September 21, 2010

箱会

 

箱会

 

 

先日、名古屋の箱ファシリテーター、西やんのところで【箱会】が開催された。

 

参加者12名。

 

今回はアービンジャー代表の陶山さんも参加してくれた。

 

箱会と言っても大したことはしない。

 

お互いの日常をくっちゃべるだけ。

 

でも楽しい。

 

単純に参加していて楽しい。

 

箱の外の世界がそこにはある。

 

東京と大阪でも毎月開催している。

 

九州は不定期かな。

 

で、名古屋は3、4カ月に1回。

 

ま、不定期だね。

 

どうやら名古屋のこのスタンスは今後も保たれそうだ。

 

ということで、たまには東京や大阪に襲撃に、いや、遊びに行こうと思う。

 

九州はちと遠い。。。

 

 

わが社でも毎月第1土曜日に箱会をやっている。

 

基本的には社員が中心となっているけれど、誰でも参加自由!

 

ご興味ある方はいつでも遊びに来てください。

 

 

参加料:無料(アービンジャーの箱会はお茶代がいります)

 

時間:AM9:00〜PM12:00  

 

場所:弊社

 

 

お題目は、

 

〇最近あったいいこと

 

〇箱について

 

〇その他しゃべりたいこと何でも

 

これを宇宙の法則に従って、右回りにひとりずつしゃべっていくんだけど、たいしたルールもなく、お互いに言いたいことをしゃべりあったりして、ユルイと言うか、自由で笑いの絶えない楽しい場になる。

 

他人の話を聴いて、自分のことに置き換えて参考にしたりして、大いに学びや気付きがある。

 

だから、エピソードを交えて、実生活における箱について、理解を深めることのできる場になる。

 

箱の概念は非常に再現性の高いロジックで、日々の生活に落としやすいけど、やっぱりセミナー1回受けるだけ、本を読むだけではどうしても継続性の面で不安が残ることは否めない。

 

私は、一応、ファシリテーターでもあるぐらいだから、常に物事をはかる物差しを手に入れた感覚がずっと持続しているし、習慣になってしまったけど、人それぞれに身を置く環境によって大きく異なってしまうのが実情ではある。

 

だから、俗に言うアフターフォローが必要なのだ。

 

という点で、この箱会はいい。

 

とてもいい。

 

箱を知らない人から見れば、ただの井戸端会議のように見えるかもしれないが、知識によって頭が喜ぶ会というよりも、どちらかと言えば心に響き、精神的に安らぎを与えられて、感じることができる会であると言ってもいいと思う。

 

たぶん。

 

ま、とは言え、たいしたことはやらないんだけどね。。。

 

ということで、アービンジャーの箱会に参加したい方は本部のHPから、弊社の箱会に参加したい方、及び弊社の朝礼に参加したい方もお気軽にお問い合わせくださいね。



houkinkun at 12:30│Comments(0)TrackBack(0)clip! 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔