June 2008

June 09, 2008

酔駄洒落拳

6月9日、ロックの日・・・   らしい・・・

ロックンロールの父、ボ・ディドリーさん、ご冥福をお祈り致します。

 

ふ〜どぅ〜ゆぅ らぁ〜ぶぅ ♪

 

 

さて、

『むかしドラゴン、いまドランク!  酔えば酔うほど強くなる、世にも不思議な酔八拳』

 

ご存知ジャッキーチェン主演、『ドランクモンキー酔拳』、日本公開時のキャッチフレーズ。

 

芸人のドランクドラゴンはここから文字ったのかな?と思いきや、さすがにそこまでオタクではなく、「ドランクモンキー 酔拳」と「燃えよドラゴン」を組み合わせたものらしい。

 

1978年香港製作、日本公開は79年。

 

ついでに言えば、

日本オリジナルの主題歌は「拳法混乱」というタイトルで、これを「カンフージョン」と読ませた。

まさにカンフーとコンヒュージョン。 

いろんな意味で、むむむぅ〜  うぅ〜ん   ありゃまぁ〜と唸らされるね。

 

ダジャレ連発。  

 

現代でこのセンスが通用するかと言えば、『 おぉっ  いいねぇ  最高だよ 』と素直に言える人はきっと少ない。

 

この頃、私はまだ子供であったので、推測するに、

当時は、プッと噴き出して鼻水が出てしまうような、しょうもないダジャレがまかり通っていたのではないか。

 

だから、ナウなヤング時代をこの時代に過ごしたシニアの方々は、今のご時世においても、どうしても古き良き時代の思い出を引きずってしまうのではないのだろうか。

 

イマドキを生きるナウなヤングたちに対して、とっておきの技を疲労してくれる諸先輩方のなんと多いことか・・・

大抵そんなツワモノはKYでしつこく、ある種、兵器化している。

 

パワハラにも似たダジャレ攻撃を上司から受け、瀕死の重傷を負った企業戦士たちも数多くいることが予想される。

攻撃され続け、うつ気味や無気力になり、能力も低下した戦士たちはやがてお払い箱になり、追われるようにして会社を去ることになる。

 

この状況によく似た作用を及ぼす旧ソビエト連邦で行われていた拷問の話を思い出す。

一日かけて地面に穴を掘らせた翌日、今度は一日かけてその穴を埋める。 そしてそれを繰り返させる。

 

意味を持たない行動をエンドレスに繰り返し行わせることが、人格を崩壊させる。 

 

人は、自分が行うことによって為された成果物と何かしらの目的がリンクしていないと、自分の存在意義を感じられなくなって、己を見失ってしまう。

 

随分話がずれている気もするが、言いたいポイントは、

『オヤジギャグは拷問に匹敵する』

ので自分も気をつ〜けょ ♪

 

 

 

しかし、

悲しいかな、どうにもならない時間のギャップが、どうにもならない悲劇を招くことになる。

超えられないギャップ、そこにどうしても捻じれ現象を起こしてしまう。

 

逆に言えば、這い上がれないクラックに落ちて、ジレンマにもがき苦しんで半分死人のようになっていくシニア戦士たちも数多くいるのではないだろうか。

 

もしも当時、バブル時代にW浅野が出演するようなトレンディードラマと言われた、ハイソな(古い?)雰囲気を醸しだしたドラマが放送されていたら、きっとダジャレていて、しかもコジャレていて、アイウォンチュー・アイニージュー・アイラブユー・・・みたいなお気楽な恋愛トークが炸裂していたのかもしれない・・・

なんじゃそりゃ・・・

 

でも、

いいじゃないかぁ〜  オヤジギャグ。

おいらは肯定派だぞ。  

 

一言で言い表せば 『涼』 なのだ。  納涼なんですよ。

納涼: 暑さを避けて涼しさを味わうこと。すずみ。 「大辞林 第ニ版」

 

暑い夏、あなたも最先端のダジャレで暑さを吹き飛ばそーじゃないか!!

っちゅーか、吹き飛ばしてあげましょう!!

 

室温28度設定の仕事場を、ペンギンさんや白熊さんが快適に暮らせるぐらいの環境にしてさしあげようではないか!

クールビズなんて言ってられん。 

そこのあなた! プリーズ マフラー  ギブミー ホッカイロー と言わせてやろうぜぃ。

 

ダジャレバンザイ! アンチ環境破壊!

サァ、同志たちよ、共に立ち上がろうではないか!!

 

 

・・・   ・・・  

・・・あれ? 

 

 

 

 

 

方向がついつい変わってしまうが、

酔拳のように、

酔えば酔うほど強くなる、飲めば飲むほど強くなるもんなんか、プラスの意味で、また人生を豊かにするという点では、この世の中ございません。

映画はもちろんフィクション。

 

また、

林家ぺーさんのあんなにクオリティーの高いダジャレであっても、伝わるのはパー子さんしかいないのが現実。

 

ましてや、

我々素人が安易な気持ちで手を出すと火傷するのが落ちなのである。

 

だから、

飲んでダジャレたら、なおさら。  ヨッパライとダジャレ地獄のスパイラル状態なのだ。

乾いた空気感と、どうしようもない孤独感、寒冷地並みの寒さがダブル、トリプルで襲ってきて、最終的に遠くへ旅に出たくなってしまう可能性すらはらんでいる。  

皆の衆、  気をつけましょう。

 

んねぇ〜、分かってんだけどねぇ〜   だれかなんとかしとくれん

 

 

・・・   ・・・

・・・あれ

 

結局ダジャレたほうがいいのか悪いのか分からんくなっちゃった・・・

 

ま、言うならば表裏一体。 陰と陽。 南斗と北斗。  

アタタタタァッ        アイタタタァ ☆((( >0<)

 

 

酒は飲んでも飲まれるな

兵どもが夢の跡・・・

 

戦死

眠いか食いたいかどちらかにしなさい



June 06, 2008

Mr.Tamuti, from all parts of the world !

6   6   6

 

あくま

 

おおぉぉめん  の日。  。  。

 

 

はい、それ忘れて

 

「いいちこ」のポスターでお馴染みの浅井愼平さんの写真。

 

あさいいちこん

当たり前だけど、さすがやね。

 

いいねぇ、風で割っちゃうんだよ。

ポエムゃわぁ。。。

 

 

 

おしっ、ほいじゃ負けずにおいらも。

 

タカタン1

 

タンタカ。 割れない計量カップ。

 

 

酔っ払って地面に落っことしてもダイジョーブ! 

 

 

 

タンタカ2

 

 

最近、なぜか豆好き。 お酒と豆。 

豆ばかり食べてる。。。

 

 

 

それが高じて種までウマイ。

 

 

おまめ

かぼちゃの種が結構ウマイ

 

でもちょっとハムさんな気分

 

 

種は、Made in シナが多い

 

 

 

早く芽を出せぇ〜。  そして根をはれぇ〜。  だからヨメつくれ〜。

 

 

                                                                            

 

 

タラッタッタ〜タ タ〜ラタ〜  ♪ ♪

きしゃぽっぽ

 

今週はどこからお届けしとく? タムチさーん。

 

ちみぃ〜、

ドライブ好きでしょー?

 

ちみのかっちょ悪いぶぅぶぅの助手席に、どこかのカワイコちゃんでも乗せて、たまには『お元気ですかぁ〜』なんてやってみておくれよ。

 

たむちの車窓

 

んじゃぁーさー、とりあえず、あれやっておくか。 あれ。 皆さんにお約束したあれょ。

 

 

『タムチくん世界を行く』

 

 

どうだん?    ん?

 

 

タラッタッタ〜タ タ〜ラタ〜  ♪ ♪

世界のたむち



 

ありゃ~、これじゃ3と3の倍数でアホになってまうわ



houkinkun at 07:46|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!しょうもな 

June 04, 2008

ベストです!!

 

『わが社のベストで出しときます!!』

 

もんちっち系アメデオさん血の系譜、モーニングマンキー星野“The Tinpan”泰弘くんの常套句。

 

                       ≒ がんばった値段で出しておきます!!

 

                       ≒ 最上級で出しておきます

 

                       ≒ ベストから出しておきます!!

 

 

モンキーベスト?


                       ≒ チョッキのポッケから出しておきます!!

 

 

 

ばななん

こんなん出ました

 

 

星野君、それは大事だからナイナイしておきなさい

 

 

それじゃ

 

 

≠ チョッキのポッケからベスト出しときますっ!!

 

べスト・・・

 

この人にもあったんだ・・・

伝説のポニーテーラー

 

3曲ぐらいしかない持ち歌の中で一番出来がいいって意味?

 


ぽにーかずえてーる

彼女はケッシテ振り向かない

 

オイラハ ケッシテ オタクジャナーイ

 

 

それじゃ、BESTシリーズいってみょっ

 

いちこ にちこ さちこーん


いちこマイラブ

ゴールデン☆ベストだぞぉ〜

 

久しぶりのテレビ出演

 

実家の明太子屋さん

 

彼女はりっぱな

商店街の看板女将になっていた・・・

 

 

 

かほり

通好みでうれしいのかい?

マニアックな選択 セイありがとう

 

・・・パンツの穴だな   2(ツー)ね

 

パンツと言えば、

さっきSPAMメールで、ぱんつ皇帝さんという方からお便りが届いていました

 

件名は 『ぱんつと街を!』

 

意味分からん

 

 

 

ゆりさんべすと

この人と・・・

 

 

私リカちゃん

この人の違いが・・・

 

よくわかりません

 

 

 

あぁ  あの頃を思い出す・・・

 

 

のか?

 

 

 

だんだん・・・

 

写真貼り付けるのが・・・

 

メンドクサクなってきた・・・

 

 

意外に最近の人?

 

だからなんだと言われても・・・

 

 

『ベスト』だけでネタをひっぱり続ける人の気持ちも考えてくださいよ

 

 

そろそろ仕事のネタ書かなきゃ・・・

 

 

 

カミサマ、なぜかポエマーの丸藻操さんタッチになってしまう私をお許しください。。。

 

アーメン  ソーメン  ミヤキシメーン

((((* ̄ー ̄*)†~~~



houkinkun at 14:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!しょうもな 

June 02, 2008

探究心

めちゃめちゃタイムリーにカレーラムネをまた見つけてしまった。。。

なんじゃぃ、フツーに豊橋市内でも売っとるやないか。。。

 

静岡名物って書いたったけど。 名物に・・・なってんの・・・  ・・・?

 

もしかして流行ってる?   ブレイクしてるのん?   トレンディーなのかん?  ナウぃのか?  ヤングなのかぁ?

 

ぶぶぶぶぅ〜   

 

 

 


 

さて、

突然ですが、帽子はお好きですかい?

 

好んでかぶるほうですかい? 

 

あたしゃ、あんまり好きでない。 

髪の毛にくせがつきやすいたちで、一度くせがつくとなかなか直らない。 

しばらくヘンテコリンな髪型でいるのがいやなのだ。

短髪だし、ロン毛じゃないし。  

 

それにかぶってると頭がかゆくなる。 冬とか。   

別に不潔だからということではない。

・・・と個人的には思うんですけど。

 

おでこにあたる感触も好きではない。  

そもそも服以外の何かを身に着けることが好きではない。 

 

でも、腕時計はさすがに慣れたけど。

 

弊社、専務取締役の渡辺は帽子愛好家の一人で、彼の家に行くとたくさん帽子が壁にかけてある。

べつにこだわりの色やメーカーがあるわけでもなく、バラバラだが、形はどうやらキャップ型が好きらしい。

そんなわけでプライベートではよくキャップをかぶっている。

 

まぁ、それだけですけど。    何か?

渡辺の話にオチはない。 すまんのぉ〜、、 帽子ネタで思い出しただけなのだ。

ひょっとしたら、キャップつながりで最後に何かオチがつくかもね。  

 

キャップといえば牛乳キャップのコレクターとしてマイコレクションはすごかった。

 

製品として市場に出回り、出荷日付が刻印されたものではなく、牛乳瓶のフタになる前のもの、すなわち市場に出回ることのないまだ平らなピンピンの状態のものを好んで集めていた。

怪しい響きになってしまうが、一般的に市場に流通しているものではないため、いわゆる流出物ということになる。

 

小学校の時に流行ったんだよねぇ。 給食の牛乳のキャップを使ってメンコして遊ぶことから始まった。

それがいつに間にかエスカレートして、様々な製乳メーカーさんに『キャップおくれ〜』のお手紙を出すようにまでなってしまった。。。

 

多くのメーカーさんが、わけのわからん子供からの手紙に真摯に対応して頂き、ご好意でキャップを送ってきてくださった。

特に印象的だったのが、宮城県のある零細メーカーさん(・・・であると思われる)にお手紙を出したところ、事業を清算したばかりとのことで、手元に在庫がないために、わざわざ関係業者さんにお願いして取り寄せ、こちらへ送ったというような内容の手紙が同封されていた。

感動したねぇ。 その当時の宝物であったことは言うまでもない。

 

もちろん、その都度、各メーカーさん宛てにお礼の手紙は書いて送らせて頂いたが、いまさらながら再度、皆様に感謝申し上げたいと思います。

 

各メーカー関係者の皆様方、あの時は大変お世話になり、本当にありがとうございました。 <(_ _)>

 

しかし、大人だったら見向きもしてくれんかっただろうね。  ただの気味の悪いおじさんでしかないもんね・・・

 

子供であるということは大きな強みになる。 

子供たちよ、臆することなく、可能性を信じて大きく羽ばたきなさい。

 

 

話題をもどして、

そもそも帽子は何のためにかぶるのか、純粋なる探究心からちょっと考えてみる。

 

● やっぱり、夏場の直射日光による熱中症や日焼けを避ける為の日除けアイテムというのが一般的だわな。

それから、逆に寒い冬、防寒アイテムとしてもかぶるわな。

 

● 雨や風などから頭や髪の毛守ったり、虫除け、それから何かしらの障害物からの衝撃、また薬物、劇物などからの保護・・・ なんて理由も考えられるね。

 

● ファッション・・・  屋内でかぶっとる人おるでねぇ。 サングラスまでして。 マスクすりゃ泥棒さんになっちゃう。

いろいろなかたちや色。 国や民族、文化や宗教上の戒律によっても違う。

 

● エチケット・・・  スポーツ時のエチケット、とりわけゴルフでは、安全のためにご着用くださいなんて言われることもあるね。 

ゴルフでは、夏の帽子はもちろん熱中症防止アイテムにもなる。

ファッションとも連動するけど、屋内でファッションとしてかぶっている人は一般的にはやっぱりエチケット上、問題があるのかね?

 

● 制服の一部であったり、通学帽や学生帽として、ルールで決められていたりもする。  

学生帽、昔の不良はペッタンコにつぶしてかぶったもんだが、今のヤンキーは絶対かぶらない。

ヤンキースタイルも時代とともに徐々に変わる・・・

 

● 禿を隠すのもりっぱな理由になるね。 

たまに、髪型がかつら風の帽子・・・に見えるのは、ただ単に安いかつらだからか?  

俺は失礼か?

明らかにあなたかぶっているでしょ? カリメロみたいになってますよ  ・・・と言いたくなるような人は屋内でもエチケット違反にならんのか?   

俺はヘビーに失礼か?

 

そんな人に『帽子とってください』と言ったら、一瞬にしてまわりの空気が凍りつくから、防寒具としても有効に機能するのかね。  

でも、本人は逆上して体温が上がってるから逆に蒸れちゃう?

 

 はっ!!  かつら風の帽子にすりゃいいじゃ〜ん!!  逆転の発想だっ!!

   ・・・    ・・・

この辺りで止めとこう。 月の出ない夜に外出できなくなる。。。

 

かなり脱線してしまいましたが、本来の用途、目的からそれた使い方をされている帽子のようなアイテムが世の中にはいろいろとあるんですよね。

 

 

 

というわけで、こんなアイテムが現在アフリカ某地方で大流行となっているようです。

 

 

 

きゃぁぇ〜っぷっ?

きゃっぷぅ?

 

 

 

 


 

 


 

 

 

きゃぁぇ〜っぷっ?

 

 


 

 

 

 

 

きゃぁぇ〜っぷっ?

 

 

 

 

・・・?!

 

 

 

 

わんじゃ?

 

ぉりゃぁ〜  (゚Д゚)   

 

 

 

ш(´[]`)ш オォー ナンテコッター  オケケェヤ〜ン