January 29, 2011

交渉人

 
私は人を怒らせる天才かもしれない。


会話をしていると、みるみる相手の態度が変化していく。


エアバッグのように箱が爆発して、相手をスッポリとその中に入れてしまうこともあれば、またある時には、パタパタパタと折りたたみ式の箱が徐々に体を覆っていく様を見ることもある。


相手が箱に入っていく様子が、まるでビジュアル化されているように見えてしまう。


もともと相手の持っている箱が、私の持っている箱に刺激されて表に現れる。


潜在化した意識が顕在化される瞬間。


自分がイラってしていて、相手に噛みついているときは、自覚症状があるからまだ救われる。


つまり、自分は箱に入っているな、と理解して行動しているわけだから、その後の相手との関係性がどうなるかは、覚悟の上での行動だ。


でも、先述したように、自覚なく、いつの間にか自分が持っている病原菌を自分自身が撒き散らしていることがあるわけだ。



だから、



え? 何でそこで箱に入るわけ?



おれ、そんなにひどい事言った?  もしくはした?



謎が深まる・・・



しかし、手綱を手繰っていけば、必ず原因にぶち当たる。



そこには、悪そうな顔をしたヤツがいて、箱を懸命に守ろうとしている。



そいつの顔はやっぱりオレと似た顔をしている。



自分の持っているたくさんの箱からおさらばするためには、このオレに似た顔をした箱の番人たちから、さようならしなくてはならない。 



自分が接している相手が箱に入った時こそがチャンス。



それこそが、箱レーダーが番人たちの存在に反応したサインだからだ。





そもそもの原因は相手にはない。



相手が箱に入った事実などは、どうでも良い事で、箱に入れてしまった私自身の箱に目を向けなくてはならない。



相手の中に自分を見る。



目の前にいる人は、鏡。



鏡に原因などあるはずがない。



そこに映り込んだ自分自身こそが実存であり、実体。







あ、いた・・・







自分の持っているたくさんの箱を守ろうとする番人たちをまた見つけてしまった。



「そろそろ引退してください」



この交渉は、生きている限り、きっと果てしなく続く・・・



でも、なるべく減らしていきたいものだと思う今日この頃だ。












choice



houkinkun at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)clip! 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔