August 31, 2009

ジャッジメント・デイ

 

ジャッジ・ドレッド

ジャッジなのだぁ〜

 

 

昨日からやたらと≪歴史的≫という言葉を目にしたり耳にしますね。

 

国民の清き命の一票の重みが大きな力となって歴史的なジャッジがなされたわけです。

 

ある程度予想はされていたとはいえ、300オーバーの議席数を獲得した民主党。

 

政権与党である自公の大物議員と言われる重鎮たちが、誰あんた?と言ってしまいたくなるような民主党の新人たちに敗れていくという番狂わせ?が日本中そこかしこで起こりました。

正に人ではなく政党、そして政権選択の選挙だったと言わざるをえません。

 

しかし、民主党さんはこれからが正念場ですね〜。 

 

真価が今後問われることになります。

 

民主はミクロ的に見れば、細かな施策としてはいい事言ってるんだけど、マクロ的なビジョンやスケッチが描ききれていない、などの意見や指摘もしばしばされています。

 

しかし、まずは有言実行。

絵に描いた餅とならぬように。

 

小泉さんは、当時≪改革には痛みが伴う≫と言っていました。

 

そしてその結果日本は随分傷んでしまいました・・・   イタタタタ・・・  

 

改革自体が問題だったのか、継続させていく力を後継者が持たなかったからダメだったのか・・・

 

しかし、結果がすべてとなってしまいます。

 

自民と民主、4年前の選挙と正に正反対の現象が今回おきています。

あの時は岡田さんが引責辞任しました。

 

今回も同じように現状を憂い、変革や改革を求め有権者は動きました。

人間の心情なんていつの時代も基本的には変わりません。

 

変化には歪が伴うものですが、過ちや歪みは即座に改善する潔さが特に必要なのだと思います。

 

いや〜良かれと思ってやったけど、やっぱダメだったわ〜。

ワリィワリィ〜♪

 

気付いたならば潔く元に戻すなり、別の方策を考える。 臨機応変。

 

今回の選挙の結果は、国民が何かしらの変化を求めたものであることは間違いのですが、しかし何も変わらなければ、そして状況が好転していかなければ、当然、再び政情は変わっていくことでしょう。

 

つまり、やり前次第では先日までの自公政権のようにオウンゴールになっていくでしょうし、再び国民の審判をうけてしまうことになります。

 

変化の激しいこの時代、どんどん新しいことをやればいいのだと思います。

その代わり、間違いだったことが分かれば、すぐにゴメンネと謝って次の方策を練ってそして再び実行すればいい。

 

やりっぱなし、言いっぱなしのケツを拭かない無責任さだけはやめていただきたいものです。

 

何かの利権や、特定の利益になるようなものでなく、真に国民のためを思っての方針ならば、みなさん許すでしょ。  許さん?

 

軽率だったとか、愚策であったと批判されてもよいではないですか。

良かれと思ってやったことならば。。。

 

まずは実行する意思の強さを示してもらえることを節に願うところであります。

 

会社だって同じこと。

 

改革や変革に対する考え方で会社が変わります。

 

そもそも何のために行うのか?

より良い成果を得るために行うものなのか?

全体の利益、すなわち最終的にはみんなの共通の利益のためのものなのか?

 

というようなことがクリアになっていれば良いわけだと思うのです。

 

変化に同意できない人たちもいます。

 

自分自身がすでに受けている既得権益が奪われることに抵抗する人たちや、短期的なビジョンでしか物事を捉えることができない人たち。

 

改革や変革に反対意見はつきものですから、マイノリティよりもマジョリティを取るぐらいの鈍感力で計画を推し進めていくことも必要なことかと思います。

 

国民の政治への関心が高まっています。

ノリピー報道もそろそろ落ち着いてきたと思われますし、どちらにしてもこれからの政治の動きが楽しみです。



houkinkun at 14:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!テキトー放談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔