January 11, 2010

敏感?

 

530運動発祥の地、豊橋には、資源の再利用とごみ減量を推進するために≪ビンカンボックス≫という世界に誇るべき(?)エコな分別システムがあります。

 

ビンカンボックス

 

名前の通り、瓶や缶を廃棄するためのゴミ箱です。

 

24時間空き缶や空き瓶を捨てることができるこの画期的なシステムは、同時に24時間アルミ缶を盗むことのできる環境にもあるということができてしまいます。

 

最近はめっきり減りましたが、まだアルミの価格が高騰していた頃は、こぞってヒッピーの方々がゴソゴソとアルミ缶を求めて物色している光景を見かけたものです。

 

分別ゴミといえど、一度あのボックスに入れば、それはもう市の持ち物になるわけで、つまりそれらの行為は泥棒さんの行為に値するということになってしまいます。

 

ピーク時には、さらなる相場の高騰を期待してか、アパートのベランダに山のように貯め込んでいる人もいましたし、効率化を図って軽トラックで大量に回収しているおじさんを見かけることもありました。

 

このビンカンボックス、豊橋近燐在住でないとやはり珍しく感じるようです。

 

特に≪ビンカン≫に目が行ってしまうようで。

 

もちろん、それは一瞬たじろぐ程度で、本気に≪敏感≫なんて漢字が当てはまるなんて考える人はいないとは思われます。

 

でも、実際に≪敏感≫だったらどうなんだろう・・・?などという勝手な妄想が働いてしまったりして・・・

 

弊社のタムチさんはとても敏感です。

 

え?何に?

 

いやいや、怪しい意味ではありません。

 

簡単に言えば、小心者、ビビリーさんなのです。

 

すぐにビビリます。

 

驚き方が半端じゃありません。

 

とにかくリアクションがでかいのです。

 

きっとお化け屋敷なんて怖すぎて行けないでしょう。

 

びっくりし過ぎて、彼の心の臓が動くことをやめてしまいます。 

 

おそらく、息の根が止まって死に至ってしまいます。

 

見た目とは違って(?)、まるでハムスターやウサギさんのような小動物に近い感覚を持ったガーリーでビビリーな男なのです。

 

ひょっとしてガリガリだから神経が鋭いのかもしれません。

 

全国の女性タムチファンの皆様、こんな小動物チックでラブリーなタムチさんは今が熟れ頃ですが、いかがでしょうか?

 

今なら、もれなくあんなものやこんなものが付いてきます。(病気や借金や不幸などではありません)

 

で、まー、タムチさんの話はこれぐらいにしておいて、話を戻すと、アルミ缶にしろ、スチール缶にしろ、買い取り価格が景気の動向にいち早く反応したり、影響を受けるという点においては≪敏感ボックス≫と言ってもおかしくはないような気がします。

 

金属を扱う我々の商売、もちろん御多分にもれず景気の影響を敏感に受ける業界です。

 

売り上げ、利益、敏感に影響されますが、世の中の動きを敏感に察知するには能動的に情報を取りに行かなければなりません。

 

アンテナをはり、受身ではなく能動的に企業は行動していかなければなりません。

 

〜今は動く時期ではない〜  〜ヘタに動けば損をする〜

 

そういう方針を打ち出されて動かない、新しい動きは何もしない企業経営者さんもたくさんおられます。

 

しかしながら、≪現状維持は衰退を招く≫、この原理原則が働いてしまうことも経営者は自覚しておかなくてはなりません。

 

無理なことはしてはいけません。するべきではありません。

 

ただし、やれることは常に模索した上で実践していかなければならないのです。

 

≪守≫と≪攻≫は車の両輪、鳥の両翼。

 

わが社は経費をケチるだけではなく、出ていくお金を最小化することを目指しながらも、我々の成長に必要なことには、貪欲さを保ちつつ、お金だけの価値ではなく投資をしていこうと思うのです。



houkinkun at 17:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!お仕事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔