November 26, 2008

自己責任

 

武藤鉦製薬株式会社

 

愛知県では特に 『 六一〇ハップ(ムトウハップ) 』 でオナジミの企業だ。

 

 

 

ハップ


 

企業規模は決して大きくはないが、名古屋市中区に本社がある、創業102年の老舗企業。

 

その老舗企業が業務を終了することになった。

すでに工場は製造停止している。

 

70年間ずっとムトウハップ一筋でやってきたらしい。

へぇ〜、よくそれだけでやってきたねぇ、なんてびっくりしたが、でも実際にそうらしい。

 

今回の事態に陥った経緯は、顧客ニーズや市場の大きな変化についていけなかったからという理由だけではない。

外部環境の変化におけるジリ貧であったことは事実なのだが、しいて言えば外圧によって潰された、と言っても過言ではない。

 

もっとも、確かに商品自体は古く、決して爆発的に売れ続ける品物であったわけでもないのだが、しかし、超ロングセラーで、価値のある商品であったことも間違いない。

 

 

 


はっぷん

 

 

ムトウハップは、元祖 『 温泉の素 』 とも言える入浴剤で、いわゆるいい匂いがして、“温泉気分”が味わえる程度のものじゃなく、実際にに温泉泉質に浸かることのできる本当の 『 温泉の素 』 なのだ。

 

では、どれだけ本当の 『 温泉の素 』 かと言えば、記憶に新しいのが、「白骨温泉の温泉(白濁)偽装問題」 で使われた 『 温泉の素 』 が、この 『 ムトウハップ 』 であった、ということを聞けば理解できると思う。

 

だから、効能も含め、自宅で簡単に本当の温泉気分を味わうことが出来たのだが、一方で、浴室の金属部分は錆びやすくなるし、硫黄臭いので、実際に使うにはちょいと根性のいるシロモノでもあった。

 

そういうこともあって安価で、価値のあるものだったのだが、実際のマーケット自体は決して大きなものではなかった。

 

だから、ちょっとした規制と、風評被害によって廃業を余儀なくされてしまったのだ。

 

リアルな温泉の素であったがために、それが災いしてしまった。

今年前半に日本各地で相次いだ硫化水素による自殺を受けて、販売自粛要請を受けてしまったのだ。

 

日本チェーンドラッグストア協会が、加盟しているドラッグストアに対して、今年の4月からムトウハップの販売自粛を促した。

7月に解除されたものの、ムトウハップの売上の7〜8割はドラッグストアに頼っていたというのだから、これが致命傷になってしまった。

 

アキバ事件や蒟蒻畑の件と同じだ。

いつも思うが、こんな対処療法で世の中の犯罪や、自殺は本当になくなるのだろうか?

 

 

ナイフがなくなれば犯罪は減る?

いんや、不便になるだけだ。

 

 

こんにゃくゼリー食べなきゃ死者は減る?

いんや、餅のほうがよっぽど危険だ。

 

 

ムトウハップ、これで自殺者の数は減るのか?

あほか、死にたいヤツァどんなことしたって死ぬ。

 

 

そんなものはすべて自己責任なんじゃ。 アホゥ。

 

 

 

武藤さんのことに話を戻そう。

 

今回のことは残念なことではあったが、企業として理想的な姿は、大きな環境の変化にも耐えうる体力と、強さを持っていることなのだ。

 

ムトウハップは言うならば、大手企業の完全下請けみたいなもので、仕事先が潰れて、連鎖倒産してしまった状態に近い。

 

販売チャネルや、新商品の開発、新規事業の創出や多角化など、すべきことはあったはずだ。

老舗や暖簾にあぐらをかいていたわけではないにしても、努力不足以外の何ものでもない。

 

したがって、そういう道を選択してきた過去や歴史も、自己判断と自己責任の連続なのであり、今ある現実は、そのことによって起こった結果なのだ。

 

自殺者を責めることも環境を責めることもできない。 

 

武藤さんにとっては、青天の霹靂、まさに事故のようなものだが、仕方ない。

世の中いつ、どんな形で危機が訪れることになるのか分かったもんじゃない。

 

だから、来るべきときに備えて、自らの意思で危機耐性を整えておかなくちゃならんのだ。

 

しかし、

寂しいことだが、世の中のあらゆる物事はそうやって変化や移り変わりを繰り返し、生まれては消えていく。

 

時代は変化していくのだ。

だから、わが社も変化する環境に適応できるように、あなた色に染まって・・・

 

 

あにゃたいろぉ?

 

 

あなた色ってどんな色?

 

 

 

 

 

 

あたたいろ

あたたいろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOME

染めって・・・

 

 

 

く、 く・る・し・いぃぃ ・・・



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 餃子一筋   November 26, 2008 16:58
餃子一筋で生きて行こうと思ったのに・・・

じゃ、リスクヘッジで新事業を・・・

うーーん・・・。

キャバクラ経営か?

占い師?

どっちがいいかな。。。


どっちかかよ!

2. Posted by 伊藤   November 28, 2008 15:48
餃子一筋さん

コメントありがとうございます。

そうですねぇ。

 ピカーン

いま、はっちゃけました!

あなたにはきっと占いがあっているでしょう。

名づけて≪餃子占い≫!!

どや?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔