October 02, 2010

めおと

 

弊社業務部のみかちゃんが友達の結婚式に行ってとても感動したらしい。

 

死ぬまでの愛を共に誓っていたんです! 感動です!

 

と興奮しながら教えてくれた。

 

でもなぜか笑っていた。

 

 

死ぬまで人を愛し続ける。

 

 

 

 

 

   (ー_ー;)

 

 

 

 

 

 

   (ー_ー;)

 

 

 

 

 

 

 

   (O_O)

 

 

 

 

愛するということを恋愛感情だけで捉えると辛いものに思えるかもしれない。

 

出会った頃のようにぃ〜♪

 

なんてなんかの歌みたいに、同じテンションで同じ人を愛し続けるなんてことは、そりゃ、できれば素晴らしいことだけど、現実的には無理だ。

 

 

 

と思いますけれども?

 

 

 

惚れた腫れたの感覚だけが愛することだったら狭すぎる。

 

それは愛じゃなくて、いわゆる恋ってやつだね。

 

 

 

結婚がゴールだと思っている人は多い。

 

結婚すれば幸せになれると思っている人が多すぎる。

 

何かを達成したことによって得られる幸福感はいずれ消滅する。

 

で、消滅した後どうなるか?

 

トキメキがなくなったと言って、それを他人に求め始める。

 

要するに浮気だね。

 

お互いにいがみ合い、冷戦が始まる。

 

子供の教育や仕事に夢中になる。

 

逃避だね。

 

最悪、離婚する。

 

 

 

愛することは、けっしてたがいに見つめ合うことではなく、

いっしょにおなじ方向を見ることだ


サン・テグジュぺリ

 

 

 

深いねぇ〜

 

 

 

互いを見て不平不満を抱くのではなく、夢や目標、目的を満たすようにしていくことが愛するということなのだとヨン様のお兄様のサン様はおっしゃっているわけなのだ。

 

なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでやねん

 

 

なんでやね・・・  ん・・・

 

 

 

 

 

チームビルディングにおいても一緒だ。

 

社内ばかりに意識が向いてしまっている組織のなんと多いこと。

 

愚痴や不満ばかりで、いかに同僚や上司の足を引っ張ってやろうかなんて考えている人もいたりする。

 

見るべき方向を定め、視界に入れるべきはお客様。

 

 

死ぬまでの愛・・・とまでは言えないが、ホウキンにいる限り、社員みんなの幸せにコミットしたい。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 崖っぷち!   October 02, 2010 23:52
同じ方向を見られなくなったら
どうするべ〜?

う〜ん、もう終わりか?

2. Posted by 伊藤   October 04, 2010 07:10
崖っぷち!さん

コメントありがとうございます。

どうしましょうね〜

ま、愛のかたちはひとつじゃございやせんので・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔