May 2008

May 30, 2008

ハイウェイスター

りんぴょうとーしゃー

地鎮祭行いました。

 

事務所の老朽化がかなり進んでおりますので、駐車場の土地に新事務所を建設致します。

半年後には、完成予定。。。   のはずです。

 

例のアネハヅラ丸さん騒動の煽りで、実はまだ確認申請の許可が・・・

 

工場の老朽化も同様に進んでおりますので、こちらも併せて修繕しなければなりません。

ほっておくと屋根が落ちてくるかもしれん。。。

 

形あるもの時間の経過とともに崩れ行くのは世の中の常でございますが、タダで新しくなったり、勝手に綺麗になってくれたりしないから頭が痛いですねぇ。。。

 

ぎぶみーまにー 

 

だれか・・・

 

 

かねくりょ

 

 

 

さて、じぇんじぇん話は変わりますが、

 

『へぃ、カレー食いに行こーべ』

『あいよぅ』

 

と、豊川インターから東へ向かって高速道路にのる・・・

 

なんてことは地元の東三河住民の皆さんは、、、おそらくしませんよねぇ。

 

私は、カレーを食べるため、新城パーキングエリア(上り線)にわざわざ赴く・・・ なんてことをドライブがてら、たまにしてしまいます。

 

あくまで、“がてら”ということで、それが目的というわけでは・・・ でも半分そうだなぁ・・・

 

ドライブの最終目的は、『うなぎボーン』ちゃんだったり、『焼津の干物』ちゃんだったり、こないだは由比町までわざわざ桜海老ちゃんのために、、、  豊橋でも買えるのにねぇ〜

おぉっ! さすが時期物ですなぁ〜  由比のは新鮮ですぜっ!  アニキ、このしらすくんの刺身もいけますぜ! 

 

あほです。  

 

ん〜、だからカレーの味がいいとかそういうことではなく・・・ いや、もちろんおいしいとは思いますが・・・

 

ま、なんと言いますか、雰囲気ですよ、、、と言いますか、レジャーの一環と言いますか、そんなもんです。    ・・・どんなもんだ?

 

あそこ(新城PAね)ねぇ、暑いのよ。。。

入った瞬間にぬるくて生あったかいカレー臭が加齢臭のように、もわわわ〜んと。

 

もし、カレー臭と近似しているワ〇ガ臭を芳香してらっしゃる方がいらっしゃっても、何ら違和感がないという・・・

 

あぁ  かぐわしきフレグランス  ルネッサーンス

 

カレーでしょぉ〜    辛いでしょぉ〜    汗っかきでしょぉ〜

ほいで、空調がおかしいでしょぉ〜    体温と気温のバランス取れてないでしょぉ〜

 

我々、カキカキ病患者にとって非常にやさしくない環境なのです。

 

河童ちゃんになってしまうではないか!  

なんだ、それともなにかっ きみぃー!

患者はここでカレー食っちゃいかんということかっ!  

狭き門かぁっ!

 

たぶん、建屋の大きさの問題なんだよな。 すぐに外気が入り込む。 

ま、仕方ない。

でもその代わり、夏は冷房16度設定にしておいてくれんかね。 

 

『ヱスビーカレーの王様』はヱスビー食品の完全子会社。

宣伝してるわけでも関係者でもありませんけど、カレー好きの黄レンジャーさん、機会があったらいってらっさーい。

 

 

 

んで、カレーパン買ってみた。  レジの横に置いたった。 

いい値段

まぁまぁかな

 

 

たぶん、この辺(静岡あたりかな)のPAには結構置いてあると思われる、こいつも買ってみた。

とことん、カレーつながりということでレッツトラーィ!

 

ずいまぁ

おえぇ〜  まじぃ・・・

 

 

どんな味かといいますと・・・

 

カレーとラムネなのです・・・

 

 

・・・

 

滅びるな・・・

たぶん

 

 

たぶんずいまぁ

激辛にしなくて良かった・・・

右のヤツね

 

 

幻となるな・・・

 

夏の日の思い出

 

蜃気楼のようさ

 

 

 

静岡らしいねぇ、こんなんも

おとな味だぞぉ

かれーよりは・・・

こっちにしておきゃ良かったかなぁ・・・

 

 

どちらにしても、いつもいろいろと無駄遣いが好きなアンポンの休日の過ごし方なのでした。。。



May 28, 2008

耐死仕様

 

ですぷるーふです

 

クエンティン・タランティーノ監督 『デス・プルーフ』。

やっと観ました。

 

笑った。 最高。

主演のカート・ラッセル最高。

マッスル系のアメ車たまらんねぇ。

 

クエさん(名前長いのでこう呼ぶ)の作品の中で一番好きな作品となってしまいました。 

早く観ておけばよかった・・・

 

後半から爆笑。  特にラストの数秒は大爆笑。

THE END の出てくるタイミングがカンフー映画やチャンバラ映画の 〜終劇〜 の強引さに匹敵する。

 

えぇ〜!! うそぉ〜!! の感覚がたまらない。  

だから、物足りなく思う人はきっといる。

 

全編通して女の子たちの会話内容にはすこしゲンナリする。

自己主張の強いアメリカの女の子たちのガールズリアルトークっちゅーやつ?

 

あぁ、神様、日本に生まれてこられて感謝いたしましゅ・・・ 

 

まだ観てない方、気になったら観てちょ。 

すでに観た方、ヘコむので、いまさらジローとか、いまごろサブローとか言わないで下さい。

 

最近なかなか、映画を観られる環境になくて、出遅れ感いっぱいですが、遅れてるぅ〜とか言わないで我慢してくらはい。

 

そして、作品内容がイマイチだったなぁ〜と思った方もここは、グッと堪えてつかーさい。

 

あの人の作る映画はいろいろ考えたらいけません。

もちろんストーリー的にね。

 

だからデス・プルーフも論理性や倫理観を持ち出して、細かなこと言い出したら、まず観られません。

 

カンフー映画やゾンビもんなんて完全に観られなくなる。

そもそもフィクション映画の存在すら否定しなくてはならんくなる。

 

ダイ・ハード4.0・・・   ブルースさん、飛んでる戦闘機の上に乗ってるよ。

 

評論好きが、構成がどうの、カメラワークがどーのこーのなどと、面倒臭いこと語るのは別物として、単純に私はクエさん楽しいと思います。

 

基本的に、アクションやカンフー、香港もの大好き、サムライ、チャンバラとても好き、ホラー、スプラッター、ゾンビたまらん、ウェスタンやB級もかなり好き・・・  みたいな私にとって感性がクエさんとピッタンコ。

 

ガシャガシャした空気感やビジュアル感は大好物です。

 

私がクエさんを好きな理由は他にもあるのですが、それはどんなことかと申しますと、彼が映画に使う挿入歌のセンスが侮れないところです。

映画だけではなく、音楽のことにも精通している。  素敵です。

 

映画や音楽はある種のメッセージを投げかけるツールとも成り得る。 

流行だって作り出す事ができる。

 

文化や生活、社会性において非常に影響力を発するアイテムになります。

でも、どちらかというと、そういうメッセージ性の高い映画は私は苦手ですけど・・・

 

だから好みが随分偏ってますね。 

 

あんまり映画に日常を求めてないのです。

あくまで非日常。  現実感がないからこそ楽しめる。。。

 

 

 

似たような作風で有名なロバート・ロドリゲスさんも大好きです。 

クエさんとはブラザーと言い合う仲らしい。

 

今回の映画はクエさん、ロバさん二人の企画もんで、映画上映時には『グラインドハウス』というタイトルで配給され、デスプルーフはその一部となります。

 

 

倉インドの館

 

ロバさん監督のプラネット・テラー、クエさん監督のデス・プルーフ、その他途中にワケの分からん実在しない架空の映画の予告編で構成されています。

 

グラインドハウスというのは、かつては全米中にあった、B級ホラーやカーチェイス、セクシー路線などの映画が二、三本立てで低料金で観られる映画館のことです。

 

そんな設定で、二人の作品が配給されてますから、本来同時に観るべき映画であり、単品で観ると理解しがたいことが発生します。

 

ワケの分からん予告編が、単品に編集されたプラネット・テラーの冒頭にひっついてたりするため、ロバさんのプラネット・テラーを何も知らずに先に観てしまうと、何のこっちゃということになってしまう。

もし、レンタルで借りるのならば、コンセプトを知った上で同時に観る事をお勧めいたします。

 

残念ながら、プラネット・テラーはちょいと狙いすぎた感が否めんですね。 

だから、今回のカップリングに関してはクエさんに軍配だな。

 

ロバさんの映画は残念な時と素敵な時の差が激しいからねぇ。

シン・シティ2に期待することにしよう。

 

ロバさん、現在の成功街道を歩むきっかけとなる作品が『エル・マリアッチ』だけど、あの人、実は日本の実写ヒーローもんが好きなのかもね。

主人公エルの持つギターケースから銃弾がババババーン。

 

キカイダーやね。。。    ズバットやね。。。

 

おおぅ? いいねぇ〜 人造人間キカイダー、怪傑ズバットでニネタいけるな。。。

 

機械だぁー    ズバッと解決!

 

しっかし、ネーミングが安直やねぇ〜



May 26, 2008

プレイヤーズ

おそるべし、コスプレマニアたち。

 

コスプレ。 すなわちコスチューム・プレイ。  あやしい響きだ。。。

もともと演劇用語だが、今では全く別もんになっている。

 

コスチューム・プレイ好きのマニアたちをコスプレイヤーとも呼ぶ。

 

全くとは言わんが、マニアさんたちの心理は理解に苦しむ。 

マニアさんたち、理解のない素人ですみません。

 

ハロウィンや仮装大会、女装趣味のおっさんたちの変身願望はなんとなく分からんでもないが、コスプレはマンガやアニメの登場人物になりきってしまうというきわめてアングラなサブカルオタク臭をプンプンと発している。

 

だいたいのプレイヤーたちは、同人サークルが集まるコミックマーケットや同人誌即売会などの各種イベントなどに集う怪しい人たち?ですが、XやKISSや聖飢魔兇筌咼献絅▲觀呂離丱鵐匹離◆璽謄ストたちを真似して、同じような格好で、なりきってライブへお出かけしたりもするマニアもいる。

 

そういえば、商売になってる格好もあるね。 

バニーガールやメイドなんかは代表格か。

 

マニアの間では女医さんや看護婦さん、はたまた女教師やスクール水着やレースクィーンなどなどが好まれる。

何のマニアだっつーに。。。

 

ま、そのあたりの事は、タムチプロにお任せすると致しましょう。

 

あれかね、ガキの頃、仮面ライダーになりたかったあの気持ちと一緒なのかね?

 

変身ベルトを腰に巻き、 とぉーぅ! らいだぁーきぃぃぃっくぅ!! とライダーになりきって〇〇君をキックし、楽しかったあの頃の気持ちを思い出せってか?

いじめっこじゃないよ。

 

 

 

・・・  ・・・

 

 

まぁ、気持ちは分からんでもない

 

 

がんだむ?

君はどこへ向かいたいの?

 

 

 

 

 

 

理想と現実とのハザマで考えろ

ぽけもん?

Just think !

Don't feel !

 

しかし

ここまでくるとウェポンだな

 

 

 

 

 

 

関係ないけどこんなんだっけ?

ぽけもん in シナ

とど? 

ミニラ?

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

ジャイ子?

クリスチーネ剛田。 

代表作は『虹のビオレッタ』、『愛フォルテシモ』。

 

 

 

塚地さん?

 

リアルすぎるよ・・・

 

コスプレじゃないよ・・・

 

           本気じゃん・・・    (マジと読んでください)

 

 

ということで本物のジャイ子も同人誌を同人たちと一緒に出しているから、ちゃんと写真の中の彼女ともリンクしているわけだ。 

 

本当は、のび太と結婚するはずだったジャイ子。

ドラえもんの介入によって、のび太の将来のお嫁さんはしずかちゃんになった。

 

人生の未来設計、変えられるのは宿命ではなく運命。 

運命は自分自身で呼び込むもの。

 

そういう意味で、のび太さんは他人の力を借りはしたが、自分の運命を勝ち取ったわけなのだ。

 

がんばれタムチ! 

 

そして未来を、将来のヨメさんをその手で勝ち取れ!!

プレイヤーとして運命を変えるんだ!!  

人生のプレイヤーとして!!

そして、ついでにコスプレイヤーとしても!!

 

勝者となるのだ!!  

ウィナーだ。  

ならば、あらびきの方が好きだ。  そりゃウィンナーだ。

 

よしっ! とりあえずは気張らず、まずはソフト路線のこれで行けっ!!

 


ぜんまいマキマキタムチ

ぜんまいあげいん



houkinkun at 13:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!しょうもな 

May 23, 2008

仁義なきオベント戦争

独身一人暮らし時代、お世話になった持ち帰り専門のお弁当屋さんの弁当。 

出来立てであったかいのがいいんだよね。

ごはんも冷や飯を温めるわけじゃないからうまいしねぇ。

 

コンビニの弁当は冷たいから、《チン》 せにゃなりません。 

 

今でこそ、健康志向の風もコンビニに吹いていますが、当時は揚げもんやコッテリ且つカロリー計算って何?っていうようなメニューばかりでした。

今でも基本そんな感じですけど。

 

アブラコテコテ、添加物バリバリ! これ食って気持ちよく太ってチョー!  

ハイヨロコンデ〜!

 

時間が経った揚げ物は油っこくていけません。

それでも若い時は、まー、食べられましたが、連日となると耐えられなくなります。 

少なくとも私はダメでした。

 

コンビニの弁当とインスタントラーメンで常に不健康体です。 よく風邪ひいたし。

現在の成人病体質は、あの当時に培われたのではないかと思います。(笑)

 

そんな生活がイヤになってきちんと自炊するようになりましたね。

今ではその辺の若オクサマより確実に料理が上手・・・だと自負しています。

好き嫌いも減ったし、野菜もたくさんなるべく食べようと意識するようになりましたょ。

 

今では、調理したての弁当を販売する店舗や、その弁当全般の代名詞とまでなっている『ほか弁』。 

ご存知、『ほっかほっか亭』さんの略称です。

 

私がよくお世話になった『ベントマン』さんも、ほか弁から独立した中部圏を中心に展開する持ち帰り専門のお弁当屋さん。

 

すでに皆さんもご存知だと思いますが、このほか弁さんが分裂しました。

分裂した新ブランドはその名も『Hotto Motto ほっともっと』。   

ほか弁 に対し ほも弁・・・

 

ほっかほっか亭の総本部はハークスレイという会社が管理し、西日本を中心として店舗展開しています。 

一方、『ほっともっと』にブランドを転換し、営業を始めたプレナスは関東、九州を中心に店舗展開し、総店舗数はハークスレイを上回っています。 

その差約2倍。

 

この分裂によって業界1位の座は『本家かまどや』さんへ移行しました。

 

表向きは、経営方針の相違ということらしいのですが、なんだか分裂の背景には、どろどろとしたお家騒動や企業間の競争と思惑が渦巻いているようです。 

やだやだ。

 

門外漢ですから、詳しいことは分かりませんが、いろいろあるんですよねぇ。

 

表向きのコメントの概略は以下のようなことらしいです。

 

ハークスレイは創業以来の理念を徹底する方針。

それに対し、プレナスは改善の歴史こそがほっかほっか亭が生き残ってきた最大の要因だと主張しています。

 

一見、前者は創業以来のブランド(暖簾)を守る職人のおとーちゃんタイプ、後者は効率や利益を重視、実を重んじる今風ドライな2代目ぼっちゃんタイプな感じ?

 

ほっともっとは新サービスとなる《ホットショーケース》なるもので、作り置きをするのに対し、ほっかほっか亭は、ぜったいにしないと断言しています。

作り置きといっても昼食や夕食時の混雑する時間帯、30分とかのレベルらしいですけど。

 

皆さんはどう思いますか?

 

愛知県は、まだほっともっとのテリトリーに入っていません。

ホットショーケースのお弁当を食べたことがないので、どんなんなっちゃうのか、商品にどのくらいの差があるものかも分かりませんが、待たずに買えることは大きなメリットであると思います。

しかしながら、そこが事業モデルの本質的な問題となる話であるならば、理念が曲がれば顧客は離れることになります。

 

作り置きしない。。。それって理念?   ・・・と若干首を傾げたくもなりますが、作り置きはしないということの根っこにある、お客様に対する精神が、今後も変わらず、そこが曲がらなければ、これからもきっと需要はついてくるでしょうね。

 

理念経営が見直され始めて久しい世の中ですが、最近の一連の《偽》の騒動でさらにCSRを含め重要視されています。

 

以前にも書きましたが、赤福さんがいい例です。   ポチっとな

 

継続と改善。 何を守り、何を捨てるのか。 見極めを誤ると大変です。

 

 

5月15日、神戸に『ほっともっと』が近畿地区1号店をオープン。

まるで国取合戦の様相を呈してきました。 侵略戦争じゃ。 仁義なき戦いじゃ〜〜〜。

かまどや入れて三つ巴。 弁当三国志とも言われているらしい。。。

 

でも、味や量、価格とのバランスを比較して、3社間で、決定的に商品に差がそれほどないらしいから、どこで差別化していくのかが今後の課題となるとすると・・・

 

 

顧客不在のご都合主義や内輪の身勝手な戦いであれば、そんなもん必ず衰退します。

 

そして、本質的な顧客のニーズを捉え、改善を続けることこそが、やっぱり企業の歴史を作り上げていくことなのだ・・・と感じる今日この頃なのでございます。。。フムフム。。。



May 21, 2008

鉄路の男

さて今週もやって参りました、『丸藻 操のポエムアワー』。

 

そこのあなた!  やって来なくてよいと言わない!!

 

詩の朗読は、ご存知アタクシ、

《あぜ道CUT&寄り道大好き、おウチなかなか帰らない》

でオナジミのマニモピタオでございます。

 

どうぞよろしく。

 

なに? ブログだから声が聞こえないだろって? そんなん朗読じゃないって?

 

おいおい、

 

あのねぇ、ちみぃ〜、気分ですよ、気分。 細かいこと言ってると毛がごっそりと抜け落ちてしまいますよ。

 

ツルツルの一休さんですよ。

 

でもねぇ、ハートは一休さんスピリッツでいきましょうよ。 気にしない、気にしない。

 

では、今回もポエマー第一人者で愛妻家代表でもいらっしゃいます、丸藻先生の悲哀に満ちた叙情溢れる作品のご紹介でございます。

 

本人の境遇にはないであろう、搾り出された空気感が夜霧の波止場・・・

 

意味分かりませんが、しかし、また大作が出来上がってしまいました。 

仕上がり感に恐怖すらおぼえます・・・

 

大作です

 

尾形。     

 

                 おがた               おがた

 

 

恐怖です。  別の意味で寒さすらおぼえます・・・

 

んじゃ、早速。   無借旅情の旅へ   ナビゲート   ィングぅ〜

 

 

 

『西へながれろ!ロックのように』

              作:丸藻 操

 

 

やさしさなんていらない

 

同情なんていらない

 

男が死んでいくときに

 

 

 

I WANT YOU

 

I NEED YOU 

 

                BABE           ぇ〜〜〜

 

        ♪      (一個)

 

・・・

 

・・・

 

 

I LOVE YOU

 

何処

 

・・・

 

 

 

分かるヤツだけ分かりゃいい

 

時代が俺についてくる

 

 

 

そして

 

忘れない

 

忘れられない

 

でも忘れる2日前の晩ご飯

 

 

 

 

 

ジュテーム

 

ハートを狙い撃ち

 

痛い・・・

 

 

 

 

撃ち返されて俺は死ぬ

 

 

 

 

アモーレ

東京フラメンコ

 

 

 

消えていったあいつ

 

 

 

 

そうさ  

 

そしておれは西へながれる

 

ローリングストーンのように

 

 

                  BABE              ぇ〜〜〜

 

 

         ♪♪       (二個)

 

 

 

からっぽの青春

 

さらばバイナラ

 

 

あぜ道よ

 

 

今は村の時間の時間

 

 

 

からっぽの心の壁すらハードな岩

 

 

 

そろそろめんどくさいのかい?

 

 

キミタチこの詩の価値を

 

・・・

 

分かっているのかい?

 

 

 

 

まぁいい俺は続けるが・・・

 

 

 

 

いきなり終焉を迎える

 

 

そして

しかけたダイナマイトで

 

 

飛び散る俺の人生・・・

 

 

まるでロックのようさ

 

 

 

アミーゴぉ

 

 

 

 

 

 

たつにぃ

 

 

悲哀です。テーマは非常・・・   漢字違う、、、 非情です。

 

分かるヤツだけ分かりゃいい・・・

 

 

時代は俺についてこい・・・

 

 

あぁ無情。

 

。。。    。。。    。。。

 

 

 

 

朗読できた?

 

PRESENTED ばい マニモピタオでした。



houkinkun at 13:34|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!しょうもな 

May 19, 2008

酒と笑いと家族と公園

公園2

公園アゲイン


                    

                    

                    忘れてしまいたいことや

                    どうしようもない寂しさに

                    包まれた時に男は 酒を飲むのでしょう

 

                    飲んで 飲んで 飲まれて 飲んで

                    飲んで 飲み潰れて寝むるまで 飲んで

                    やがて男は静かに寝むるでしょう   ♪ ♪ ♪

 

 

日曜日の昼下がり、河島英五さんの名曲『酒と泪と男と女』を鼻歌で鼻ずさみながら、またまた懲りずに私の休日はメロウな時の流れと共に過ぎていく。。。       メロ〜ォゥ (*´ρ`*)

 

 

パンナのパンチでぇ〜メロメロメロぉ〜  ♪ ♪ ♪


 

めろんぱんな

 

メロンパンナちゃんのテーマ曲『パンナのパンチ』もついでに鼻ずさむ。。。

 

メロンパンナちゃんがいたらパンチをもらって反省させられているのかもしれない、そのうち成人病で死ぬな・・・などと考えながら、相変わらず迎え酒。

 

あわ

 

 

 

そのうち酔拳の達人になれるかもしれません。

 

そかし

袁小平(ユエン・シャオティエン)

 

 

 

 

さて、先日、ある作詞家の方から楽曲提供がありまして、社歌にどうだ、公表しないとピンポンダッシュしたり、不幸の手紙を送りつけるぞと脅迫されてしまいましたので、転載させていただきたいと思います。

 

作曲は、各自で節をつけて歌ってみてください。 

 

 

                    「我が街とよはしにホウキンあり!」
                                          作詞:セニョール稲荷

                                          [AかEのブルースで]


                       わが街豊橋ってさぁ
                       豊かな橋って書くんだぜぇ

                       橋って何からできてんの
                       決まってるだろぅ 鉄だぜぇ

                       豊橋と鉄ぅぅぅ
                       鉄は金属ぅぅぅ

                       てつ! (ホーウキーン)

                       橋って何と何を繋ぐのさ
                       川向こうと川向こうだけかな

                       橋で繋がってればさ
                       人と人も繋がるんだぜぇ

                       橋が繋がりゃぁぁぁ
                       こころが繋がるぅぅぅ

                       てつ!  (ホーウキーン)

                       ゆたかなカネ(ホーキンホーキン)
                       間に合うぜぇ(ホーキンホーキン)
                       てつでゆたかに(ホーキンホーキン)
                       あなたのホーキーン(バッシュワ〜)

                       ゆたかなてつだけど
                       バスも電車も走らせてないぜぇ

                       そう!
                       俺たちゃホーウキーン

 

本気で私の作品ではございません。 こんなにクオリティーの高いものを私にはこさえることは出来ません。

 

ありがたく頂戴したいと思います。

 

セニョール稲荷改め、オタニーヤン・モンテネグロさんありがとうございます。

 

 

 

 

やがて男は静かに寝むるでしょう〜     ♪ ♪ ♪

 


6時には静かな寝むりにつきました・・・   

サザエさんも見ていません・・・   

いわんや、まるこちゃんも・・・



May 16, 2008

ポエマー再び?

自己紹介しておきました。 我ながら自分のことを的確に表現できてびっくりしています。

 

             o( -_-)9@  ハリケーンアッパー!!

 

タムチさんばかりだで、自分のこともたまには公開せんとねぇ。 知りたい人もおるだろうしねぇ〜。   

あら、おらん?

 

HPへもリンクさせておきました。

 

 

人気ブログランキングなんてもんがありますよね。

よく分からんけど、あれで人気者になって、相乗効果でさらに見られるようになって、あひりだかあひるだかの広告料も増えて、そんでもって小遣い増えてバンザーイってぇこと? 

別に参加する気はサラサラございませんし、一応、ビジネスブログ・・・(ウルサイ ホットケ)なので、がんばってアクセスポイントを増やそうとしているわけでもございません。

そりゃ増えるにこした事はないですけど。

 

直接、HP上で物販を行う企業さんであれば、集客しなければならないですから、頑張らにゃならんですけどね。

 

弊社はHPで鉄売ってません。 

鉄の商売、特に我々のようなエンドユーザー売りに関しては、まず、ありとあらゆる製品を扱っていますので、コストを一元化することは、なかなか難しいことで、しかも基本的に相場品種で、定価がないため、値決めをシステマチックにすることが出来ませんから、まずネット上での売買というものは浸透しません。

デリバリーにも困ります。 鉄は重いですからねぇ。 

宅急便で簡単に送れるものじゃないし、第一、手間ばかりかかってしょうがない。

例えば、12メートルもあるものを豊橋から、北海道や沖縄へ簡単に運べるもんじゃない。

それにお客様は欲しいと思ったらすぐに欲しい。

 

『ハイッ! 了解致しましたっ! すぐにお持ち致しますっ!』

 

我々レベルの商売においてはこのレスポンスが極めて重要です。  

『間に合うスピリッツ』です。

 

ネット販売は、アイデア次第で鋼材問屋でも商売につながるかもしれませんが、現在のところ考えておりません。

と言いますか、私の小さなショボイ脳みそからは大したアイデアは生まれません。。。

 

 

話を戻しますが、せっかく記事を書くわけですから、多くの方に見ていただきたいと思うのは率直に思います。

誰も見ないと分かっていれば、そりゃぁ〜もぉ、あんなことやこんなこと、エロいことだろうが、グロいことだろうが、とてもとても口に出すのも、目にするのも・・・ぐらいのイキオイで書き殴ってやりますよ。。。 

 

ま、誰も見なきゃそもそも書かんか。。。 

日記みたいなもんだな。。。

 

アタシャー、日記なんて書いたことがございません。 だいたいが横着なんです。

でも、中学生時代に交換日記を当時のトレンドに乗じてやってしまいましたよ・・・  ん〜ナツカシイ・・・  アオイね、アオイ。  とぅーやんぐぅ。

 

アクセスしてくれる方が善意の第3者であれば、大いに歓迎なのですが、悪意ある書き込みや、わけの分からん宣伝、広告が入ってきてもメンドクサイ。

どこか他所のHPやブログへ宣伝したり、リンクを張ったりもしてません。

したがって、『間に合うブログ』へ頑張って誘導するようなことはしておりませんので、どんな楽しいことを書いても大炎上するようなことはございません。

まぁ、そんな楽しいことも書けませんけど。 

 

タムチネタなんて、それこそ一部のマニアが、誰かさんの奥さんのおっぱいぐらいに微妙に盛り上がるだけだからね。 

 

 

 

稀に検索ワードで何かの言葉が引っかかって一見さんに見られている可能性はあります。 アニメネタなどを書くとグッと増えたりしますので。

でも『妖怪人間ベム』で検索しても出てこないしね。 関連で検索しても出てこない。 ねっとさーふぃんしたあげく辿り着いてんのかな・・・ 

平均値で見れば、カウント数はだいたい毎日同じぐらいですが、結構たくさんのアクセスがあります。

 

こんな駄作ショウモナブログに、多くの方々に訪問していただき、またコメントまでしていただいて、大変恐縮しております。

誠にありがたいことです。  感謝感謝です。

 

ハヤクカケ! とか モットカケ! とか  アノネタツマラン!などと優しく温かいお言葉をかけていただいて涙が出る思いです・・・   (/TДT)/あうぅ・・・・

 

また、それが原動力になっているのだと思います。   

 

 

ブログランキングにはいろいろとカテゴリーがありますね。

『間に合うブログ』はどこにカテゴライズされるんだろうと探してみましたが、難しい・・・。

 

≪ 日記・雑談 → その他 ≫  か?

 

ムムム ・・・  ・・・  ビ・・・ビジネスブログ ・・・  ・・・   のつもりだし・・・ 一応・・・

 

≪ 社会・経済 → マーケティング・経営 ≫  かぁっ!!?

 

かぁっ     かぁっ      かぁっ      かぁっ     かぁっ       ・・・・・・・

 

 

 

≪ 芸術・人文 → 詩 ≫  をクリック。  カチッとな。

ポエマーとしての血が騒ぐ・・・

 

おぉ〜   なんじゃ、こりゃ・・・   (優作風味でご唱和ください)   

 

いける・・・    間違いなく・・・   クリアできる・・・   

 

ここのカテゴリーのお仲間さんにさえなれば・・・ 

 

こんなポイント数でよけりゃ、こなせる・・・    天下取れてまう・・・

 

でもあかんわ・・・  

 

ずっとポエマーで居続けるのは無理だ・・・  ポエム書き続けるなんて・・・

オイラには耐えられまへん・・・

 

じゃ、そのうちに伝説のポエマーに登場してもらいましょうか・・・



May 14, 2008

お客様と地域の皆様とホウキン

ぶらんこ

公園とタンポポと私

 

 

                     お願いがあるのよ あなたの苗字になる私
                     大事に思うならば ちゃんと聞いてほしい
                     飲み過ぎて帰っても 3日酔いまでは許すけど
                     4日目 つぶれた夜 恐れて実家に帰らないで

                     部屋とYシャツと私 愛するあなたのため
                     毎日磨いていたいから
                     時々服を買ってね 愛するあなたのため
                     きれいでいさせて                 ♪ ♪ ♪ 

 

 


日曜日の昼下がり、平松愛理さんの名曲『部屋とYシャツと私』を鼻歌で鼻ずさみながら、私の休日はメロウな時の流れと共に過ぎていく。。。       メロ〜ォゥ (*´ρ`*)

 

 

まる

 

子供の成長は早いもんだ。 日に日にいろんな言葉や行動を覚えていく。

わが子の成長と共に、親である自分自身も、学びと自己の成長を常に感じる、子供と共に育っている・・・

と思いたいんだけど。。。

肉体(に・く)の成長は感じるが、ほんとに人として育ってるかな? 大人として、親として成長してるんだろうか。。。

 

リッパじゃなくても、エラクなくてもいい。 太陽の光を浴びて強く元気に育ってください。

でも人様に迷惑だけはかけちゃダメよ。

 

 

 

めろぅ

 

ホウキンは61期目に突入致しました。愛されていると実感できる企業にならなきゃね。そしてお客様や地域の皆様と共に成長させていただけていることを常に感じることが出来るよう努力して参ります。



May 12, 2008

ハヤクシロメシタベタイ・・・

妖怪人間ベム

 

私の愛するアニメ『妖怪人間ベム』。

 

でも、再放送でしか見たことはない。

 

リアルタイムで同時期に放映されていたアニメ版『黄金バット』も製作者が同じだったため、絵柄や世界観がよく似ていた。

 

夏休みや冬休み、鬼太郎やメルモちゃん、ロッキーチャックなどと同じように、繰り返し放送される不朽の名作。

 

 

ハヤク人間ニナリタイ・・・

 

これが彼らの望み。 彼らは何者かが人間として生み出そうとしたものの、人間になれなかった人造生物という設定。

 

主人公はベムのはずなのに、大概、おっちょこちょいのベロを中心としてストーリーが展開していく。

 

力強く、逞しいベム。 スキンヘッドの紳士風で短い銀のステッキを持ち、一番強い。

信念と正義を貫く男の中の男。

 

ベラは幻術(妖術みたいなもの)を得意とし、濃い目のルージュとマスカラが場末のスナックのママを彷彿とさせる。

インチキ霊能者や占い師のような井出達と、濃いぃ化粧で敵を威圧し、“痛いムチ”を振り回す。

ガキの頃は、よくマネしてナワトビを“痛いムチ”に模して、あの有名な名台詞を発しながらブンブンしたもんだ。

ベロにとっては優しい肝っ玉かーちゃんのような存在。

極めて女性的な象徴(ハイ、偏見デス)、ヒステリックで精神的にも冷めた部分を持ち合わせ、思ったことをズバズバと指摘し、ストレートに表現するという、人間界だったら、私にとって最も苦手なタイプの女性でもある。

いわば、おっかないおかーちゃん像。

 

そして、妖怪のくせにとても弱っちく、いつも問題ばかり起こすベロ。見ていて、子供ながらにイライラしたなぁ。

 

『 おいらベロってんだ  怪しいヤツじゃないよぉ〜 』

 

メチャクチャ怪しいっつーの・・・

 

あんた、指3本じゃーん。  それに赤いピチピチ全身タイツに青い髪じゃーん。

 

  ・・・    ・・・

 

でも、気は優しく、人懐っこいがやっぱり友達が出来ず、それでも楽観的で前向きな性格には共感が持てる。

自分の子もこんな風に明るく育ってほしい。    

 

 

 

親子のようだが、彼ら3人は家族ではない。

 

 

 

ハヤク人間ニナリタイ・・・

 

人間のために、悪を絶ち、人間のために、影ながら平和を守る。

しかしながら、そんな人間たちに蔑まれ、虐げられる。

それなのに人間になりたい・・・      複雑や・・・

 

ジャジーなテーマソングが流れ出すと、今日はどんな無情感いっぱいな、最終的にすっきりしないお話が始まるのかと複雑な気持ちになったね。

テーマソングを替え歌にして、下校途中にみんなで大声で歌って帰ったもんだ。

 

このアニメはしっかりとしたキャラクター設定がされていた。ある種、理想の家族像がそこにはあった。  

フカイねぇ。

放映を通して家族観や道徳観を考えさせる要素が今のアニメには少ない気がする。 もちろん全く欠如しているとは言わないが、希薄になっていることは確かだ

 

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 

高校時代ベロにそっくりな男がいた。変わったヤツだった。人の目をあまり見ない恥ずかしがり屋で、たらした前髪の中から人のことを見ていた。

髪の毛が硬くて多いのに、伸ばすもんだから頭が巨大化した。 成り骨もデカかったので、当然シルエットは極度にビッグなものになった。

しかも、真ん中分けだから、妖怪モードに変身した時の頭のような形になり、顔は人間モードの時のベロに酷似していた。

そのため、『やっと人間になれたのかい?』 『つらかったろう・・・』 『ベムとベラは?』 などとからかわれていた。

 

親御さんは別にベム似でもベラ似でもなかった。

 

 

ベラは怪しい術が得意で、悪い人間を脅す時、体を消してよく首だけになっていた。

 

 

首だけと言えば、この人も最終的に首だけでウロウロしてた。


IQ1300の超天才

 

我が家の次男は生まれたとき、こんなんだった・・・    ような気がする・・・

丸茂ジュニアはいまだにこんなん・・・     な気がする・・・

 

花のアナウンサーは、つボイノリオさんだった・・・

最近聞いてないなぁ・・・  人生相談・・・



May 08, 2008

電子郵便

弊社営業マンは、月初めに各担当のお客様へ毎月ごとのご挨拶としてEメールを送らせていただいています。

 

もしかしてお客様の中にはウザイメールがまたやってきた・・・と言って削除っ、SPAMメールと間違えて削除っ、もしくは間違えなくても削除?

 

いやいや、きっとメンドクサイながらも気にして目を通していただいているのではないかとは思っております。

 

毎月のメールを始めてしばらく経ちますが、徐々に営業マンそれぞれにカラーが出て、何だかお決まりのネタのコースが出来上がっているようです。

 

清水は、田舎ローカル&山ネタ、犬ネタ、そしてファミリー自虐ネタ。

星野は、ほぼ娘の成長ネタ。

タム公はと言いますと、やれ出会いが減っただの、花粉症が辛いだの、風邪をひいた、年とった、シロメシ食わせろ、へそが痒いだのと、もっと明るい話題は書けんものかと悲しくなるわけでございます。。。

 

でも、タムチ担当のお客様、今月はとっても明るいネタが皆様のもとへ届くと私は信じております。きっと彼はやってくれると思います。

 

本日中には発信予定なのでお楽しみにぃ〜。。。

 

せっかくなのでアメデオ君の血族、モンチッチ☆野君からの今月のメールをご紹介しましょう。

星野担当のお客様へはすでに届いているかと思いますが、せっかくなのでかわいらしい星野鏡い留覗を世界発信しておきたいと思います。

 

・・・と思いましたが、今回は控えておきます。

 

似てます。間違いなく、血を受け継ぐ者としてこの世に誕生しています。

ということは知り合いや、ご近所のお父さんに顔が似ている・・・などと、奥さんとケンカしなくて済むのでメデタシメデタシ。

 

ちなみに娘の名前は雨出代ちゃんといいます。

 

それではモンチッチ君からのお便りです。

 

お世話になっております。ホウキンの星野です。

 

風薫る5月ですね。新緑が目にまぶしく、外へ出かけるには最適な季節ですね。

あっという間に終わってしまったGWですが、いかがでしたか?私は、妻と娘と

豊橋の動物園、豊川のぎょぎょランドへ出かけました。

どちらも、すごい混雑でしたが天気もよく娘も笑顔いっぱいでよかったです。

しかし翌日、天気の崩れとともに私が娘の胃腸風邪をもらってしまいダウン。

『熱を測ったら?』と妻の親切を『燃える男だから体温が高い』とつよがりで無視しておりましたが、

根負けし熱を測ったら38.8℃。数字を見たらとたんに動けなくなってしまいました・・

おかげでその日は一日中、家に居たので日頃の子育ての大変さがよくわかりました。

すっかり熱も下がり、元気になりましたので張切って仕事したいと思います。



今月は、稼働日が少なく、市況も芳しくないですがお役に立てるよう、燃える男のごとく

熱く頑張りますのでよろしくお願いいたします。


 

一点、修正箇所があります。『燃える男だから体温が高い』というのは間違いです。

正確には『汗っかきで血圧も体温も高い』です。

星野君、粉飾だよ、きみぃ。事実を正確に記さないとダメですよ。

 

しかし、娘の成長、妻のやさしさ・・・

素晴らしいではないですか。家族愛が伝わるやさしい内容となっています。

そして、『どう?これがファミリエというものですよ』とさりげなくタムチを鼓舞し、同時に清水へ牽制球を投げつけています。

 

そこで、清水のお便り。

 

いつもお世話になります。ホウキンの清水です。



5月になって山の緑が日に日に濃くなってきましたね。今年は例年になく藤の花が、

薄紫の房をたくさん下げています。藤のような蔓科の植物が多いのは、

近年、山の手入れをめっきりしなくなったからだと思います。残念なことです。

私は子供のころから藤の花房を見るたびに、『これが全部ぶどうの房だったらどんなにか

いいのに。』とつぶやいていましたが皆さんはいかがでしたか。



話は変わりますが、よく犬や猫を連れている人たちが、

『うちの子は・・・・・・』

なんていうのを聞いたことがありませんか。思わず『お前、いつ犬の子を生んだのか!』

と、突っ込みを入れたくなりますよね。

そんな我が家に、最近お客様のところで生まれたミニチュア・シュナウザーという種類の子犬が、

ひょんなことから来ることになってしまいました。既に、ラブちゃん(シェパード・♂・9歳)と

チャビンちゃん(野良猫・♀・1歳)を飼っているのですが、末っ子の娘も高校生になって、

家庭内で誰も相手にしてくれないおやじの寂しさから、ついつい飼うことになってしまいました。

シュナちゃん(♂)と言います。



そんな訳で、皆さんどうか『うちの子』を見てください。

ありがとうございました。



(なお、肖像権の問題で愚妻の顔は非公開とさせていただきます。)

平成20年5月2日

 

 

山妻(さんさい)

 

 

シェパードを見ると思い出すのが、『ドーベルマン刑事』TV版のアレックス。

『刑事犬カール』ではなくこっちです。

 

それから、黒沢年男。

コイ〜かったねぇ。いったい、あ〜たの枕はどんなニオイすんのん?と言いたいぐらい男クサさがにじみ出ていました。

そしてドーベルマンなのになぜか3匹のシェパード。

ストーリーは原作の漫画を完全に無視しています。

 

 

 

さて、清水の自然がいっぱい山いっぱい犬いっぱいのメールの次は、シロメシいっぱい骨いっぱい・・・

 

さて、タムチくん! 楽しい元気で明るいメールをよろしく。



houkinkun at 13:01|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!会社のこと