December 29, 2008

徒然なる師走の午後

 

バタバタしてますかー?   

  

誰が『パタパタママ』じゃ・・・

 

 

 

シワスですよー    

       

何が『皺です』じゃ・・・

 

 

 

トシノセですよー    

      

ホットケ 誰が『年のせい』じゃ・・・  

 

 

 

カンペイちゃん風味で年末を演出してみました。。。

 

 

 

何書こ・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

おっ! そ〜だ

 

 

・・・

 

 

やっぱ や〜めた・・・

 

 

・・・

 

 

あっ! そーかっ!

 

 

・・・

 

 

これもちがうな・・・

 

 

こらーっ

 

うだうだすんじゃないわよっ!

 

 

 

月に代わってお仕置きよっ!

 

 

 

うさぎちゃん

 

月野うさぎさんです・・・

 

 

・・・

 

 

そういえば、この人のプロフィールを見て思った。

 

 

プロフィール

  • 年齢:14〜16歳         
  • 身長:152〜160cm       
  • 生年月日:1976年又は1978年6月30日    
  • 誕生石:真珠
  • 星座:蟹座
  • 血液型:O型
  • 好きな色:白
  • 好きな食べ物:アイスクリーム、ケーキ
  • 苦手な食べ物:にんじん
  • 好きな教科:家庭科
  • 苦手な教科:数学、英語
  • 趣味:食べることと寝ること
  • 特技:ごますり、泣き落とし
  • 将来の夢:お嫁さん

 

 

微妙に年齢不詳で身長も伸縮自在。

キャラクター設定が、一見子供っぽさを強調しているが、腹黒。

 

数学も英語も苦手ということは理系でも文系でもなく、ただのおバカさんであると推測される。

 

しかし、趣味が、我が社のケロタムさんとまったく同じである。

厳密に言うとケロリンが好きなのは、『シロメシと死んだように寝ること』だけどね。

 

ちなみに特技はわが社の清水松雄くんと同じだ。

 

そして、生年月日からすると、現在30〜32歳。。。  

アラサー世代ではないか。。。

 

将来の夢がまたすばらしい。

 

もしも現実社会にいれば、お嫁さんになりたくて、趣味も年齢的にもピッタリなケロタムさんとのお付き合いを真剣に考えていただきたいものだ。

 

人物像的に、腹黒でおバカさんだが、この際、棚上げしてしまおう。

なんなら神棚にあげてパンパンしてあげよう。

 

ケロタムさんならすべてを受け入れてくれるはず。。。

 

いかん、ついに生身の人間ではなく、仮想の世界に突入してしまった・・・

 

 

・・・心配するなタムタムさんよ、きっと来年は良いことがあるはずだょ。。。

 

 

きっとうまくいく・・・

 

 

こんな本みつけたよ・・・

 

 

 

 

頑張れタムチ

 

アマゾンで買って贈ろうか・・・?

 

 

 

・・・

 

 

んで、さっきそんなケロタムさんと蕎麦屋へ行ってきた。

 

ネギトロ丼とあったかい蕎麦のセットを食べてきた。

 

おぼんに黒い液体も一緒についてきた。

 

だからかけた。

 

 

 

 

 

ソースだった・・・

 

 

 

 

 

 

ガビーン

ジョージショック・・・

 

 

後で醤油をかけ直したとはいえ、半分半分の味になってしまった。

 

・・・

 

ふつう、オメ、このどんぶりは醤油系の液体だろーが・・・

 

おぼんにのってて、しかもそれしかなけりゃ盲目的にかけるだろ・・・

 

確認しなかったオイラが悪いのかぃ・・・

 

しかし、机には備え付けの醤油が常時置いてあるから、間違えたとは考えにくいし。

 

醤油があるわけだから、お店の人に『これ間違えてますよ』って指摘するのもなんだか自分が間違えてる気もするし、『これソースですけど』って言ったら『知ってますけど、それが何か?』なんて言われても悔しいし。。。

 

そもそも確認もせずに間違えたあんたがいかんでしょ、なんて言われても、もっと悔しいから、仕方ないここは我慢して食べようと涙を飲み込んだ・・・

 

しかし、何か腑に落ちんな・・・

 

 

もぐもぐ・・・

 

 

むしゃむしゃ・・・

 

 

ん?

 

 

あれ?

 

 

まずくない・・・

 

 

なんてこった・・・

 

 

ネギトロ丼をソースで食べることがこの店では当たり前なのか・・・?

 

でも全部ソースかけたら微妙だと思う、たぶん。。。 

やっぱ、いいとこ半分半分だぞ。

 

ひょっとしたら、専用のタレか何かと間違えたかぁ〜?

 

いずれにせよ、何かの間違いかもしれんが、当たり前のことを当たり前と捉えちゃいかんということと、たまには常識を疑えという学びをいただきましたよ・・・

などと前向きなアタクシをアピールしつつも、

またいつか、あの店で同じものを頼んで確認してやる・・・などと、実は小さな青白い炎がメラメラとしているのだが、ただの間違いのような気もするし、でも、もしそうだったら、まずくないと感じた自分になんだか残念な気もするようなそうでないような・・・と、ちょっと自信のない自分が悲しい今日この頃でもある・・・

ような・・・ そうでないような・・・

 

弊社は昼前で大掃除も終わり、私は現在ダラダラとマッタリした師走の午後を迎えていますが、皆さんいかがお過ごしですか〜?



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔