June 17, 2009

もじょ


 


 

 

Got my mojo workin’,Got my mojo workin’,Got my mojo workin’


But it just don't work on you ♪♪

 

 

モジョが効いてるよ。(×3回)  でもね、あんたには効かないよ。。。

 

 

 

シカゴブルーズのドン、マディーウォーターズの代表曲、その名も『GOT MY MOJO WORKING 』。

 

ブルーズでは多くの曲で頻繁にこの≪モジョ≫という言葉が出てくる。

 

言葉の意味だけど、主にアフロアメリカンの間で信仰されている民間信仰、ブードゥー教で、金運やギャンブル運、女性運を向上させるための呪術のことを指したり、薬でラリっちゃってる人なんかを意味するんだけど、言葉自体はスラングだ。

 

ブードゥーというと、いわゆる黒魔術的なオカルトチックな魔太郎風味だったり、ゾンビさんたちを想像しがちだけど、そういった側面を持ちつつも、アフリカを起源としていて、かなり多くの人たちが信仰している。

 

 

 

 

 


 

 

 

また、≪モジョ≫や≪モジョハンド≫はお守りのことを意味する。

 

小さな子袋さんに、木の実だとか動物の骨だとかを入れてお守りにする。

 

入れるものや、それらの組み合わせによって叶う願いが変わるらしい。

 

どうやら、精霊さんがとても重要な鍵を握っているらしい。

 

精霊信仰がベースにあるということだ。

 

 

 

 

精霊は

 

 

妖怪・・・じゃなくて

 

テレビでたまに見ることができる・・・

 

 

 

 

ブルーズで歌われる詞をみていると、基本的にはしょーもないものが多い。

 

今日、となりまちのアンニャロウと喧嘩して酒飲んで寝た

かわいいあの娘にふられちまった

おれの人生お先真っ暗・・・

 

今朝ママが言ったのさ  あんた、そろそろしっかり働きなさい

だけどオイラにゃ関係ないね

ないねないね 関係ないね・・・    

 

 

ブルーズでは、ほんとにささいな?日常の悲哀や喜びがストレートに表現される。

 

だから、日常生活の、かなりしょぼい目先の願望ばかりがモジョにもこめられる。

 

でもそれだけ、彼らが虐げられていたという背景と欲求レベルが低次のものにならざるを得ない環境にあったということだ。

 

その辺りはアフロアメリカンの歴史を見れば一目瞭然だ。

 

なんせ、ブルーズの生まれた歴史もそこに由来するわけだから。

 

 

 

 

 

 

右ぎゅうへい



内容はないよう〜

 

ないんだよう〜

 

 

 

 

 

女性にもてるためのお守り

 

子金持ちになるためのお守り

 

ブルーズマンとして歌や演奏が上手になるためのお守り

 

 

 

あなたならどんなモジョがほしい?

 

あなたは今どんな欲求を満たしたい?

 

 

 

さあ、あなただけにマジックを起こすモジョハンドを探す旅に出ようじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

ハチロウハンド

マジックを・・・



houkinkun at 12:45│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まめお   June 18, 2009 00:37
おおーいいい
2. Posted by 伊藤   June 19, 2009 07:58
まめおさん

コメントありがとうございます。





はぁぁぁぁぃぃぃ〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔