June 2009

June 30, 2009

うったえかける

 

どんだけぇ〜


 

 

男性は女性のことをどれだけ知っているんでしょうか?

 

どれだけ理解しているのでしょうか?

 

男性が知っていることのすべてがこの本の中にあります。

 

知りたい人は買うべきです。。。

 

中身は買ってからのお楽しみです。。。

 

 

勘の鋭い人はきっとこの時点で分かると思います。

 

つーか、あなたがもし男性であるならば、どれだけ女性のことを知っているのかを考えれば想像に難くないと思われます。。。

 

 

 

世にあるジェンダー論。

 

≪ジェンダー≫を辞書を調べてみるとこうあります。

 

〜 生物上の雌雄を示すセックスに対し、歴史的・文化的・社会的に形成される男女の差異。また、その差異に対する知識。 〜

 

あらゆることがユニセックス化され、草食男子、肉食女子なる新生物が誕生。

泣き虫な男や、頼りがいのある女が増殖。

 

フェミニストさんたちが待ってましたの状況なのかもしれないけど、そもそもこういった特徴は男だろうが、女だろうが、あまり関係ないことではある。

 

だって正直なところ女性のほうが精神的に強いし、逞しいのではないかと心の底からそう思う。

 

だから、昔も今も、人間としての括りで捉えれば、精神的に強いだ弱いだ、やさしいだ、やさしくないだのなんてあまり男女で関係ないように思う。

 

しかし、フェミニストさんたちが言うように、すべての男女に対する価値観はそれぞれ後天的に育まれたものなのだろうか?

 

小さな子供をみれば、我慢強い女の子もいれば、泣き虫な男の子もいっぱいいる。

でも自然とオママゴトを好むのは女の子が圧倒的に多いし、ウチの子のように仮面ライダーやウルトラマンごっこを好きになるのはやっぱり男の子のほうが圧倒的に多い。

 

 

 

 

 

ふぇみにんがんだむ

 

 

 

これは大人や親が価値観を植え付けているわけでも、命令しているわけでも何でもなく、男と女、性の違いから生じる現象の違いなのだ。

 

男と女の間には脳科学的にも徐々に立証されてきている脳のつくりの違いや、身体的な違いや特徴が歴然として存在する。

 

男女での脳の違いで言えば、右脳、左脳の発達具合が違うし、その左右の脳をつなぐ脳りょうと言われる部分の発達具合も違う。

 

女性の場合、その脳りょうが発達していることによって両方の脳を使って会話する傾向にあるため、感情に支配され、論理的に物事が捉えられないという特徴があるだとか、オキシトシンと呼ばれるいわゆる共感ホルモンが身体の構造的に分泌されやすいから、母性に示されるような特徴や協調や調和を重んじる気質が強かったりすると言われている。

 

とすれば、男女ではやっぱり違うことだらけではないか。

 

ある事象に対して、男と女では、使う脳神経回路も違うし、ホルモンのバランスも変わるんだから、行動の結果そのものが違って然るべきなのだ。

 

男性はストレスを感じると黙る。 女性は話して発散する。

 

脳の違いからくる現象なのだ。

 

 

 

 

 

お味噌の違い

 

 

 

男と女はそれぞれの役割や身体的特性などの違いから、進化を辿った長い歴史がある。

 

それはまさに人間が進化してきた歴史と等しい。

 

だから、その違いや人類の歴史自体すら全くおかしいと否定し、多くの事柄において、男と女が価値観を合わせ、同じく生きなくてはならないという考え方に対して、私的にはムシズが走るのだ。

 

何もかもイッショクタに捉えられることなんてできるわけないし、だいたいそんなことがあってはならんことだと思うわけなのだ。

 

男らしさ、女らしさって一体何!?

て言う人たちがいる。

 

そういった価値観は

刷り込みです!  洗脳です!  教育が悪いのです!

って叫ぶ一所懸命な人たちがいる。

 

私はスカートなんてはきたくなかったのに・・・

僕はスカートをはきたかったのに・・・

生まれつき、そう思う価値観の人もいる。

 

ジェンダーフリー、中性脳、ゲイ文化の発達。

 

すべての事柄はなる様になっていくし、なる様にしかならん。

 

自然に自助作用によって、対極的な大きな流れで世の中は変化し続ける。

 

同じ人間としての括りで、男女間に差が出るような社会はなるべく排除すべきことだと思う。

 

しかし、最も重要だと思われることは、お互いに違いを認識し、認め合った上で、尊重し合う社会を作り上げていくことだと思うのだ。

 

物事は 差ではなく違い に焦点を合わせてもらいたいもんだ。

 

フェミニストと呼ばれる多くの人たちは、私の個人的で勝手なイメージなんだけど、どうにも男女間のあらゆる事柄に対する議論において、男性の言うことを受け入れようとしない傾向があるように感じる。

 

喧嘩したいわけではないので、あまり過激な発言は控えようと思う。

喧嘩しても勝てんし。

 

どんな考え方があっても間違いではないし、あるべきだとも思う。

 

しかし、私が最も訴えたいのは、単純に違いを認めて受け入れましょうよ、ということなのだ。

 

違いを認めた上でお互いに認め合い、努力をする。

 

だから、まず違いを認めてください。

 

男性には女性の大きな愛と理解が必要なのです。

 

違いを認めてください。

 

男と女は違うんです。

 

認めましょう。  そして許しましょう。

 

ってか許してください。    堪忍してつかぁーさい・・・。

 

・・・   ・・・   ・・・

 

とりあえず、私だけでも結構ですから・・・

 

・・・   ・・・   ・・・

 

オニガイシマス・・・

 

 

 

 

Women Know Everything About Men  ・・・

 

 

そういうことなんだと思います・・・

 

確実にそう思います・・・

 

だからね・・・  

 

 

 

ベツニ、ザンゲシテイルワケデハナイノデアシカラズ・・・



June 28, 2009

スター

 

まいくるさん

ジャクソンさん逝く

 

 

またひとり偉人がこの世からいなくなった。

 

様々な話題や問題が絶えずついてまわったが、それは稀代のスーパースターの証だ。

 

ひとりの人間として捉えると、常人では考えも及ばない強さと弱さが混在した人だったように思う。

 

ああいう人を見ると人の幸せって一体何なんだろうかとしみじみ思う。

 

お金や名声や地位や名誉。

手にしたものはたくさんあると思う。

 

でも方や、・・・・・・  

それは皆さんご存知の通りだ。

 

幸も不幸も、どちらにしても結果的には人間関係の中にしか生まれないのかね。

 

ジャクソンさんは人からどう思われたくて、何を考えていたのだろうか?

彼の思い描く理想の姿はどんな姿だったのだろうか?

 

理想像にしてもコンプレックスにしても病的なほどの強烈な思いだったに違いない。

 

今はただご冥福をお祈りします。

 

 

理想像・・・

 

像といえば、

福井県議会の元議長が、同県内の県立公園に自分の銅像を無許可で建てようとして撤去を求められていたらしい。

 

つーか、あたりめーだ。 意味分からん。

 

自分の評価は人が決めるもんだ。 

って当たり前すぎてそれ以上の言葉がない・・・

 

ジャクソンさんの爪の垢を煎じてジャスミンティーならぬジャクソンティーにでもして飲みなさい。

 

しかし、こんなじじいが県会の議長やってんだからねぇ。

 

人は勘違いして偉くなってしまうんだねぇ。 

早く死んで生まれ変わってもう一度人生やり直したほうが良さそうだね。

 

こんなバカらしいことを大真面目にやってしまうということは、すでにボケちゃってるのかもしれないね。

84歳という高齢だし。

 

こんな珍事件からはじじいの狡猾さも感じられないからタヌキ親父的なニオイはしない。

きっと勝手なイメージだけど、元気のいい、人の言うことはあまり聞かないワンマンなじいさんなんだろうな・・・。

 

狸といえば豊橋からスターが誕生してしまった。

 

タヌキの置物を盗んだ52歳のおじさんが捕まったらしい。

 

 

シガラッキー

 

自宅には他にもタヌキの置物13体とウサギやイヌ、シーサーなどの置物14体がみつかったらしい。

 

各メディアによって報じられ方が違うけど、盗んだ理由がリサイクルショップに売るためだとか、タヌキマニアであるだとか、寂しくてお話相手にしていただとか、でもって一部を転売しただけだとかだ。

 

一人暮らしで最近近親者が立て続けに亡くなって寂しかったということらしいのだけど、本人は無職でもあるらしい。

 

常識的に考えれば生活のために盗む・・・ってこともタヌキの置物なだけにあまり現実感がないけど、それでも寂しくて盗むってことはないんでないの?

 

マニアならありか?

 

しかしタヌキのマニアってどんなマニアよ。

ま、世の中にはいろんなマニアがいるからなんとも言えないけど。

 

ん〜、だからひょっとしたら全部の証言が正しいのかもしれん・・・

 

物事は一面だけで捉えてはいかんとは思うけど、よりによってお話し相手がタヌキでなくともよかろうに・・・  とも思うんですけど・・・

 

で、最後のタヌキをゲットして、気をよくしたからか、今度はカエルさんをゲットすべく再び同じ家に戻ったところを捕まったらしい。

 

カエルさんね・・・

 

んじゃ、

だれかわが社のスター、ケロリンタムチさんをゲットしてくれんかねぇ・・・

 

ってケッキョクまたこのオチか・・・



June 25, 2009

感動企業

 

ダイハツ コルテオ

 

≪コルテオ≫  行ってきました。

 

 

 

いやぁ〜 最近のサーカスはすごいねぇ。

 

あれはサーカスとは言わんのか?

 

なんせ演出がものすごい。

 

あの演出で、シルク・ドゥ・ソレイユは勝ち組に君臨しているわけだ。

 

あ、『ド』 じゃなくて 『ドゥ』 だからね。  そこんとこ夜露死苦〜。

 

クロスセリングと言いますか、あの融合のさせかたがスバラシイ。

 

 

おし、ここはいっちょ、コルテオさんをベンチマークしてきたアタクシがわが社に当てはめて考えてみよう。

 

 

 

以下、改善案?だ。

 

 ̄超肇僉璽愁鵑 オシロイ塗って     とか    だとかの被りもんをして、バック転しながらお客様の前に登場する。

 

△客様の前で大車輪をしてみせ、その鉄棒を解体後、それを『ご注文の丸棒です』と納品してみせる。

 

お客様の工場のクレーンにぶらさがり、グルングルンと天井近くでまわってみせる。楽しんでもらえたら200円ぐらい欲しいと懇願してみる。

 

ぐ榮絢阿留澤膳狆譴鬚客様の敷地内に作ってください、そしてそれに使う材料を買ってくださいとダメ元でお願いしてみる。

 

ゥ灰襯謄の茂木健一郎のようにお客様のスペシャルサポーターとして一生懸命応援する。ご希望ならばチアガールの格好ぐらいする。星野さんがね。

 

どう?

 

 

 

どうなのさ〜

どやさ〜

 

 

今のところ、イ離好撻轡礇襯汽檗璽拭爾一番現実的だな・・・   か?

やればできるよ、星野さん。

 

(注:星野さんは弊社営業主任、兼おさるさんです)

 

 

 

感動企業を目指そう。 そうしよう。

 

あっと驚くことをして、笑顔になってもらって、そして、ありがとうの数を増やしたい。

 

利益ばかりを追いかけない。

 

ムダじゃないムダを思い切りやっちまうヘンテコリンな会社があっても良いではないか・・・

 

オモロイコトやりたい。 楽しく働きたい。

 

そんなことを心から思うヤツらと私自身が楽しく働きたい。

 

仕事は楽しく。  夢は大きく。

 

私は声を大にして言いたい。

 

景気や外部環境は悪いが、夢はあきらめるもんじゃない。

 

行け!信じた道を行け!  

 

 

 

いくよっ!

 

 

 

 

 

アタイのかーちゃんもイクヨ



あなたたちに

 

今エールをおくろう

 

 

だけにね・・・  フッ

 

 



June 22, 2009

金は天下の・・・

 

鉄の人1

 

やぁ元気?

 

景気悪いね

 

 

夜のまちに繰り出すと、最近とても感じるね。

 

お父さんの財布のヒモがギューギューなんだろうね。

 

 

さみしいやね。

 

でも、しゃーないやね。

 

 

あそこが店閉めた・・・   

 

あの店〇日までだって・・・

 

へぇ〜、そうなんだ・・・

 

 

財布のヒモがきつくなると当然店側の経営もきつくなる。。。

 

おっ! うまいこと言うね 

 

 

んで、我が家のお父さん、私の財布のヒモは・・・

 

 

ん?

 

 

っつーか、財布がないな・・・

 

 

 

あれ・・・?

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

落とした・・・ !?

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄の人2

 

ギャ〜!!!

 

 

 

 

 

 

景気悪いし・・・  

 

恵まれない人に・・・  

 

世の中への恩返し・・・

 

感謝のこころで・・・?

 

さらば・・・財布  こんにちは・・・涙



June 17, 2009

もじょ


 


 

 

Got my mojo workin’,Got my mojo workin’,Got my mojo workin’


But it just don't work on you ♪♪

 

 

モジョが効いてるよ。(×3回)  でもね、あんたには効かないよ。。。

 

 

 

シカゴブルーズのドン、マディーウォーターズの代表曲、その名も『GOT MY MOJO WORKING 』。

 

ブルーズでは多くの曲で頻繁にこの≪モジョ≫という言葉が出てくる。

 

言葉の意味だけど、主にアフロアメリカンの間で信仰されている民間信仰、ブードゥー教で、金運やギャンブル運、女性運を向上させるための呪術のことを指したり、薬でラリっちゃってる人なんかを意味するんだけど、言葉自体はスラングだ。

 

ブードゥーというと、いわゆる黒魔術的なオカルトチックな魔太郎風味だったり、ゾンビさんたちを想像しがちだけど、そういった側面を持ちつつも、アフリカを起源としていて、かなり多くの人たちが信仰している。

 

 

 

 

 


 

 

 

また、≪モジョ≫や≪モジョハンド≫はお守りのことを意味する。

 

小さな子袋さんに、木の実だとか動物の骨だとかを入れてお守りにする。

 

入れるものや、それらの組み合わせによって叶う願いが変わるらしい。

 

どうやら、精霊さんがとても重要な鍵を握っているらしい。

 

精霊信仰がベースにあるということだ。

 

 

 

 

精霊は

 

 

妖怪・・・じゃなくて

 

テレビでたまに見ることができる・・・

 

 

 

 

ブルーズで歌われる詞をみていると、基本的にはしょーもないものが多い。

 

今日、となりまちのアンニャロウと喧嘩して酒飲んで寝た

かわいいあの娘にふられちまった

おれの人生お先真っ暗・・・

 

今朝ママが言ったのさ  あんた、そろそろしっかり働きなさい

だけどオイラにゃ関係ないね

ないねないね 関係ないね・・・    

 

 

ブルーズでは、ほんとにささいな?日常の悲哀や喜びがストレートに表現される。

 

だから、日常生活の、かなりしょぼい目先の願望ばかりがモジョにもこめられる。

 

でもそれだけ、彼らが虐げられていたという背景と欲求レベルが低次のものにならざるを得ない環境にあったということだ。

 

その辺りはアフロアメリカンの歴史を見れば一目瞭然だ。

 

なんせ、ブルーズの生まれた歴史もそこに由来するわけだから。

 

 

 

 

 

 

右ぎゅうへい



内容はないよう〜

 

ないんだよう〜

 

 

 

 

 

女性にもてるためのお守り

 

子金持ちになるためのお守り

 

ブルーズマンとして歌や演奏が上手になるためのお守り

 

 

 

あなたならどんなモジョがほしい?

 

あなたは今どんな欲求を満たしたい?

 

 

 

さあ、あなただけにマジックを起こすモジョハンドを探す旅に出ようじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

ハチロウハンド

マジックを・・・



houkinkun at 12:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

June 14, 2009

わかってない

 

◆人生において成功を収めるとは一体どんなことなのだろうか?

 

金持ちになることなのか?

 

権力を持つことなのか?

 

有名になって名声を集めることなのか?

 

◆では、人生において幸せを掴むってどんなことなんだろうか?

 

やっぱり金持ちになることだろうか?

 

偉くなることか?

 

家族の愛に包まれることか?

 

◆何のために仕事するんだろう?

 

金のため? 食ってくため? 家族を養うため?

 

成長するため? 自己実現するため?

 

それとも、今の仕事がただ単純に楽しいから?

 

◆じゃ、そもそも人は何のために生きてるの?

 

生まれてしまったから?  仕方なく?

 

成功するため? 幸せになるため?

 

ん〜、何のために生きてるかなんて分かんない? メンドクサイから考えたくもない?

 

 

人によってどんな状態が成功者であるのか、また思い描く幸せな姿はどんな姿なのかは違う。

 

でも生き方とそこに関わる考え方にすべての根があるということは言えるだろう。

 

だから、何のために生きているのかという目的を定めている人や、生き方を考えて生きている人と、何の理由もなくただ、生まれたから生きているという人とでは幸せや成功の基準も違うし、得られる成果や結果も大きな違いとなる。

 

世にある成功哲学では、金や富が欲しいと強く思えば、それらは叶うものなのだ、というセオリーが一般的な概念だ。

 

強烈に潜在意識に及ぶまで強く念ずることが、無意識のうちに表面化する行動に結びつけるということで、そのこと自体は全くその通りだと思う。

 

しかし、こんなに強く念じているのにぃ〜、とか、紙にも書いて自分の部屋や便所にまで貼り付けて常に忘れないようにしてるのにぃ〜、などと言ってはナンデダ?ナンデダ?と不思議がっている人たちの方が圧倒的に多い現実がある。

 

そんな世の中に溢れる、成功していないと愚痴や不満ばかりたれている人を見ていると、一番大事な視点、それは自分以外の他に対する態度が全くなってないということに気づく。

自分に向けられるエゴばかりで、自分以外の人や物に対して、全くもって配慮と努力がない。

 

すべての基準が、自分にベクトルが向いているために、まさに≪我が我が≫の状態に陥り、まったくもって≪人様お陰様≫の精神が欠如している。

 

原因がそこにあることも知らずに。

 

いや、なんとなく分かっていても、実行することができていないのだ。

 

仕事で例えれば、給料がもっと欲しいと思えば思うほど、自分にベクトルが向いている人は、現実と理想とのギャップに愚痴や不満ばかりがつのって周囲にマイナスの細菌をまき散らす。

 

そもそもどうしたら、給料があがるのかなど考えず、人のせいにばかりして、努力をしようともしない。

 

権力が欲しい、もっと役職上位者になりたいと思えば思うほど、目先の自分の利益のことだけに囚われ、自分の意に反する結果が目の前に突きつけられていくことになる。

 

そして、また愚痴を言う。

 

愚痴や噂は必ずまわりまわる。 その伝染力はブタインフルエンザ以上のスピードだ。

 

自分のために吐き出した愚痴であっても、人のために使った金や思いやりであっても、必ずまわりまわって自分のところにかえってくる。

 

 

人は時間を消費して生きていく。

 

時間軸で人生をとらえれば、長い人生だが、人はその一番アクティブに、しかもより充実した時間を仕事に使っている。

 

だから人生の一部分が仕事というよりも、人生の大部分を仕事という枠組みの中で過ごすことになる。

 

なぜ仕事そのものを人生ととらえることができなんだろう?

 

1割2割の休暇を、より充実して過ごすためだけの手段としてしかとらえられない8割の人生に仕事を充てるなんて、バカバカしくてヘソで茶が湧いてしまいそうだ。

 

仕事を楽しめないのは人生を楽しめないことと等しい。

 

ポジティブシンキングですよ。

 

 

何を売るかなんて関係ない。

 

要は、会社やそこにいる人たちがなんのために生きるのか?という目的を持ち、それらを実現させるための目標を掲げ、そして実現させるためのプロセスを楽しむことが、すなわち人生を楽しむことにリンクしてくると思うわけだ。

 

私の仕事は、それらに対する環境整備を、ホウキンというそこに働く人たちの人生のステージにおいて行うこと。

 

 

 

仕事とは、人のために自分の時間や人生を消費すること。

 

お客様のため、同僚、上司、部下、取引関連業者、地域の人々、関わる人すべてだ。

 

ということは、究極の話が、自分の人生とは人のためにあるものだと考えられると思うのだ。

 

キレイ事は言えないし、言わない。

 

一個の有機的な体や、その体を持つ本能的意思を持った人間であるならば、自分の欲求に従って生きることは人間の本文だと思うし、それが業なのだとも思う。

 

でも、足るを知り、どれだけ自分のことを律することができるのかを常に考え、何のために生きるのかを考えることが、自分に与えられた、いや自分に課していくミッションなのだと思うわけなのだ。

 

自分の欲求に素直に生きるかわりに、他人に対しても素直に正直に生きる。そして尊重する。

 

片道切符じゃ絶対にいけない。  すべては双方向。  それが原理原則。

 

感謝して、信頼して、誠実に生きる。。。

 

 

 

 

無責任、不誠実・・・

わかっちゃいるけど、

 

 

心と体が『ハンピレイ』や『ムジュン』という化学現象を起こす今日この頃でもあるワタクチなのであった・・・

 

ということはやっぱ、わかってな〜い・・・

 

 

 

ネタがちょいと重かったかしら・・・



houkinkun at 12:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!お仕事 

June 11, 2009

タタリじゃ・・・

 

石川県で空からおたまじゃくしや小魚が降ってきたという現象がニュースで話題になっているね。

 

へぇ〜、おたまじゃくしがねぇ〜

 

あるある。

 

ま、よくあることですよ。  それぐらいのことはね。

 

そこにあるはずのないものが、突如として降って湧いてきたり、出現したりするなんてことは。

 

我が家の長男の周辺ではよく起こる現象ですよ。

 

自分で出した覚えもないオモチャが勝手に出現するらしいんですよ。

 

そりゃ、おまえさんが出したんじゃないなら片付けたくはないだろう。

 

わかるわかる。

 

世の中不思議なこともあるもんだ。

 

 

 

昨日、彼としゃべっていたら、長男坊のおなかの中にはバイキンマンがいることが分かった。

 

へその裏にコックピットがあって、そこで自分を操っているのだと。

 

だから、いうことも聞かず、悪いことをしてしまうのだと。。。

 

いやぁ〜、バイキンマンて実際にいるんですね。  知らなかったなぁ〜。。。

 

 

 

 

ヤマサキ

コラ〜

 

 

 

おたまじゃくしが降ってくるなんてなんというミステリーだ。

子供や愉快犯のイタズラでもないようだし、死体の潰れ方も見ても、投げつけられたようなものでもないらしい。

 

竜巻の仕業でもないようだし、それじゃ一体何なんだと、石川県ではもっぱらのホットな話題となっているらしい。

 

ということは、

 

UFOの仕業か?

 

空間がねじまがる現象でも起きたのか?

 

やっぱり金持ちの愉快犯の仕業でただ単に暇を潰したくて自家用機から落として遊んでいたのか?

 

それとも、北朝鮮がおたまじゃくしを密輸途中で輸送機から落とした?

 

さてはドラえもんが関わっているのか・・・   やっぱいたのかネコ型ロボットは・・・

 

いや、おたまじゃくしなだけにケロケロタムチが関係しているのかもしれないな・・・ 

 

もしやケロタムさんが空中で生んだのかっ!?

タムチとカエルさんの関係を知らなくて気になる人は過去のログから自力で探してみてください。。。たしか、去年の夏ぐらいだった気が。。。)  

 

 

 

 

ウソツキは許されんが、夢のある話は謎のままでも楽しいかもしれない。

 

昔の人たちは、こんな不可解な現象が起きると、何かの祟りに結び付けてみたり、人知の及ばぬ神のなせる業ということで、神話として伝承したり、誰かの行動や偉業と結びつけたりして伝説を作ってきたように思う。

 

 

よしっ! それではわが社も伝説を作ることにしよう。

 

人に理解できないようなことをすればよいわけだ。

 

ということはそうだな・・・        はっちゃけたぞ!

 

景気の悪い、相場の下がった今だからこそ値段を上げるのだ! 在庫もガンガン増やして、人員を増強!

給料も2倍でボーナスは5ヶ月分だっ!!どうだっ!常識なんてぶっ飛ばせぇっっっ!!   

 

・・・   ・・・   ・・・

 

ウチの会社何ヶ月もつかしら・・・

 

 

それより誰か落してあげてください・・・

 

ケロリンタムチさんに愛を・・・

 

不足しているのです。。。

 

誰か愛の雨を降らせて下さい。

 

心がとても日照っているのです。愛情に飢えているのです。江戸四大飢饉よりも飢えています。

 

だから彼に愛を降らせないと祟りがあるのです。。。  きっとあるのです。

 

 

 

ということは・・・

 

 

 

(; ̄□ ̄)ハッ・・・     やっぱタムチさんだったのか・・・

 

おたまさんを降らせていたのは・・・

 

 

原因解明です。。。    『タムチのタタリ』。    一件落着。



houkinkun at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!しょうもな 

June 09, 2009

ディープインパクト

 

シンケンジャー

 

チャンチャンバラ  チャ〜ンバラ〜 ♪

 

 

 

 

 

長男はシンケン

 

侍戦隊シンケンジャ〜  あっぱれ ♪♪

 

 

 

シンケンジャーが豊橋へやってくるという情報をどこからかヨメサンがゲットし、私にミッションが下りましたので、長男を引き連れ2人で某住宅展示場へ行って参りました。

 

少々遅刻したので、舞台の真横といいますか、ちょいと後方からのアングルで観劇?していたのですが、逆に近くから見られて子供は喜んでいました。

 

私も、裏方さんの仕事っぷりや、着ぐるみの演者の舞台降りてからのやる気の無さっぷりを垣間見れて、別の角度からもショー楽しむことが出来ましたので、それはそれで良かったです。

 

暑いのに大変な仕事だなぁ〜とか、シンケンジャーたちの身長のバランスが取れてないな・・・とか、黄色さんがいつもキメのポーズでずれるな、さてはコイツ鈍いな・・・とか、赤色さんのブーツは随分と汚いんじゃないの? ちょいと緑さん汗かきすぎ・・・などと、とても子供には言えない、夢を忘れ、薄汚れた大人の視点でしかヒーローたちを見られない自分に若干寂しさを覚えつつも、子供のうれしそうな顔を見て、来て良かったな・・・と思うお父さんなのでした。

 

そして、最近、プリキュアには目もくれず、急激にヒーローものに興味を示し出して、やっぱ男の子だな、とも思ったお父さんは、ヒーローが使う武器に興味を持ち始め、しかも悪者をやれという息子の言葉に恐怖感をも同時に覚えるのでありました。。。

 

誰か≪手加減≫という言葉を上手に子供に教える術を伝授してください・・・

シンケンジャーが番組の中で教えてくれんかな・・・   

そういう技を開発すれば一石二鳥じゃーん・・・

 

で、会場では、司会のオネエサンの≪シンケンジャーを応援してね≫の号令で、会場のチビっ子たちの『シンケンジャー ガンバレー!』の声がこだましておりました。

 

純真無垢な子供たちの声援に、ケガレタ心が洗われるような思いがし、あぁ、オレにもこんな時期があったんだ、でも、なんでこんなに薄汚ねぇシンデレラ・・・

 

 

 

てつおときょうこ

 

じゃなくてぇ、

 

 

なんで物事をナナメから見るような薄汚れた人間になっちまったんだ・・・なんてことも別にホントは思いませんでしたが、子供たちの声援の中に何だか雑音が聞こえてきます。

 

 

 

 

かくとぶたろう?

(本文とは基本的に関係ございません・・・)

 

 

 

で、話を戻すと、

その違和感のある雑音の方へ目を向けると、最前列真ん中のベストポジションに違和感バリバリの異空間を製造している、白いハイソックスがキュートな一人の中年女性、簡単に言えば≪オバサン≫が視認できました。

 

 

 

 

オバ1


 

 

 

私たちのポジションからは、舞台よりも逆に観客のほうがよく見える角度だったため、誰がその声の持ち主なのか瞬時に認識できました。

 

 

 

 

オバ2


 

 

しかし、彼女のまわりには子供がいません。

 

 

 

 

っつーことは、

 

大人お一人さま・・・ ?

 

 

 

 

ま、しかし、

 

そうは言ってもまさかね・・・

 

 

 

 

そんな大好物なシチュエーションを発見してしまったもんだから、もう私の好奇心は釘付け&首ったけです。

 

シンケンジャーなんてどうでもよしこちゃん。

 

そしたら、そのうち、カバンの中からシンケンレッドのソフトフィギアかと思われる物体を取り出し、それを振り回しながら、

 

 

 

 

シンケンジャー!!  

 

がんばってぇ〜!!!

 

 

 

と悲痛にも似た声を張り上げて、それこそシンケンに声援を送り始めたのです。

 

こうなると、もう私の視線は完全にロックオンです。

 

 

マニアの世界とはこういうことなのかっ!

 

むむむぅ〜   もっと深く知りたい・・・  目の前にある現象の真理を探究したい・・・

ん〜、でも友達にはなれんし・・・   声もちょっとかけ辛いし・・・

 

 

しかーし、心配には及ばなかったのです!

 

私は何とこの後、奇跡を起こしたのです。 神風がビュービューに吹いたのです。

 

私は運の良い男です。

 

ショーが終わってからの握手&写真撮影会で、順番待ちの列に急いで並んだのですが、気付いたらなんと!その彼女が偶然にも私たち親子の真ん前にいるではないですかっ!

 

あれほどの人数の中、狙って行ったわけでもなく、いや、むしろ狙ったとしても、あの距離とタイミングを考慮したら、まず無理だったでしょう。

 

OH−!  GOD!!  IT’S A MIRACLE!!!

 

これこそは≪引き寄せの法則≫ではないですか。

 

私が望んだら(?)彼女は私の目の前に現れたのです。

 

そして、私は感謝の心で、注意深く観察させていただきました。

 

顔や手の皺までしっかり、はっきり、くっきりと確認することができました。

 

白いハイソックスにはプーマもどきのワンポイントが入っていました。

 

赤いTシャツにケミカルウォッシュのジージャンを羽織っていました。

 

早く近くに行きたいのか、ソワソワして落ち着かぬ様子で、しきりに『シンケンジャ〜』と一心不乱に黄色い雄叫びをあげておりました。

 

その時の彼女のあの視線と瞳は、まさに恋焦がれる≪おんな≫のそれでした。。。

 

そして自分のデジカメを若いママさんに手渡して撮影係をお願いし、レッドと並んだ時のあの満面のスマイルは、きっと私の記憶から当分消えないことでしょう。

 

 

記憶や印象を残す。。。

 

 

記憶に残る仕事。  印象に残る企業。  仕事に通ずる大いなる学び。。。

 

 

いやぁ〜、どこに学びの種が潜んでいるか分からないものです。  

 

勉強させていただきました。

 

あぁ合掌・・・     ゴーン(鐘の音)・・・

 

 

しかし、一体何者だったんだろう・・・   勝手に写真公開しとるし・・・  ま、目隠ししとるし、ええか・・・



June 07, 2009

諸行ムジョーにオダギリジョーに仮面ライダーにヒビキアリ

 

昔のものが再評価され、もてはやされる。

 

最近やたらに≪リバイバル≫が多い気がする。

 

ヤッターマンを見ていてそう思った。

 

歌も、≪カバー≫なんて言っては古い曲が今風アレンジで復活したり。

 

一度は流行って燃え上がったにしても、廃れたものだ。

 

 

◆新たなアイデアが生まれず、安直さに流れる。過去に執着する。

 

◆過去に再びフォーカスを当てて日の光を浴びさせる。埋もれた価値を掘り起こす。

 

復活劇の背景に、そんな動機が見え隠れする。

 

 

人の気持ちは移ろいやすい。

 

だから、昔別れた彼氏や彼女と再び燃え上がってしまうという状況が生まれてしまったりする。

 

何で別れたのか、原因はそっちのけで、良かった頃のことだけにフォーカスが当てられてしまうのだ。

 

人間の脳みそはそんなふうにできてたりする。

 

 

良かった頃を思い出し、まだいけんじゃないかと思ったりして。

 

だけど、現実はそんなに甘いもんじゃない・・・

 

 

 

 

 

 

あーびっくりしたー

 

これは継続案件か・・・

 

 

 

企業は違う。

 

潰れてしまった企業が復活することはまずない。

 

老舗企業が自らの商品ブランドの中でリバイバルを行うことはよくあることだが、潰れてしまった企業の商品が同じブランド名と商品名で立ち上がることはまずない。

 

ということは、それだけに企業の負う社会的責任というものは大きいのだ。

 

会社が倒産するということは、人々の記憶には残るにしろ、社会からの抹殺という言葉に近いのかもしれない。

 

不祥事なんて起こしたら目も当てられない。

 

 

あの『しゃり弁太郎』をネットで検索しても、ほとんどの情報はもはや入手できない。

これほどの情報化社会なのに。。。

 

あれ、誰かなんとか復活させてもらえんものかねぇ・・・

 

人頼み・・・   他人任せ・・・       ハイハイ ソウデスョ スミマセンネェー

 

 

こうして年月とともに人々の記憶からも抹殺されていく。。。

 

 

企業の価値や責任は存続することにある。

 

だから、経営者の仕事は会社を潰さないこと。

 

極めてシンプルで当たり前のことなのに、とても難しいことでもある。

 

それほどに世の中は移ろいやすいということなのだ。



June 04, 2009

ドリーマー


 

理想とはしょせん儚き夢なのか・・・

 

夢は見るもの?   

 

いんや、叶えるものです

 

 

多くの人々にとって

 

夢を見ることすらできない悲しいこの世の中・・・

 

 

≪理想を求める≫

 

 

その理想を現実のものとするためには

 

現状を把握することが重要です

 

 

今を見て、未来のために何ができるのかを本気で考える

 

そして一歩ずつできることから行動に移す

 

夢を叶えるための作業とはそういうことなのです

 

 

だから

 

 

まずはギャップを知ることから始めよう

 

そして今を認識しよう

 

 

 

 

 

 

 

ギャップその1

 

 

だからね、

 

 

 

今を認識しようょ

 

 

 

 

やっぱ

 


ギャップその2

 

訂正します

 

 

 

 

夢は見るものです・・・

 

 

 

てか

 

 

 

あなたが夢に出て来そうです・・・

 

 

 

ニクが・・・

 

ハラのヲニクが・・・

 

 

 

 

≪理想と現実とのギャップ≫

 

 

 

目をそむけるな

 

逃げるな

 

リアルな姿を直視しようよ

 

 

 

 

ちょいとおまいさん

 

 

 

ギャップその3

 

テロ?

 

 

ボム?

 

 

我が家の息子はきっと

 

モンスターズインクと間違える

 

と思う・・・

 

 

 

 

夢や希望を描くことは

 

預金通帳の中身を確認するように

 

夜な夜なコッソリ1人っきりで楽しものかもしれません

 

 

だって

 

モンスターたちは

 

子供たちが寝ている間に・・・

 

 

 

預金通帳は

 

心のタンスにそっとしまっておきましょう

 

大事なものはナイナイしておきなさい

 

 

 

 

 

ギャップその4

 

どうしてこうなってしまったのでしょう?

 

どこで何を間違えてしまったのでしょう?

 

 

 

自分のことは棚にあげておいて

 

あえて偏見にまみれて激励の言葉を贈りたい

 

 

 

全国500万人(感覚値)の同志の声に応えよう

 

≪今を見つめる会≫会長として

 

 

 

 

 

 

Yes, you can!


 

CHANGE!!

 

 

オールチェーンジッ!!

 

 

 

全とっかえだっ!!

 

 

 

つーか、もーちょい体鍛えろっ!!

 

理想と空想を履き違えるなっ!!



houkinkun at 12:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!しょうもな