May 2010

May 31, 2010

しんじつイチロー

 

真理って何だろう

 

 

真実って何だろう

 

 

正しいことって何だろう

 

 

常識って何だろう

 

 

 

 

 

とても観念的で不確実だったりするもの

 

 

 

世の中には自分の知らないことが山ほどある

 

 

 

 

だから

 

 

 

 

固定的な物の見方は己の成長を阻害してしまう

 

 

 

 

 

囚われない、執着しない生き方、考え方をしたいもんだ

 

 

 

 

 

そうすれば

 

 

 

 

 

何かが見えてくる

 

 

 

 

 

きっと

 

 

 

 

 

本当の姿が見えてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベイダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の姿を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は

 

 

 

 

 

 

見誤らないようにしたい



May 28, 2010

That's the reason why・・・

 

あー ムリムリッ!

 

マジありえんしっ!

 

そう言って、何にもやらない人がいる。

 

チャレンジせず、受け入れず、

 

そして文句や言い訳ばかり。

 

 

被害者意識?  劣等意識?

 

 

 

例えば、上司に仕事を指示された。

 

メンドウクサイな・・・  

 

何で私が?  

 

私じゃなくてもいいのに・・・

 

被害者意識が心を支配する。

 

だから

 

急に用事ができたり、忙しい人になったり。

 

 

 

あるいは、

 

自分にできるのだろうかと心配になる。

 

だから、やれない・・・   

 

そして、やらない・・・

 

劣等感が心を支配する。

 

 

 

 

自分の限界は自分で作る。

 

できる、できない、やる、やらない、

 

成長するのもしないのも、  

 

すべては自分が決める。

 

 

やらない理由より、やるための理由を見つけよう。

 

 

 

箱に入って、必死にやらない理由を考えている・・・

 

それにハッと気がつく。

 

 

やれないことに理由をつけている場合もある。

 

他人のせいにして・・・

 

自分ができないのはあいつらが悪いからだ!

 

あいつらの出来が悪いから・・・

 

いい迷惑だ・・・

 

バカばっかだ・・・

 

 

 

 

これができなかったら格好悪いな・・・

 

失敗したらどうしよう・・・

 

そんなことが頭をよぎってやれなくなる時もある。

 

 

毎日毎日、来る日も来る日も。

 

知らず知らず、気付かずにこれを繰り返す。

 

そして、今日も明日も同じ日々。

 

楽しさも変化もありゃしない。

 

 

 

あなたの行動を邪魔するものは?

 

あなたが幸せになれない理由は?

 

そのヒントが≪箱≫の話にはあります。



houkinkun at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

May 24, 2010

箱の外でカレー

 

先日名古屋で入った、とあるうどん屋さん。

 

その店のカウンターの座席ひとつ飛ばして隣に、私と同年代のサラリーマンが私の後に座った。

 

かなりの巨漢。

 

座席に腰掛けるだけでも息苦しそう。

 

ハーハーという息遣いとスーピーという怪奇音が聞こえてくる。

 

まだ肌寒い春先、すでに暑そう。

 

しかし、注文はどうやらカレーうどん。

 

おぉっと、そのチョイスは間違っていないかっ! オレでもざるそばだぞっ! と心配したけど、そんなこと大きなお世話だ。

 

もぉ〜、自分のざるそばより、お隣さんのカレーうどんが気になる、というよりも彼の存在がとても気になる。

 

凄まじい音を立ててうどんをすすり、すすったと思ったら、恐ろしいほどの行儀の悪さで、くっちゃくっちゃねっちゃねっちゃと音を立てながら食べている。

 

彼の辞書に食事のマナーなんて言葉は、まるでないだろう。

 

器用に、でかい右手に箸をヘンテコリンな持ち方で握り、左手でエロマンガ雑誌をペラペラとめくっている。

 

そして、やっぱり大量の汗と熱気。

 

なんという存在感! 

 

あんまりチラチラ見てはいかんと思いつつ、おそらく私だけではなく店内のみんなの注目を集めていたのではないかと思われる。

 

一見、営業マンのような風体だったけど、彼の成績はどんなだろ・・・

 

周囲の目を気にせず、堂々と我が道を行く彼の姿はジミーちゃんのような天性の箱の外に生きる人だったんではなかろうか・・・

 

きっと白いシャツにピンピンとカレーの汁が飛び散ってシミとか作ってるんだろうな、でも気にしてないんだろうな・・・ なんて勝手な想像をしてみつつ・・・。

 

青田さんと熱愛報道されている玉置さんも、ある種の箱の外の人だろうね・・・  自由すぎる・・・

 

で、その巨漢さんは、私が先に勘定をして出て行こうとしたときに、ガシャーンとコップの水をこぼして店員さんに迷惑をかけていた。

 

子供か・・・  

 

 

 

カレーうどんといえば豊橋カレーうどん。

 

びみょ〜や。  あまり評判は・・・

 

一応、食べ方なるものがあるようですが、巨漢の彼のように、細かい事には気にせず食べたいように食べましょう。

 

http://www.honokuni.or.jp/toyohashi/info/000015.html

 

カレーと、とろろと、ご飯と、うずら卵。

 

あたしゃー、それぞれ別々でよいです。

 

 

個人的には、知る人ぞ知る、とある超マイナーなうどん屋さんのカレーライスにはまっています。。。

 

なかなかの怪しい店です。 店のおやじがいい味出してます。きっと箱の外に出ています。 たぶん。

 

そんなところが、これまたその店の魅力のひとつです。

 

 

さて、豊橋カレーうどん、みなさんはもう食べましたか?



houkinkun at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

May 20, 2010

5つの壁

 

初対面の時、レディーに年齢を聴くのは失礼だとは思うが、成り行き上、話の流れで聞いたほうがいいだろうなと思い、つい尋ねてしまうことがある。

 

そんなときは大体、その人に対して別に興味があるというわけでもなく尋ねているんだけど、必ずといっていいほど、

 

 

何歳だと思いますか?

 

 

なんて聞き返される。

 

困る。

 

非常に困る。

 

キサマーッ 質問に質問で返すなーっ!

 

なんて言えないし、正直どうでもいいんだけど、どうでもいいとも言えない。

 

何歳でもいいんだけど、

 

 

たとえ何歳でもあなたの魅力は変わりませんよ

 

 

なんてお世辞も白々しく言えない。

 

で、たまたま、

 

≪女性は見た目の5歳年下の年齢を言っておけばOKだ≫

 

なんて情報をゲットしていたため、つい最近、そのシチュエーションに出くわしたときに、これ幸い、ここぞとばかりにそのスキルを使ってみた。

 

 

 

〇〇才ぐらいですか?

 


 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 


 

 

びびびー

ノー! ちが〜うっ!

 

 

しゅびびびーっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゃー

 

ドカーン

 

 

 

ギャー

 

 

 

 

撃沈・・・

 

 

 

 

ん〜

 

5つじゃ足りんかったょ・・・

 

 

 

 

ひえ〜 女性の年齢はわからん・・・

 

 

デンジャラスだ。

 

どう見てもガチな年齢だろうと推測される時、5歳も年下にお世辞を言いたくないし、だいたい、言ってるこっちが恥ずかしくなる。

 

75歳の女性に、どう見ても70歳にしか見えませんよ〜 なんて言ってもおそらく喜ばれないだろうし。

 

あかん、難しい・・・

 

 

 

 

 

波動砲発射用意!

エネルギー弁閉鎖!

エネルギー充填開始!

セイフティーロック、解除!

ターゲットスコープ、オープン!

電影クロスゲージ明度20!

エネルギー充填120%!

対ショック、 対閃光防御!

最終セイフティー、解除!

 


 

 

 


 

 

 

どーん

波動砲、発射!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やられた〜

ど〜ん

 

 

 

 

ぎゃー

 

 

 

 

 

 

どうやら

また誰か撃沈したみたいだわ・・

 

 

 

 

 

 

 

あっ!

 

タムチさんだっ!



May 17, 2010

怪盗現る

 

市内二川町のとある信用金庫に銀行強盗が入った。

 

やりくちは巧妙且つ大胆、関係者の仕業ではないかと一部囁かれ、約一カ月、未だ犯人逮捕につながる有力な情報はない。

 

マスコミで騒がれているこの事件は、≪現代のルパン≫として取り上げられ、小さなこの豊橋という田舎町で起こった一大ニュースで、ひと月経った今でも相変わらず、この話で世間話に花が咲く状況だ。

 

私の周囲でもご多聞にもれず、犯人は一体誰だ?という会話で持ちきりだった。

 

しばらくしたある日、社内で再びその話をタムチさんとしていたときのことだ。

 

以下、そのときの会話の様子だ。

 

オレサマ: ところでさ〜 例の事件、おまえさんどう思う?

タムチさん: あ〜 あれですよね〜 なかなかクレバーなヤツの犯行ですよね〜

オレサマ: だよな〜 銀行強盗なんて成功率がきわめて低いし、よほど胆っ玉でかいヤツだよな

タムチさん: そうらしいですね〜 まるで僕みたいですね〜

オレサマ: なんでやね〜ん  おまえ小動物並のビビリや〜ん  はっはっはー  

       ところで犯人はどんなヤツなんだろうねぇ?

タムチさん: だからどうやら僕みたいですよ

オレサマ: はっはっはー キミもかぶせるね〜  王道だね

タムチさん: いや、だから僕なんですよ

オレサマ: ふぅ〜 もぉ、いいって  オモシロクないし〜

タムチさん: 実は僕なんです、犯人

オレサマ:  またまたおまえさんもシツコイね ・・・   ・・・  ・・・  

        てか、  

        チミ、元信金マンだったよね・・・   関係者の疑い・・・  って

 

        ・・・  まじ?

 

タムチさん: マジです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がびーん

 

 

 

 

 

 

血の気が引いた瞬間、目が覚めた。

 

夢だった・・・

 

目が覚めてからも、しばらく夢かうつつかの区別ができず、えらいことしでかしてくれた・・・ と、どんよりしていた。。。

 

ホントにやってしまったかと思った・・・

 

なんだかストレス溜まってるのかしら・・・

 

誰か夢分析とかできる人いない?



May 14, 2010

マイ・ウェイ

 

品寅

 

先日行った飲み屋さんで、どうやら常連らしい初老のお客さんが気分良さそうに『マイウェイ』をカラオケで歌っていた。

 

ご存知の通り、フランク・シナトラやエルビス・プレスリーや布施明が歌ってブレイクした曲だ。

 

ちなみに作詞はポール・アンカ。

 

結婚式では、親戚のおっさんや上司の部長さんあたりが歌ったりするけど、でも誰も聞いていなかったりしてしまう・・・ 名曲だ。

 

 

 

信じたこの道を 私は行くだけ♪

 

すべては心の決めたままに ♪

 

 

 

 

 

 

スナックで、常連さんの歌うお世辞にもうまいとは言えない歌を聴きつつ、モニターに映る歌詞を目で追っていて妙に納得した。

 

 

 

私たちには最初から分っていることがある。

 

 

 

自分はどんな人生をおくり、どうすれば、より良く生きられるのかをすでに知っている。

 

 

 

それなのに、その心を裏切り、そして裏切ると心が痛いものだから、そうしなくても良かったのだというような正当化をし始める。

 

 

 

そして嘘で塗り固められ、作り上げられた姿こそが自分だと思い込むようになってしまい、本当の自分を見失ってしまう。

 

 

 

私たちは、常に生き方や行動を選択する自由を持っている。

 

 

 

自分以外の人に良い影響を与えられる人でいたいのか、そうではないのか。

 

 

 

他人を≪人≫として見るのか、≪物≫として見るのか。

 

 

 

誰かに対して、何かに対して最初に感じた気持ちを尊重するのか、裏切るのか。

 

 

 

 

 

 

どんな人間でいたいのかという選択肢は私たち自身に委ねられている。

 

 

 

仮面ライダーの変身ベルトをつけてライダーに成りきっている自分の息子たちを見て、ヒーローに憧れた自分の幼き頃を思い出す。。。

 

 

 

『箱』に出会い、仲間と出会い、ありがたいことにどうやら忘れていたものを思い出したようだ。

 

 

 

 

 

 

私たちはすでに知っている。

 

 

 

そして、信じた道を行くだけなのだ。

 

 

 

すべては心の決めたままに。

 

 

 



houkinkun at 12:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip! 

May 10, 2010

成長の香り

 

今現在は飼っていないが、伊藤家では、長年、犬と猫を飼っていた。

 

犬さんは全身のどこでも、さわってあげると比較的喜んだけど、猫さんの場合、最初はいいものの、腹の辺りを調子に乗ってぶにぶにといじり過ぎると突然噛みついてきたりする。

 

背中を触られるのは特に嫌がる。

 

頭や首回りは自分で掻き辛かったり、毛繕いできなかったりで、猫さんの場合は特に、掻いてあげるとゴロゴロいって喜ぶ。

 

私は猫さんの後頭部が好きだった。

 

犬さんもそうだけど、人間と違って平ぺったくて撫でやすい。

 

悪さした時などはパチンと叩きやすかったりもする。

 

で、抱っこしてるとついつい後頭部の匂いを嗅いでしまう。

 

それは、匂いを嗅ぐと言うよりも、後頭部の暖かさや、鼻にあたる毛の柔らかさを感じ、それを確かめるためだったりもする。

 

しかし、匂いを嗅ぐと、時に強烈に臭かったりする。

 

なぜなら、毛繕いの後のよどの臭さだったりするからだ。

 

ヨドドはクサイ・・・

 

毛繕いは全身くまなく舐めまくるんだけど、頭や顔は舐められない。

 

だから、手を舐めておいて頭をクリクリするわけだ。

 

でも猫さんの口は臭いのだ。。。

 

ちなみに、どうでもいいけど、小学校の時に通った習字教室の先生の口が臭すぎて倒れそうだったことを思い出す。

 

トラウマだな・・・

 

おっさん、おばさんになると全体的に水気がなくなっていろんなところが乾燥してくるでしょ。

 

口の中もそういうことなのだ。

 

ドライマウスが口臭の原因になっているらしい。

 

で、手が乾燥しているとどうなるか。

 

紙などがめくれなくなるわけだ。

 

以前は、当たり前のように、指舐めて唾つけておいてから、配布物やプリントなんかをペラペラと数えたり、配ったりするおっさんやおばはんがいたもんだ。

 

で、前述の習字の先生が臭いヨドドでそれをやるわけだ。

 

まー、気になってしゃーなかった。

 

学校の先生も当たり前のようにやってたね。

 

今でも年配の人は平気でそれをやる。

 

一番前の席だった時なんてプリントが濡れてるんだからね。

 

臭そーで、よくそこだけちぎって捨てとった。

 

そーいえば、小学校の時にいた若い女性の先生もやっていたな。

 

さすがにイマドキの若い先生はやらんでしょ。

 

そんなことしたら、マジ アリエンシッ! とか言ってガキどもにリンチされてしまう。

 

先生が登校拒否する時代だ。

 

 

 

さ、話を大分巻戻すことにする。

 

猫じゃないけど、自分の子供の頭の匂いもついつい嗅いでしまう。

 

赤ん坊の頭はなぜか臭い。

 

新陳代謝が激しい。

 

おっさんの匂いがする。

 

基本的に赤ん坊はいい匂いなんだけど、頭は臭い。

 

ん?ウチの子だけか?

 

しかし、本当のおっさんの匂いは勘弁ならんが、自分の子供の頭なら、当然我慢できる。

 

ところが、不思議なことに、赤ん坊を通り越すと子供の頭は臭わなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

はげちょびん

 

 

我が家の三男坊の後頭部は、オケケがすれてハゲチャビンになってしまった。

 

長男も次男も同じ道を辿った。

 

みんなハゲチャビンだった。

 

長男は、両サイドの毛までなくてモヒカンのようになっていた・・・。

 

 

 

 

大人になると、男性だけではなく女性の頭も臭くなる。

 

だけど、子供の頭は、2、3日洗わなくても大丈夫。

 

いい匂いではないが臭くない。

 

散々暴れまくって汗をかいているんだけど、なぜかそんなに臭くない。

 

 

人は成長して大人になる段階で、いろんなところからいろんな匂いを発生するようになっていく。

 

ご多聞にもれず、頭からもアヤシイかほりを発するようになっていく。

 

で、この匂いの元によって禿げたり、白髪になっていくんだろうな〜と思うわけなのだ。

 

 

 

匂いは、りっぱなバロメーター。

 

我が家の子供たちの頭が臭くなり始めたら、それがサイン。

 

そしたら、少しずつ、彼らのことをちゃんと大人として見て接しようかな・・・  

 

なんて思ったり思わなかったりして・・・



May 07, 2010

家賃払おう

 

アリ

 

偉大なるボクサー、モハメド・アリさんは言ったそうな

 

 

 

他者に貢献することは、

この地球でのあなたの居場所に払う家賃である

 

 

 

家賃払ってるのかい?

 

 

なになに?

 

 

払ってない?

 

 

じゃあ、地球にいちゃいけないねぇ〜

 

 

居場所ないよ

 

 

払おうよ

 

 

 

 

ん?

 

 

いや?

 

 

あ、そう

 

 

そりゃ〜残念

 

 

 

じゃ

 

地球にいられなきゃ宇宙だね

 

 

そしたら、もぉ宇宙人だね

 

 

宇宙忍者だね

 

 

 

 

 

 

 

初代


 

宇宙忍者じゃ〜

 

初代バルタンじゃ〜

 

 

 

 

う〜ん我ながら

超無理やりの力技だな

 

 

 

 

 

 

ジュニア

 

Jrです

 

 

 

ふぉっふぉっふぉっ

 

 

 

 

バルタンさんと言えば、悪役としては、ウルトラ史上、最多出場で、不滅のダークヒーローだ。

 

まーまー、そこのおまいさん、そんなことはどーでもいい、などと言わずにちょいと我慢してお読みなさい。

 

 

ジュニアさんは≪帰ってきたウルトラマン≫に登場した宇宙忍者。

 

初代ウルトラマンに倒された初代バルタン星人の敵討のために地球にやってきたわけだ。

 

で、このとき操っていたのが、ロボット怪獣ビルガモ。

 

 

 

 

 

 

ビルガモ

 

こいつだ

 

 

 

う〜ん、わが社で作りたい・・・

 

 

こいつなら何とか制作できそうだ

 

 

円谷さんに内緒で作っちゃおうかしら・・・

 

 

 

 

ちなみに

 

ウルトラセブンに登場した宇宙ロボットも気になる

 

 

 

 

 

 

キングなジョー

 

キングジョー

 

 

 

でもこいつは作れんだろうな・・・

 

 

高度な技術を要しそうだし・・・

 

 

資材部のみんなが泣くだろうな・・・

 

 

 

 

しかし、≪帰ってきたウルトラマン≫ってのは、設定が微妙だったんだよね。

 

最初の設定では初代ウルトラマンと同一人物だったはずなのに、途中から別人になっちゃった。

 

だから呼び名がいろいろになってしまった。

 

新ウルトラマンやウルトラマン鏡い笋蕁△世い峺紊砲覆辰討ら、いつの間にやらジャックなんて名前までついてしまった。

 

でも、あたしゃー、この≪帰ってきたウルトラマン≫が大好きで、ガキの頃、5:50からやっていた再放送を見たくて、目覚ましもないのに朝早く起きることができたのだ。

 

我が家の長男も最近なぜか早起きだ。

 

6時には起きて来たりする。

 

 

そうだ、最終話で主人公の郷さんが、ウルトラマンとして地球を去る際に坂田次郎少年に伝えた5つの誓いをキミタチに贈ろうじゃないか。

 

 

 

ウルトラ5つの誓い

 

一つ、腹ペコのまま学校へ行かぬこと

二つ、天気のいい日に布団を干すこと

三つ、道を歩く時には車に気をつけること

四つ、他人の力を頼りにしないこと

五つ、土の上で裸足で走り回って遊ぶこと

 

 

 

 

それから

 

宇宙人にだけはなるんじゃないよ

 

ちゃんと家賃払うんだよ



May 06, 2010

正義の味方

 

連休も終わりましたが

みなさんいかがお過ごしでしたか?

 

 

わたしはずっと家族と一緒でした

 

とっても平和でおだやかな休日

 

 

 

4日には仮面ライダーショーに行って参りました

 

 

 

 

だぶるあくせる

 

 

しか〜し

 

 

残念ながら、

例の妖精さんはおりませんでした

 

 

 

昼からのショーに行ったんですが・・・

 

 

 

私だけが見えかったのでしょうか・・・

 

 

 

もしかして

子供たちには見えていたのかもしれません・・・

 

 

子供たちが、ヒーローたちに興味がなくなる前に

もう一度再会を果たしたいと思います・・・

 

 

 

 

ところで、みなさんにとって

ガキの頃のヒーロー、ヒロインは誰でしたか?

 

 

 

私は

 

 

〜仮面ライダーのようになれ〜

 

 

と、

ずっと子供たちに言ってあげたい

 

 

 

大事なものが見えなくならないように

 

大事なことを忘れてしまわないように

 

 

 

私も最近

子供たちと一緒にいることで

忘れていた感情を思い出すことがあります

 

 

 

〜正義の味方〜

 

 

 

私も私の在り方を考えていきたいと思います

 

 

そしたら妖精さん、もいっかい見えるかな・・・



May 02, 2010

ホントのジブン

 

すーぱーくるくるぱー

はろー

 

 

 

最近、

必ず2回だったくしゃみが3回に増えた私です

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

ウーパールーパーさんご存じ?

 

 

80年代に流行りましたね

 

 

 

 

別名アホロートル

 

 

アホさんです

 

 

他に、メキシコサラマンダーなんて呼ばれたりもします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ばかちこ

 

メキチコ★ メキチコ★ 〜★

 

 

 

 

なんかちが〜ぅ

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

すーぱーくるくるぱー

 

 

ま、アホですけど何か?

 

 

 

 

 

 

アホといえば

 

 

 

 

 

 

『世界のナベさん』という名の商品名

 

 

でも、ちょっとちが〜ぅ

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 



おっさん

 

 

ずいぶんちが〜ぅ

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ

 

 

 

 

自分がイメージしている自分も

他人から見たらちょっとちが〜ぅ

 

 

 

 

かもしれない

 

 

 

 

自分の知らない自分の姿を

他人に言われてちょいとカチンとくるかもしれない

 

 

 

でもそれを受け入れると何かが見える

 

 

 

抵抗心なく

箱の外に出てそれを見てみよう

 

 

 

 

 

きっと何かが変わる

 

 

 

かもしれない・・・

 



houkinkun at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!