March 19, 2010

ストーカーのビジョン

 

『愛社精神を持てっ!』

 

『おまえらっ 価値観をなぜ共有しようとしないのだっ!』

 

『目的意識を持てっ!』

 

『どうもあいつら社員は不甲斐ない、さっぱり危機意識が足りないな・・・』

 

世の中の経営者さんたちの悲痛な叫びやつぶやきが、あちらこちらでこだまする。

 

しかし、当の本人、つまり、社員たちははっきり言って、そんなこと言われたところで、そもそも響かないし、だいたい、その必要性を感じていないんだから、経営者が問題だと感じている問題は、さっぱり解決されるわけがない。

 

それらは、あくまで経営者の問題であって、社員の問題ではないからだ。

 

そして、こうした経営者の姿は、冷静に見れば、はっきり言ってストーカーがストーカー被害者に向けて発している態度や言葉と大差ない。

 

『オレのことを好きになれーっ!』

 

『なんで分ってくれないんだ・・・  オレがこんなにキミのこと好きなのに・・・』

 

こう言っているのとあまり変わらないわけだ。

 

だから、こんな想いを強烈に持っていても、それは一方通行でしかない。

 

強制力を持って権限や権利を振りかざし、ムチ打って無理やり何かの作業をやらせることはできるかもしれない。

 

でも、いつかきっとさぼる。

 

見られていないところで力を抜く。

 

経営者は、自分がストーカーと何ら変わらないサイクルに陥っていることを、まずは悟らなければならない。

 

 

 

 

 

 

ストーキング

 

 

 

 

じゃ、みなさんならば相手に好きになってもらうにはどうする?

 

昔からよく言われるが、相手に好かれるには、まず自分が好きにならなきゃいけない。

 

こちらが嫌っていれば、相手も嫌っているという、逆もまた真なり。

 

ということは、まずは相手を理解した上で、自分を理解してもらうことが重要。

 

そして、自分に関心を持ってもらい、知ってもらう努力をする。

 

ストーカーの想いとは、好きは好きでも、それは愛情と呼べるものではなく、自己中な執着と言える。

 

これは顧客の購買心理を知ろうともせず、購買欲求を満たせない企業の販売活動にも近いものがある。

 

売り手がこれはいいぞと言って市場に売り出してみてもさっぱり売れはしない。

 

作れば売れる時代は終わった。

 

だから、顧客のニーズやウォンツを真剣に考えなくては見向きもされない時代に突入している。

 

物は溢れ、情報化されたこの時代、お客さんは買い物上手になった。

 

社員だって同じだ。

 

価値観が多様化し、職場での仕事の質も変わってきた。

 

経営者や上司が背中を見せて、さぁ、オレに続けと言ってみても、イヤなことだと言っては、なかなか後ろに続いてくれない時代になった。

 

今までこうしてきたからとか、過去の成功事例に囚われているような既成概念の塊では企業はもたなくなってしまった。

 

そして、この変化の激しい時代、目的意識なく、目標なく、ただ与えられた作業のみをする集団を抱えていたのでは、その企業に未来はない。

 

しかし、そもそも、仕事や行動そのものの必要性を感じることや、そうしたいという行動欲求が根本になければ、人は動かないのだ。

 

理念やビジョンには、企業が存在する意義、つまり、『経営の目的』が通常うたわれる。

 

そして、同時に通常、この理念という名の『経営の目的』は経営者の想いや願いによって作り上げられるものでもある。

 

しかし、ストーカーの描くビジョンやイメージが現実のものとなることは、ちょいと考えにくい。

 

では、関心を示してもらうにはどうすべきなのか?

 

まずは相手を理解することから始まる。

 

つまり、社員自身の関心に経営者自身が関心を示さなければならない。

 

社員それぞれのワクワクの源泉やビジョンに共感する。

 

そして、その上でお互いの想いやビジョンを共有すべきなのだ。

 

わが社では最近これを行った。

 

さらに一丸力とイキオイを増した気がする。

 

社員みんなに感謝!



houkinkun at 08:00│Comments(2)TrackBack(0)clip!お仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 東京の敬三   March 19, 2010 11:54
ご無沙汰しています。
お元気ですか。
blogの内容、身に沁みました。
何回か読んで行動してみます。
ありがとうございます。
2. Posted by 伊藤   March 22, 2010 13:23
東京の敬三さん

コメントありがとうございます。

元気ですよ〜

いやいや、こちらこそありがとうございます!

お互いストーカーには気をつけましょぉ〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔