December 28, 2009

感謝

 


アホ

ありがとさ〜ん

 

 

 

今年も一年間大変お世話になりまして誠にありがとうございます。

 

感謝感謝。 ありがたやありがたや。

 

弊社も本日で年内の業務は終わり、明日は大掃除でございます。

 

なかなか世の中の景況は改善の見込みなく、依然として厳しい状況ではありますが、来年は、みなさまにとって良い年になることを、もちろん弊社にとってもですが、心よりお祈りするばかりです。

 

いつもありがとうございます。

 

 

さてさて、≪ありがとう≫や≪感謝≫と言えば、

どんなお店でも構わないですが、お店の入口に≪いらっしゃいませ≫のマットが敷いてあったり、WELCOME的なアイテムが置いてあったりします。

 

≪ご来店ありがとうございます≫的な文言の場合もあります。

 

それらの設えは、快く迎え入れている感じがして、お客さんにお店に対して好感を抱かせるためのアイテムにもなります。

 

もちろん、店員さんが同じように声をかけてくれることも、忘れてはならないとても大事なことです。

 

しかし、もしいきなり、≪いらっしゃいました≫や≪ご来店ありがとうございました≫というような過去形で迎え入れられたらどうなんだろうか?

 

店に入って早速≪ありがとうございました〜≫なんて言われたら、まだ何も買ってないですけど・・・みたいな空気になってしまいます。

 

んじゃ、何かを買って店を出るとき、もしくは買っていただいた場合は、無条件に≪ありがとうございました≫という言い回しはOKなんだろうか?

 

私は基本的には感謝の意に≪ございました≫の過去形はないものだと思っています。

 

だからお客さんが帰るときにも≪ありがとうございます≫と言うべきだと思うわけです。

 

まして、目の前にいる人に対して≪ございました≫では、じゃ、今感謝してないのかよ!なんて言われてしまうような気がするわけなのです。

 

過ぎ去った過去のありがたかった件に対し、謝意を述べる場合でも、やはり≪ありがとうございます≫と言ったほうが良い気がします。

 

≪あのときはありがとうございました≫を≪あのときはありがとうございます≫と言いたいところなんですが、ただ、これだと時間軸的に若干違和感があるので、≪あのときはお世話になりました。ありがとうございます≫などとちょいと言い回しをかえて、やはり現在進行形で今も感謝していますという気持ちを伝えたいものです。

 

感謝の気持ちに断絶はありません。

 

もしも、そのときは感謝していたのだけど、今はしていないというのならば、そう言うべきです。 ま、ふつうは言えんだろうけど。

 

過去形にしてしまっては現在、そして未来へのつながりが途切れてしまう。

 

飲食店やコンビニなどのトイレを借りた時、≪いつもきれいに使っていただきありがとうございます≫的な張り紙やメッセージが貼り付けられていたりするのをたまに見かけることがあります。

 

そう言われたら、ふつうはきれいに使わなきゃと気にかけます。

 

≪いつもありがとうございました≫では途切れてしまうのです。

 

閉店か?などと勘違いしてしまいます。

 

 

 

 

 



んどん屋

毎度御来店有難うございました

 

 

 

とあるところにある、うどん屋さんの看板。

 

入店前から過去形です。

 

来店してもらったお客様にだけ、その時点でのお礼を述べる。

 

店内でも微妙なのに店外の看板ではさらに微妙。

 

この反対側に≪ありがとうございます≫と書いてあれば、まだ気持ちはわかるけど、実際の看板はそうなっていません。

 

招き猫ではないけれど、ここはひとつWELCOMEしてもらいたいもんです。

 

感謝の断絶はつながりの断絶。

 

お客が途絶えるよ。。。

 

お店の前の通りをよく通りますが、実際にお客がかなり少ない様子です・・・  

 

経営状態大丈夫かな・・・   大きなお世話か・・・

 

一期一会。

 

あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのもの。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう。

 

有り難き事。 なかなかない事、あり得ないと感じるような事。

 

そしてそれらは今の私が感じること。

 

 

≪毎度御来店有難うございます≫

 

今度、落書き小僧よろしく、ラッカーで書き換えておいたろか・・・



houkinkun at 17:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!テキトー放談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔