November 25, 2010

穴と穴

 

人を呪わば穴二つ。

 

人を陥れようとすれば、自分にも悪いことが起こるぞというたとえのことだけど、では、この穴が一体何の穴なのかご存知だろうか?

 


鼻じゃないよ。

 


墓穴だ。

 


人を呪い殺そうとすれば、因果応報、必ず報いで自分も殺されてしまうので、墓穴が二つ必要になってしまうということ。

 


おそろしい話だ。

 


この【墓穴】は、身を滅ぼす原因を自分から作ってしまうことのたとえで、他にもよく用いられる。

 


シンプルに【墓穴を掘る】ってやつだ。

 


掘っている姿を想像すれば、当然ながら非常に滑稽なもんだ。

 


なぜなら、そうと知らず、自分が意図しない自らの死を選択し、せっせと自分が死にゆく段取りを整えてしまっているのだから。

 


しかし、残念ながら、この墓穴を気付かないうちにせっせと掘ってしまっている人はかなりいる。

 


私も含めて。

 


本人には自覚がないんだから、これは非常にタチが悪い。

 


箱も入っていると自覚がないことが多い。

 


だから、箱はいかん。

 


私ぐらいの箱の常連さん、通称:箱マスターぐらいになるとだいたい入ってるのがわかるんだけどね・・・

 

 


でも出ないけどね・・・      フッ・・・

 

 

 

 

・・・


 

 

 

誰かに対して負の感情を抱くとき、つまり、怒りや恐れ、蔑み、憎しみなどの感情を持った時、どのように自分や周りに影響していくのだろうか。

 


人を憎んだ時、私たちが得るものは何だろうか。

 


嫌いな人に対して持った負の感情は、周囲の人にも必ず伝わり、ついでに広がっていってしまう。

 


職場でいえば、フキゲン菌を撒き散らすことになる。

 


フキゲン菌は伝染する。

 


そして、大抵はその嫌いな人を避けるようになる。

 


自分の中でどんどんその人に対するマイナス感情が膨らみ、さらにどんどん心は捉われていく。

 

その人からは物理的に離れ、逃げられたとしても、自分の内側にある感情からは逃げられない。

 


捉われ、囚われ、捕らわれ、みないっしょ。

 


自分からはどうやっても離れられない。

 


幽体離脱?

 


特に関係性の近い人間関係の中で、負の感情をそのままにしていることは百害あって一利なし。

 


なぜなら、身近なので意識しなくても、顔を合わせてしまうから。

 


なのに、家族、会社の同僚、親しい友人などに対して負の感情を持ち続ける。

 


物として見続けるわけだ。

 


邪魔なヤツ。  邪魔な物。

 


そして、意識しないようにすればするほど、頭の中はそのことでいっぱいになって行動にあらわれてしまう。

 


感情は相手に伝わってしまう。

 


周囲にも影響し始める。

 


人はマイナスの感情を持ち始めると、中々プラスの感情を持つことができなくなる。

 


前と後ろを同時に向けないのと同じように、人は同時に正負二つの感情を持つことができない。

 


だから、自分の生活においてもあらゆる面で影響し始める。

 


仕事にも熱意なく、集中力もなくなり、非効率になり、生産性はどんどん下がる。

 


当然、成果も出なくなり、達成感もなく、上司に叱られイライラが増していくというような悪循環が繰り返される。

 


人を許さないのは自分を許さないことに等しい。

 


せっせと墓穴を二つ掘ってしまっている。

 


必ず相手に対する負の感情の大きさに比例して、自分の心も体も苦しむことになる。

 


そして悩む。

 


逆もまた真なり。

 


相手に注ぐ正の感情が、自分の心も体も喜ばせることになる。

 


チョー楽しくなる。

 


ゴキゲン君になれる。

 


情けは人の為ならず。

 


この言葉の本当の意味を御存じ?

 


親切にしたり、優しくしてあげることは相手が甘えることになるから、やめたほうがいいよ、というような意味ではない。

 


人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってきますよ、ということが正しい使われ方だ。

 


結局は自分のためであるということ。

 


ということで、人を憎んで得られるもの。

 


それは墓穴。

 


箱はさしずめ棺桶か?

 


そして、人を好きになると、得られるもの。

 


それが情け。

 


自利利他の精神は決して決して難しい事じゃない。

 


ああしてあげよう、こうしてあげよう、何かしてやろう、なんて無理に考えなくてもいい。

 


シンプルに、相手を人として見ればいいだけだ。

 


自分と同じ人として見る。

 


だから自分のことが好きになれば、相手のことも好きになる。

 


世の中のすべて事柄はバランスで成り立っている。

 


捉われない。

 


許す。

 


相手も自分も。

 


穴から出る、じゃなくて箱から出る。

 


穴は入っちゃいかん。

 


棺桶もやばい。

 

 


だから、取り返しがつかなくなる前に穴掘るのやめましょう♪



houkinkun at 13:00│Comments(1)TrackBack(0)clip! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Tough Broad   December 09, 2016 18:25
Hi everybody, I be familiar with YouTube video carries fewer bytes of memory due to that its quality is awful, except this YouTube video has impressive picture quality 鋼材屋だけに『てつ』の箱から脱出した社長のブログ:穴と穴 .
Tough Broad http://www.toughbroad.org/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔