March 06, 2010

カメ道

 

つっよいぞガメラ♪


 

先日、ガメラ対バルゴンの死闘を

我が社の近くで目撃してしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

リアルファイト

 

 

 

 

 

 

 

 

拡大

ちょいと画質が悪いですが、

 

ガメラは今にもくるくるまわって火を噴きそうです

 

バルゴンはパンチを繰り出そうとしています

 

 

わが社から川が近いからか、隣接する道路をカメが歩いていたり、カニさんがたまに歩いていたりします。

 

ちなみに我が社の駐車場にはタムチさんのケロリンカーが止まっています。

 

このときも、なぜかカメさんが道路を歩いていて、近所の猫さんたちが、カメさんの甲羅めがけ、ペシペシとネコパンチを繰り出して攻撃していました。

 

小動物に対する猫の好奇心は見ていて笑えます。

 

人間の子供も好奇心旺盛です。

 

子供たちはいろんなことに興味を示します。

 

そしてその中から自分の好きなことを見つけたり、得意なものを作ったりしていきます。

 

ですから、子供たちの可能性は無限です。

 

その芽を摘んでしまうのは、他ならぬ親や大人たちです。

 

私は自分の子供たちに適正や、向き不向きで何かを押し付けたり、勧めたりしないようにしています。

 

人が輝くのは自分がワクワクして楽しい事をしているときです。

 

上手でも嫌なことをしているより、下手でも好きなことをしていたほうが人は幸せなのです。

 

そしてきっと最終的には結果もついてくるのだと思います。

 

ですから、なるべく、本人の好きなことをさせてあげようと思います。

 

家庭だけではなく会社も然り。

 

この考え方を、今後いかに会社の中に落とし込み、社員みんなが楽しみながら仕事し、そして収益を上げていくことができる体質を作っていくかということが、私にとってのミッションです。

 

人の可能性や夢や希望を奪ってしまうことは悲しい事です。

 

最近、児童虐待の事件が相次いでニュースになり、悲しい思いをしている人は多いのではないでしょうか?

 

特に5歳児の餓死のニュースには筆舌に尽くしがたい無念さを感じます。

 

私の長男も5歳ですから、それを考えると涙が出ます。

 

5歳で身長85cm、体重6kg・・・

 

我が家の2歳の次男より身長も低く、体重は半分です。

 

どんな背景や事情があろうと、同じ子を持つ親として、人として許せません。

 

どんな素敵な将来が待っていたかもしれんのに、親のエゴでその可能性を奪ってしまったのです。

 

鬼の所業。

 

地獄の道、餓鬼の道、畜生の道、修羅の道、それとも人間の道か天の道か。

 

どの道を歩むかを我々は自分の意志で選択することができます。

 

どうせなら、私は人に良い影響を与えられる人になりたいと思うのです。

 

 

 

ということで、わが社の周辺の道路はカメの道ということで・・・



houkinkun at 11:30│Comments(1)TrackBack(0)clip!テキトー放談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ガメラ医師   March 20, 2010 18:27
5  はじめまして。 突然のコメントで誠に恐れ入ります。
 私は、「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事には「ガメラ」の検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、様々なパターンの「ガメラvs各種の動物さん」の記事をまとめておりまして、この度3月12日付けの更新、
「 3月のvs動物シリーズ 」
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/9ac4be20cd795d7c6cd9296dcdacc6ec
中にて、こちらの「ライブガメラvsバルゴン」を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔