August 2010

August 03, 2010

むかし話 その3

 

からからの砂漠に水をまき始めてからしばらく経ち、何も変わらない状況に徐々に息子は被害者意識を持ち始めた。

 

自分がしていることの意義と信念が揺らぎ始める。

 

楽な道を選びたくなる。

 

他人の幸せよりも目先の自分の利益を大事にしたくなる。

 

そもそも、考え方を改めさせるよりも、会社を去ってもらったほうがいいんじゃないか、そうだ、そのほうが楽だし・・・

 

考え方がどんどんネガティブになっていく・・・

 

 

 

 

フと気付く。

 

息子は気が付いたら番頭と同じ道を辿っていた。

 

社員を信用していなかったのだ。

 

信用できない社員がいるのではなく、実は自分が社員を信用していなかっただけなのだ。

 

息子は社長の偉大さに初めてそこで気がついた。

 

そして、エンパワーメント重視のマネージメントに切り替えた。

 

何でもできると思っていた自分は、実は何もできないことに気がついた。

 

 

権限委譲。  信じて任す。

 

自律を促し、支援することに力を入れた。

 

何かが変わり始めた。

 

感謝の念が生まれた。

 

 

 

だが、同時に激しい抵抗を受けた。

 

彼の新たな戦いが始まることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、やっぱそのまま続けることにする。

 

 

 

 

 

息子は上役たちから、甘い、信用すれば裏切られる、所詮あいつらはレベルが低いのだ、と散々に言われた。

 

しかし、息子の心には再び信念の芽が生え始めていた。

 

水をまき続けた砂漠に希望という名の小さな芽が生え始めていたからだ。

 

 

 

彼は水をまき続けた。

 

その後、その芽は少しづつ幹を太くし、大きく成長し始めた。

 

そして、葉が出た。

 

幹はどんどん太く、逞しくなっていく。

 

 

 

後は実りと収穫を待つばかりとなった。

 

 

その後、息子は社長になった。 社長は会長になった。

 

息子は親父にとても感謝した。

 

 

権限委譲。

 

 

断絶されていたサイクル。

 

どうやら輪の端と端がつながったようだ。

 

血が流れ始め、魂が吹き込まれた。

 

 

 

その後の結果は、皆さんのご想像にお任せして、含みを持たせてそろそろむかし話を終えることにする。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 


アービンジャー代表の陶山さんがこんなことを言っていた。

 

感謝すれば、相手に対して信頼が生まれる。

 

信頼が生まれると、それが信念に変わっていく。

 

信念ができると今度は引き寄せが始まる。

 

 

 

私は信念を持って、この指止まれと人差し指を空に向けて掲げていたい。



houkinkun at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!お仕事 

August 02, 2010

むかし話 その2

 

番頭は社員を信用しなかった。

 

代わりに信用したもの、それは何だったか。

 

ズバリ、金と数字だ。

 

営業畑出身のたたき上げでプロセスよりも結果重視。

 

会社が儲かれば社員も儲かる。

 

会社が幸せなら社員も幸せになるという構図だ。

 

だから、成果主義で洗脳された社員の価値観も、金が中心となっていった。

 

働く目的は何かと尋ねられれば、迷わず生活するための手段、つまり、金のためであると答えた。

 

しかし、もめ事は多いし、愚痴や不満ばかり。

 

はっきり言ってムチャクチャ給料もらっているにも関わらず、それでも足りないというようなことも言っている。

 

他人との比較ばかり。

 

とどのつまり、他人の給料袋の中身ばかりが気になる。

 

評価に納得がいかなければ、こんなにやってるのに十分評価されていないとぶーたれる。

 

でも仕方ない。

 

金や数字で価値を測る物差しをみんなが渡されていたからだ。

 

完全に目的と手段を履き違えていた。

 

幸せになるための手段である金が目的となってしまっている状態。

 

 

 

社長には息子がいた。

 

一平卒として働いていた。

 

彼は社内のそんな状態にずっと違和感を感じていた。

 

社員のみんなが幸せそうに見えなかったのだ。

 

社員みんなの顔がこわい。いつもしかめ面。

 

事務所の空気は冷たく、そして緊張感で張り詰めている。

 

とても居心地が悪い。

 

会議は番頭の独演会。まるでジャイアンのリサイタルを彷彿とさせる。

 

みんなうつむき、その目は死んでいる。

 

息子はさらに違和感を感じていく。

 

 

 

ある日突然、その日はやってきた。

 

息子は無計画に役員に任命された。

 

晴天の霹靂。

 

何も分からず、当惑した。

 

彼がまず思ったのは、ひどい社内の空気を変えたいということだった。

 

チェンジだ。

 

彼は志に燃え、熱弁をふるった。

 

 

しかし、血は争えない。

 

いつの間にか父親と同じ剛腕になってしまっていた。

 

ただ、彼が社長や番頭と違ったのは、フォア・ザ・カンパニーやフォア・ザ・カスタマーよりもフォア・ザ・エンプロイーを一番に考えていた点だ。

 

つまり、まずは『社員のため』を自らに課したのだ。

 

会社の幸せがあって社員の幸せがあるのではなく、社員の幸せのために会社は存在しなければならないと考えた。

 

そして会社の成長は、社員の成長があってこそ成り立つとも考えた。

 

 

 

ただ、プロセスがまずかった。

 

剛腕だったからだ。

 

他人は変えようとしても変わらない。

 

だから社員には響かない。価値観は容易には変わらない。その必要性を感じない。幸せなんていらない。金さえあれば・・・  だからなぜ変わらなきゃならないのかなんて意味がわからない。

 

 

 

 

息子の戦いが始まった。

 

からからの砂漠にジョウロで水をまき始める作業が始まったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

のかもしれない。。。



houkinkun at 13:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!お仕事