May 28, 2008

耐死仕様

 

ですぷるーふです

 

クエンティン・タランティーノ監督 『デス・プルーフ』。

やっと観ました。

 

笑った。 最高。

主演のカート・ラッセル最高。

マッスル系のアメ車たまらんねぇ。

 

クエさん(名前長いのでこう呼ぶ)の作品の中で一番好きな作品となってしまいました。 

早く観ておけばよかった・・・

 

後半から爆笑。  特にラストの数秒は大爆笑。

THE END の出てくるタイミングがカンフー映画やチャンバラ映画の 〜終劇〜 の強引さに匹敵する。

 

えぇ〜!! うそぉ〜!! の感覚がたまらない。  

だから、物足りなく思う人はきっといる。

 

全編通して女の子たちの会話内容にはすこしゲンナリする。

自己主張の強いアメリカの女の子たちのガールズリアルトークっちゅーやつ?

 

あぁ、神様、日本に生まれてこられて感謝いたしましゅ・・・ 

 

まだ観てない方、気になったら観てちょ。 

すでに観た方、ヘコむので、いまさらジローとか、いまごろサブローとか言わないで下さい。

 

最近なかなか、映画を観られる環境になくて、出遅れ感いっぱいですが、遅れてるぅ〜とか言わないで我慢してくらはい。

 

そして、作品内容がイマイチだったなぁ〜と思った方もここは、グッと堪えてつかーさい。

 

あの人の作る映画はいろいろ考えたらいけません。

もちろんストーリー的にね。

 

だからデス・プルーフも論理性や倫理観を持ち出して、細かなこと言い出したら、まず観られません。

 

カンフー映画やゾンビもんなんて完全に観られなくなる。

そもそもフィクション映画の存在すら否定しなくてはならんくなる。

 

ダイ・ハード4.0・・・   ブルースさん、飛んでる戦闘機の上に乗ってるよ。

 

評論好きが、構成がどうの、カメラワークがどーのこーのなどと、面倒臭いこと語るのは別物として、単純に私はクエさん楽しいと思います。

 

基本的に、アクションやカンフー、香港もの大好き、サムライ、チャンバラとても好き、ホラー、スプラッター、ゾンビたまらん、ウェスタンやB級もかなり好き・・・  みたいな私にとって感性がクエさんとピッタンコ。

 

ガシャガシャした空気感やビジュアル感は大好物です。

 

私がクエさんを好きな理由は他にもあるのですが、それはどんなことかと申しますと、彼が映画に使う挿入歌のセンスが侮れないところです。

映画だけではなく、音楽のことにも精通している。  素敵です。

 

映画や音楽はある種のメッセージを投げかけるツールとも成り得る。 

流行だって作り出す事ができる。

 

文化や生活、社会性において非常に影響力を発するアイテムになります。

でも、どちらかというと、そういうメッセージ性の高い映画は私は苦手ですけど・・・

 

だから好みが随分偏ってますね。 

 

あんまり映画に日常を求めてないのです。

あくまで非日常。  現実感がないからこそ楽しめる。。。

 

 

 

似たような作風で有名なロバート・ロドリゲスさんも大好きです。 

クエさんとはブラザーと言い合う仲らしい。

 

今回の映画はクエさん、ロバさん二人の企画もんで、映画上映時には『グラインドハウス』というタイトルで配給され、デスプルーフはその一部となります。

 

 

倉インドの館

 

ロバさん監督のプラネット・テラー、クエさん監督のデス・プルーフ、その他途中にワケの分からん実在しない架空の映画の予告編で構成されています。

 

グラインドハウスというのは、かつては全米中にあった、B級ホラーやカーチェイス、セクシー路線などの映画が二、三本立てで低料金で観られる映画館のことです。

 

そんな設定で、二人の作品が配給されてますから、本来同時に観るべき映画であり、単品で観ると理解しがたいことが発生します。

 

ワケの分からん予告編が、単品に編集されたプラネット・テラーの冒頭にひっついてたりするため、ロバさんのプラネット・テラーを何も知らずに先に観てしまうと、何のこっちゃということになってしまう。

もし、レンタルで借りるのならば、コンセプトを知った上で同時に観る事をお勧めいたします。

 

残念ながら、プラネット・テラーはちょいと狙いすぎた感が否めんですね。 

だから、今回のカップリングに関してはクエさんに軍配だな。

 

ロバさんの映画は残念な時と素敵な時の差が激しいからねぇ。

シン・シティ2に期待することにしよう。

 

ロバさん、現在の成功街道を歩むきっかけとなる作品が『エル・マリアッチ』だけど、あの人、実は日本の実写ヒーローもんが好きなのかもね。

主人公エルの持つギターケースから銃弾がババババーン。

 

キカイダーやね。。。    ズバットやね。。。

 

おおぅ? いいねぇ〜 人造人間キカイダー、怪傑ズバットでニネタいけるな。。。

 

機械だぁー    ズバッと解決!

 

しっかし、ネーミングが安直やねぇ〜



houkinkun at 12:53│Comments(8)TrackBack(0)clip!テキトー放談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 東京の敬三   May 28, 2008 13:24
5 クエン酸・足らんちゅーの
さんの作品ね。
見つかったら見てみるね。
2. Posted by しゃべる餃子屋   May 29, 2008 04:33
http://www.beautiful-night.net/

こんな映画もいかが?

チョー気になる!

3. Posted by 伊藤   May 29, 2008 15:17
東京の敬三さん

コメントありがとうございます。

>クエン酸・足らんちゅーの

うまいねぇ・・・ 


おヒマな時にでもどーぞ
4. Posted by 伊藤   May 29, 2008 15:21
しゃべる餃子屋さん

コメントありがとうございます。


世界で一番美しい夜・・・

確かに気になる・・・

5. Posted by まめお   May 29, 2008 21:41
おおー みるぞー

アメ車最高ー

スティングレー好きだー
6. Posted by 伊藤   May 30, 2008 09:09
まめおさん

コメントありがとうございます。

おおー みておくれぇー


以前、500m/Lという超環境破壊型のスティングレーに乗っている先輩がいました。


あぁ、 いつかはフォードシェルビーGT500KR・・・

無理か・・・

7. Posted by 餃子   June 01, 2008 00:28
エレノア・・・
8. Posted by 伊藤   June 02, 2008 10:54
餃子さん

コメントありがとうございます。

エクレア・・・



いじりまくり。

かっこいいね。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔