリヌグイ(継子の尻拭)など、あらま〜もっちょっと何か別の名前があったんじゃない?という名前がたくさん出てくる。




ま、それぞれ、それなりにネーミングの所以があるんだけど、さらにひどいのにこんなのがあった。




【イヌノフグリ】




フグリって何だ って思うでしょ?




で、これを漢字で書くとこうなる。




【犬の陰嚢】




そう、フグリとはアメリカンクラッカーさんのことなのだ。




果実のかたちが似ているということなんだけど、もっと別のものに喩えようがあっただろうに・・・




ちなみに、お友達に【オオイヌノフグリ】、【タチイヌノフグリ】という種類もある。




た 立犬って・・・




名は体を表すって言うよね。




子供の名づけはメチャクチャ大事。




最近、子供にとんでもない名前をつけちゃってる親が増えてるけど、子供の将来が案じられるよね。




商品開発におけるネーミングも、マーケティングをする上でのキャッチコピーもとっても大事。




名前買いしてしまうものもあるぐらい。




商品力にほとんど差別化ができなくなってきていますので、顧客の購買意欲を上げるのは見せ方にあると言ってもいいのかもしれません。




もちろんはったりだけで売れ続けることはありませんが、商品自体に自信があれば、必ずリピートは起きます。




正直なところ、私はマーケティング下手です。




でも、箱セミナーが少しずつ広がりを見せ始めました。




→   http://www.houkin.com/choice.pdf




商品力、つまり内容の素晴らしさが徐々に浸透し始めたからだと思っています。




マーケティングも少しずつでも愚直にやり続けていこうと思います。




継続は力なり。




土筆さんに見習って、少しでも根深く、強く、そして美味くありたいと思います。







人気ブログランキングへ










朝礼見学会!

→  http://www.houkin.com/chorei_kengakukai.pdf




小冊子が好評です!  小冊子が読めるメルマガ登録はこちらからっ ↓

 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Urban Works Blog   December 08, 2016 11:45
I know this site offers quality depending articles 鋼材屋だけに『てつ』の箱から脱出した社長のブログ:つくしなわたし and other stuff, is there any other site which provides these kinds of stuff in quality?
Urban Works Blog http://www.portlandurbanblog.com/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔