October 17, 2008

メタボリッカー

 

この間、とある某所の某ドラッグストアーでトイレを借りました。

 

そこのトイレ暗くて狭いんです。

昼でも窓がないので、灯りを点けなくてはなりません。

そしてドアが閉まると密閉性が高く、外部の音が聞こえなくなるため、とても静かな空間がそこに出来上がります。

 

ドラッグストアーやスーパーマーケットのトイレは万引き防止のため外に入り口が設けてあることが多いです。

 

で、店の外のトイレに向かって歩いていたときに、左方向から同じくトイレ方向に徐々に近づく大きな塊が視界に入り、若干気にはなったのですが、そのままトイレの中に入りました。

 

小便器は2つ。

私は右側を選択し、いざスタンバイというとき、その瞬間は訪れました。

 

そうです、大きい塊さんが入ってきたのです。

デ、デカイ・・・  重量級だ・・・

 

もう、完全力士です。

小錦クラスです。  舞の海ではありません。

 

その巨漢をシゲシゲとは見ませんでしたが、髷が見えた気すらします。

 

うわ〜、狭いじゃーん・・・ 静かじゃーん・・・ 圧迫感モリモリじゃーん・・・

 

そして、案の定です。

ガタンッ と戸の開いた瞬間から、その息遣いと圧迫感が部屋中に充満しました。

 

2つある小便器どうし距離がなく、横幅だけでなく背丈もある力士マンに、もう完全に上から覗かれている感じです。

しかも、密閉された静かな空間の中で、ブフーッ ブフーッ と、ものすごい鼻息と、たまに入るスピー ブヒー的なワケのワカラン音がさらに異様感を助長します。

ゴン太くんのようにフゴフゴしてたようにも思います。

 

早く出なきゃ!、この異空間から即座に脱出しなきゃっ! 食われてしまうかもしれないっ  襲われるぅ〜 などと勝手な妄想がグルングルンに頭の中を駆け巡り、なんとも言いようのない恐怖感で手を洗うのも早々にバタバタとトイレから出てきたのです。

 

相手からすれば、ただトイレを使っただけなのに全くもって失礼な話なのですが、でもあんたちょっと太りすぎだって。

 

私はおデブちゃんの重さと怖さを中学時代の遊びの中で体感しております。

 

剣道部でしたから、となりの柔道場で柔道部の連中と乱取りしたり、クラスメートと相撲を取ったりしておりました。

 

おデブちゃんは当たり前ですが、重い。。。

まさに北斗の拳でいうところのハート様と戦うような感覚です。

打てども打てども相手にダメージを与えられない。。。

 



ハートさま


ぶにゅぅ

 

★私の戦歴紹介★

 

◎ 中学3年のとき、安藤くんというおデブちゃんと毎日のように相撲をよく取った。

  でもほぼ勝てんかった。。。

 

◎ 斉藤くんというこれまた大物とよく柔道で戦った。

  危うく締め技で昇天しそうなこともあった。。。

 

 

私は知っています。 お肉の恐怖を。 あの重さを。。。

肉は凶器となります。  非常にデンジャラスなのです。。。

 

戦えど戦えど相手にダメージを与えられないことと、それを感じた時の精神的ダメージはなかなかのものです。

 

しかーし、お肉さんは時に外敵から身を守りますが、内部からは、その人自身を崩壊させるのです。

 

 

めたぼ

 

はらにく、せなにく、ないぞうしぼう・・・

おなかの周りが気になる年頃。

 

以前は増えた体重もすぐに落とすことが出来たのに、歳とって代謝が悪くなったのかなかなか減りません。

でも酒量は増える一方です。。。

 

メタボリッカー。。。

徐々に忍び寄る影。。。

 

 

 

 

 

 

忍び寄る影

ああっ  忍び寄ってるぅ!!

 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by やあくん改名 ビールマン   October 17, 2008 20:13
5 わ〜はっはっはっはっ
まあ、そこまででは無いが、健康診断で
メタボリック予備軍と診断されたビール
マンですから、なんとかせねば・・・

と考えるから、考える時には頭を柔らかく
してくれる、アレが必要!!

だから、メタボは止められない。。。

そうそう、埋没しそうなメッセージ見て
いただいてありがとうございました。

埋没はさせませんよ

改名は家庭の事情で転職をして、地ビール
メーカー兼レストランの会社に勤務している
ので、思い切ってです!

富士山のふもとにあって、某サファリパークに程近い会社です。
社員旅行にいかがですか???宣伝!!
2. Posted by 伊藤   October 18, 2008 18:24
ビールマンさん

コメントありがとうございます。

某サファリパークの近くですか。。。

是非とも行ってみたいですね。

地ビールメーカー兼レストラン・・・

魅惑的だ。。。

・・・

で、地ビールマンではないんですね?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔